トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

棘徐波複合

Spike_and_waveいろんな棘徐波(Spike & Slow Wave)がありますが、脳波を読んでいてこれだけ立派なものは、私にとっては珍しいもの。てんかんを扱う医者には珍しくもないのでしょうけど。
でも、こーいう波に出会うとワクワクしちゃうものです(^-^ ……って、本人にとってはワクワクもしてられない異常なんですよね。
念のため触れておこうと、細くとがったのが「棘波」、それに続く大きな山が「徐波」。それが合わさったものが「棘徐波複合」。
写真に示したものは、そんな波が数十秒にわたって続いていました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

医師国家試験

第100回 医師国家試験の精神科の数問の解答を書くことになりました。医学評論社からのお仕事。これが集められて本になって、医学生が勉強するんですね。
頂いた問題は「認知症」。得意とは言い難い内容ですが、しっかり勉強して書いてます。う~ん、自分でも勉強になる。締め切りが近いので執筆中……

第99回復元医師国家試験問題解説書 Book 第99回復元医師国家試験問題解説書

販売元:メディックメディア
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

パチンコ依存

パチンコ業界パチンコ依存救済組織を作るとの事。
ドンと儲かる感覚に酔ってしまうパチンコ、怖いですよね。
それで人生や家庭をダメにしてしまう人が沢山いるものです。

Icantstop_1 行為に依存する「プロセス依存」のひとつである「ギャンブル依存」。
その中の「パチンコ依存」。
思えば、他のギャンブルは動かないのでしょうか。競馬に競艇は?

3月からその組織のサイトが立ち上がるとのこと。
geocitiesなのが、ちょっと引っ掛かりますが
動き始めようとしていることは評価しておおきましょうかね。
サイトでは、どんな動きがあるのか注目ですね。
http://www.geocities.jp/rsnokinawa/

ギャンブル依存症 Book ギャンブル依存症

著者:田辺 等
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

2択の提示

よくコンビニで売っている様な心理の簡単なムック本を買います。学術的なものではなく、信憑性に欠ける記事も中にはあります。しかし、そのお手軽さ、そして実践的である点は長所といえるでしょう。そして、読んだ事を診療の中で意識してみています。
最近、読んだものといえば……

  • 相手に選ばせようと思う選択肢を後に提示する

 過去の父権的な医療とは違って、現代の医療では患者さんの自己決定権が尊重されます。
「薬を使わずに治療しますか? 薬も使って治療しますか?」
「自宅で頑張りますか? それとも入院しますか?」
「外来通院を終わりにしますか? 通院を続けてみますか?」
……などなど。そんな風に診療上の2択が生じた際には「専門的な立場からしてこっちがオススメなんだけどな~」という選択肢が大抵は存在します。そんなときには、相手に選ばせようと思う選択肢を後に提示した方が良いというのです。上で挙げた例では、薬を使うべきだと思ってますし、入院すべきだと思ってますし、通院を続けるべきだと思っているのです。

これひとつで大きな変化はないでしょう。しかし、ほんの数%だけでも効果があるかもしれません。その数%を重ねたら、随分と違ってくるのではないでしょうか。皆さんも試してみます?^-^

この事が書いてあったのはこの本です。

Book NOをYESに変える心理トリック 改訂版―図解 60分でわかるおもしろ心理学

販売元:日本文芸社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

見かけの陽性棘波

Positivespike 脳波を読むのに、いくらか慣れてきました。そして見かけの陽性棘波を発見♪ 脳波をスラスラ(?)読める人には小さな事でしょう。しかし、これまで全てがワケ分からんウネウネに見えてましたものが、違って見えた瞬間は感動します。こーいう異常波が、基礎律動の中に埋もれず私の目に飛び込んでくるようになって、何だか嬉しいですねo(^-^)o

 私に分かる範囲で、写真に示した脳波の解説をしてみます。まぁ、自分の知識を整理しなおすつもりで。

 脳波では「上向き=陰性」で「下向き=陽性」なんです。何だか日常的な感覚からしたら逆ですよね(^-^; 普通に棘波(spike)と言ったら上向きにとがっている波をさします。

 しかし、赤矢印の波は下向きです。これは「まるで陽性の棘波」ですが、これは基準となる耳近くで「陰性」の触れがあった証拠。見かけの陽性棘波ってのは、側頭葉てんかんで見られるものなんですね。

 それもこれも、この本から得た知識。

Book 誤りやすい異常脳波

著者:市川 忠彦
販売元:医学書院
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

パキシルを強迫性障害に

まずは「強迫性障害」についての一般論から。知ってる人は段落の中ほどまでワープをどうぞ(^-^;

強迫性障害とは、自分でも理屈に合わないと思う考えが繰り返し浮かんできてしまう「強迫観念」と、それに伴い行動してしまう「強迫行為」が生じる精神疾患です。

例えば、手が不潔ではないかと思ってしまい手を洗い続けてしまう人。さっき閉まっているのを確認したハズの鍵なのに、閉め忘れたかも知れないという考えが浮かんでしまって確認しに戻ってしまう人。

軽いものなら病気じゃなくても経験する事はあります。しかし、強迫性障害の人は、その強迫観念に伴う苦痛が強く、強迫行為により日常生活に支障を来たしてしまったり多大な負担を強いられたりすることになります。これはお薬を使って治したいですね。

Book エキスパートコンセンサスガイドライン―強迫性障害(OCD)の治療

著者:John S. March,Daniel Carpenter,Allen Frances,David A. Kahn
販売元:ライフサイエンス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

gskの抗うつ薬パキシル(パロキセチン)が強迫性障害の効能・効果を取得しました。

パキシルの各疾患に対して処方可能な量は下記の通り。

  • 強迫性障害: 50mg/dayまで
  • うつ病: 40mg/dayまで
  • パニック障害: 30mg/dayまで

これまで強迫性障害に(適応外ですが)パキシルを処方してみた事はありましたが、40mg/dayで押し切れた事はなく、使用を諦めていました。しかし50mg/dayなら、効果を期待できるかもしれません

一般に、抗うつ薬を強迫性障害に用いる際には、うつ病に用いるよりも多い量を必要とする事が多いものです。パキシルに於いても、うつ病の40mg/dayより多い50mg/dayが必要なのでしょう。

40→50は小さな差の様で、パキシルを代謝するCYP450の2D6を自ら阻害する作用があることからすると、血中濃度は「40から50」という見た目の数字以上に違ってくるものと想像できます。強迫性障害に対して、もう一度試してみたくなりますね^-^

| コメント (2) | トラックバック (2)

2006年2月17日 (金)

妊娠中のSSRI

New England Journal of Medicineに妊娠中のSSRIについての記事がありました。

  • SSRI妊娠20以降に服用する事で児に遷延性肺高血圧(PPHN)が生じやすくなる。

というもの。肺高血圧は右心負荷をもたらし心不全に至りうる疾患。妊娠中にSSRIを使うにはリスクがあるという事です。

  • 20週以前であればPPHNのリスクは高まらない。
  • どの時期でも、他の抗うつ薬ではPPHNのリスクが高まらない。

というのも興味深いですね。

それにしても妊娠を前提にすると、なんとも薬が使いづらいものです(-_-;
妊娠中にSSRIを使うか使わないかは、薬物治療による効果と、それに伴う危険性を天秤にかけて医師と患者が話し合って決める……という大原則に従う他ありません。その為にも医師は情報を集めておく必要がありますね。

妊婦・授乳婦とくすり―注意度別にみた同効薬の選択指針 妊婦・授乳婦とくすり―注意度別にみた同効薬の選択指針

著者:山崎 太,安田 忠司
販売元:ヴァンメディカル
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (2) | トラックバック (2)

2006年2月16日 (木)

棘徐波複合

Spike_wave_2 異常脳波の中で、特に重要なもののひとつに「棘徐波複合(Spike & Slow Wave)」が挙げられます。典型的なものなら、初見でも分かります。しかし、その崩れかかったものとなると、よく分からないもの。以前は「突発活動が出てきませんように」とおびえながら脳波の紙をめくっていたものでした(^-^;

しかし、脳波を沢山読んでるうちに、棘徐波複合が少しずつ、目に飛び込んで見えてくるようになってきました。そうすると、なんだか見つけるたびにうれしくなってきます。 これなら診療にバッチリ生かせそうです♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

転換性障害

転換性障害を久しぶりにみました。これは、欲求や衝動が複雑に絡み合って生じる「葛藤」「抑圧」し、その無意識に身体症状に転換されたもの。平たく言えば「ストレスが体に」。声が出なくなることや、手足が動かなくなったり逆に動き続けたり、その内容は様々です。
治療は、無意識下にある葛藤意識の元に引きずり出し言語化すること。

そんな人とお話をしていましたが
お姉さまについて、どんな風に感じてらっしゃいますか?
その事については話したくありません
ふと、そんな反応が返ってきました。ガイガーカウンターの針が振れ始めたがごとく。

なるほど。では、お姉さんについてお話したくないのは何故ですか?
だから話したくありません。何だか嫌な気持ちになるんです
ほほぉ。お姉さまについて話したくないほど嫌な気持ちになる……というのは、どんな嫌な気持ちでしょう?
……てな感じ。ちょっとイジワルに見えるでしょうか(^-^; お姉さまについて、お話できるようになるといいですね。さて、どーしたものやら……時間が必要そうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

小児用パキシル?

 gskの抗うつ薬のパキシル(パロキセチン)はこれまで18歳未満に対して禁忌(=「絶対ダメ~!」ってこと)でした。その理由が……
・7~18歳を対象とした試験で有効性が確認できなかった
・自殺に関するリスクが増加するという報告があった

……というもの。
 これが「禁忌」ではなく「警告」に変わったとのこと。児童・思春期の抑うつ状態の治療に、ひとつ選択肢が増えた……というか、戻ってきましたね(^-^)
 
 「小児」の抑うつは、それ程頻度も高くはないもの。少なくとも、私が臨床場面で遭遇する事は稀です。しかし「18最未満」と言えば摂食障害に伴う抑うつや人格障害に伴う抑うつ等もあります。思春期の抑うつがパキシルで解決するとはあまり思ってません。しかし選択の余地がある、というのは大きなこと。乱用は避け、内因性としての要素が高い抑うつを選んで使ってみたいと個人的に考えています。

 ちなみに、タイトルに挙げた「小児用パキシル」というものは存在しませんので、ご注意を。もし、小児用パキシルが存在したらきっとストロベリー味ですかねw

Book SSRI最前線〈No.2〉SSRIとうつ病

販売元:ライフサイエンス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

ジプレキサ・ザイディス

昨日の日本イーライリリーの講演で、ジプレキサザイディスプラセボをもらいました。講演の中で患者さんに「お菓子みたい」と言われるとありましたが、確かにこれはラムネみたいです。口に入れたとたんにシュンッと溶けて、何だか甘めの味が舌に残ります。

Lily◎果汁100%オレンジジュース1リットル6本入

会場にいた人の中からは、リスパダール液オレンジジュースに入れる病院で、そのオレンジジュース欲しさに不穏になってみせる人がいたらしい、との話が。「これを頓服に使うと、ジプレキサ欲しさに不穏になってみる人がいるのでは?」みたいな笑い話が。そんな人にはラムネをあげましょうねw

ちなみに写真リンクは「Lily」が出してるオレンジジュース。決して「日本イーライリリー」ではありませんのでお間違えなく(^-^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

ジプレキサ

今日は札幌太田病院の吉川先生の講演を聞いてきました。内容は「急性期からジプレキサを使いましょう」というもの。最初から20mg/dayを続けるのが良いとのこと。20mgから始めて漸減すると、少量から始めて漸増するのに比べて最終的な処方量が少なく済むといいます。さらに、改善度も高いとか。なかなか興味深いですね。

いやぁ日本イーライリリーが今回の講演会を開いた目的は明確です。初発の統合失調症にジプレキサを処方してもらって、一生飲んでもらいたいんでしょうね^-^;

Book オランザピン100の報告

著者:上島 国利
販売元:星和書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本、医局にあるのは見たけど、全く読んでないんですよね(^-^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

脳波

精神科医の中には脳波に苦手意識を持っている人も多いことでしょう。つかみどころが無さそうに波打つ脳波には、私も苦手意識を抱かずにはいられません。周囲を見渡せば、そんな人が多いこと多いこと。

最近、病院に溜まった脳波を読んでみています。慣れると、いくらか違うのでしょうか。ちょっとだけ分かった気になってきました……と豪語するのは早いかな^-^;

脳波の旅への誘い―楽しく学べるわかりやすい脳波入門 脳波の旅への誘い―楽しく学べるわかりやすい脳波入門

著者:市川 忠彦
販売元:星和書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この「脳波の旅への誘い」には随分と助けられました。まるで雲をつかむが如く、わけが分からなかった脳波でしたが、何を見ればいいのかが分かります。脳波に苦手意識を持つ人にオススメの一冊。……って、苦手意識が払拭できない私が言ってもダメ? いや、むしろ「だからこそ」?

Book 誤りやすい異常脳波

著者:市川 忠彦
販売元:医学書院
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そして、本格的に異常脳波と向き合おうと思ったら、この本。「この脳波、何だか普通じゃないかも」と思っても、それが何だか分からないときがあります。それこそ大切な所見。それがこの本に全てと言っていい程、書いてあります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

リストカット

これまでにナイフなどとがったもので身体を傷つけたことがあるか
……という質問を、私立女子高で126人、公立中学校で477人にぶつけ、無記名で回答してもらった、とのこと。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060206k0000e040090000c.html

 その結果、女子高生の14.3%が自傷経験があり、10回以上の自傷が6.3%。多いですね~。7~8人に1人は自傷経験がある、ということでしょうか。

CUTTING―リストカットする少女たち Book CUTTING―リストカットする少女たち

著者:森川 那智子,スティーブン・レベンクロン
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 外来でもリストカットする方に会う事も多いものです。中には自分で問題意識を全く持たない人すらいます。その異常さを指摘しても「じゃあ、なぜいけないの?」と問われて、思わず迷ってしまう事があります。その答えは簡単ではありません。

 その刹那的で刺激的な行為で、目の前の事から目をそむけてしまう人がいます。アルコール依存にも似たところがある気がします。普通にシラフで思い悩む事こそ大切なハズなのに。

 その行為で自らの苦悩を周囲に訴えようとする人もいます。この国では日本語が通じるのだから、日本語で言えばいいのに。

 他にも理由はあるのでしょう。

 いずれにせよ、自らを傷つけずに済む様に応援するのが、私達=治療者の勤めなのでしょう。応援を続けたいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

医療文書のセキュリティ

 医者に昔から課せられている守秘義務に加えて、最近では個人情報保護法により、患者情報はより強固に守られるべきものになってきています。さて、自分のパソコンを見てみると……ああ、無防備(泣

 というわけで、ファイルにパスワードをかけるようにしました。

 ワード文書では「ツール>オプション>セキュリティ」でパスワードによる保護をかけられる事が分かりました。面倒にはなるけど、必要なことなのでしょう。

 しかし、既に沢山あるファイルをひとつひとつパスワードをかける事は気が遠くなる作業。そこで同僚に調べてもらうと、いいフリーソフトがありました♪

その名も「アタッシェケース」。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se280871.html

これにより、ファイルをドラッグ&ドロップするだけで、フォルダごとまとめて暗号化でき、しかも圧縮がかけられるすぐれもの。これは使えそうです♪

アタッシュケースDS

 小さなことですが、「アタッしゅ」ではなく「アタッしぇ」であることに注意。以前、トリビアで「アタッしぇ」が正しい言葉であり、その日本語訛り(?)が「アタッしゅ」であると言ってました。へぇ~ へぇ~

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

過食への対策メモメモ発見

摂食障害の治療は「薬でポン!」とはいかず、難しいもの。医局で過食が起こりそうな状況への戦略のメモ発見。出展はよく分からないけど、コレは使えそう……無くす前にメモメモ。命令形なのは何だろ。英語の文章の日本語訳なのかな。ちょっとだけ文章や内容を変えてます。

1) 1日3回食事しなさい。その食事内容には炭水化物が含まれていること。そうすることで、過食を誘発する炭水化物欠乏を減らす事ができるでしょう。

2) すっぱいものを口に入れなさい。レモンやライム、梅干など。すっぱさは味蕾に作用して、甘いものへの欲求を抑えることでしょう。

3) 果物かジュース、あるいはごく少量の砂糖菓子を、過食の危機を切り抜けるために選んでおきなさい。

4) 時間をかけて食事しなさい。席について、箸(あるいはナイフ+フォーク)を一口ごとに置きながら、ゆっくりと食べなさい。

5) 過食の危機に陥りそうだと感じたときに、すばやく対応するために、製氷皿にオレンジジュースを凍らせておきなさい

6) 予防手段をとりなさい。床を磨いたり手紙を書いたり、活動しなさい。おなかいっぱいに感じるように水を少しずつ飲みながら、少なくとも1時間は根気強く頑張りなさい。食べたい欲求が減ることでしょう。

7) フレーバー入りの歯磨きで歯を磨きなさい。あるいは強力なうがい薬でうがいしなさい。

8) 冷凍庫にシャーベットを用意しておきなさい。砕いた氷と低カロリーのジュースを紙コップに入れて凍らせておきなさい。小さなスプーンでゆっくりと食べなさい。

9) 角をなめなさい。

10) 10分間タイマーをセットして、仕事をしなさい。10分経ったとき、まだお腹が本当にすいているか、自分自身に質問してみなさい。もしすいてるなら食べに行きなさい。ただしカロリーのほとんど無い、好きじゃない食べ物を選びなさい。

11) 運動しなさい。早足で散歩するか、自転車に乗るか、ジョギングするかしなさい。そうすることで誘惑から自分を引き離し、食欲を抑えられるでしょう。

12) 爪を磨きなさい。マニキュアを2回塗りなさい。それが乾く頃には、食欲のピークは過ぎ去っていることでしょう。

13) 全ての禁じられた食べ物を家の外に出しなさい。もし、それらを家族が必要とするのなら、棚に入れて鍵を閉め、他の誰かに鍵を預かってもらいなさい。

14) 食べ残しをひとつずつアルミホイルに包んでしないなさい。そして、冷蔵庫の奥に押し込んでしまいなさい。もっとよいのは、捨ててしまうことです。

15) あなたのお皿、一杯分だけの量を料理しなさい。

16) 決して大皿に盛りつけないこと

17) 自分の食事は、小さい皿で用意しなさい。

18) お腹がすいたまま買い物に行かないようにしなさい。食事をして満足したら買い物に行きなさい。買い物は週に一回だけにして、買い物リストを守りなさい。

19) 料理している間はガムを噛みなさい。味見をするためには、わざわざガムを捨てなければなりません。

20) 食事の場所をテーブル一箇所に決めなさい。居間や書斎、寝室などには決して食べ物を持ち込んではいけません。

21) テレビを見ているときは、手元で作業を続けなさい。

22) 夜と週末に、あいた時間が無いように計画を立てなさい。

23) 食事の30分前に大きなコップで水を一杯飲みなさい。ゆっくりと少しずつ飲みなさい。そうすれば、満腹感が得られ、それだけ少ない食べ物で済むでしょう。

24) 食欲の勢いを弱めるため、食事の最初にサラダを食べなさい。あるいはセロリやキュウリ、ニンジンをかじりなさい。

25) ポップコーンや生野菜の様な、沢山噛む必要がある食べ物を食事の前に食べなさい。これにより舌触りに対する欲求を満足させ、アゴの筋肉に疲労感を与えることでしょう。

26) 食事と一緒に氷水を飲みなさい。

27) 最も好きなものを食べるのを諦めないでおきなさい。ただし、少しだけにすること。それを食べる余地を作るため、他の食べ物の量を減らして、総カロリー数があなたの許容量を超えないようにしなさい。

28) 決して20分以内で食事を終わらせてはいけません。それは満腹の生理学的信号が胃から脳まで伝わるのに必要な時間です。

29) 下剤を捨てなさい

30) 食事した量にかかわらず、嘔吐や下剤乱用をしないように注意しなさい。

31) 体重を毎日計ってはいけません。あなたの体重は日々変化します。ひと月の中でも、には水分が身体に貯留しやすい時期もあるのです。その事を覚えておきなさい。体重計に乗ることがしばしば過食を誘発します。できれば体重計を片付けてしまいなさい。

32) 衣類を片付けて、あなたが現在着ることができない小さいサイズの服を捨てなさい。着ることができないことは、ただ単にあなたを落ち込ませ、非現実的な目標を強めてしまいます。

33) 新聞を読みなさい。

34) 友達に電話しなさい。

35) 散歩しなさい。

36) 音楽を聴きなさい。

37) 温かいシャワーを浴びるか、熱い風呂に入りなさい。

38) 日記を書きなさい。

39) 友達に手紙を書きなさい。

40) ヨガや瞑想、その他のリラクゼーション法を実行しなさい。

41) 顔のマッサージで自分自身を十分に満足させなさい。

42) 映画を見に行きなさい。

 過食と嘔吐に悩む方にお勧めできますね。ただ、拒食を伴う人(が殆どですが^-^;)にはいくらか注意すべき点もあります。また、過活動が問題になるケースも。自分自身が摂食障害の場合は、よく主治医と相談してからにしましょう。

過食症からの脱出―自分で治す実践ガイド Book 過食症からの脱出―自分で治す実践ガイド

著者:P.J. クーパー,西園 文,生野 照子
販売元:女子栄養大学出版部
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (2) | トラックバック (0)

スタート

 精神科医として働き、早くも●年が過ぎようとしています。

 しばらくは全ての事が新鮮に感じ、学ぼうと吸収を続けてきましたが、気がつけば、色々な情報を左耳から右耳へと素通りさせてしまっている自分。日々ある学ぶべきことを書き記すべく、ココログに参入してみました。

今、目指すのは「他人に読まれるためのブログ」ではなく「自分が読み返すブログ」。そうして書き溜めたのもが、いずれ自分以外の人のためにもなれば幸いです。

……って書きながら、他人の目を気にせずにはいられない自分がいるんですな^-^; では、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年3月 »