« 過食への対策メモメモ発見 | トップページ | リストカット »

2006年2月 6日 (月)

医療文書のセキュリティ

 医者に昔から課せられている守秘義務に加えて、最近では個人情報保護法により、患者情報はより強固に守られるべきものになってきています。さて、自分のパソコンを見てみると……ああ、無防備(泣

 というわけで、ファイルにパスワードをかけるようにしました。

 ワード文書では「ツール>オプション>セキュリティ」でパスワードによる保護をかけられる事が分かりました。面倒にはなるけど、必要なことなのでしょう。

 しかし、既に沢山あるファイルをひとつひとつパスワードをかける事は気が遠くなる作業。そこで同僚に調べてもらうと、いいフリーソフトがありました♪

その名も「アタッシェケース」。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se280871.html

これにより、ファイルをドラッグ&ドロップするだけで、フォルダごとまとめて暗号化でき、しかも圧縮がかけられるすぐれもの。これは使えそうです♪

アタッシュケースDS

 小さなことですが、「アタッしゅ」ではなく「アタッしぇ」であることに注意。以前、トリビアで「アタッしぇ」が正しい言葉であり、その日本語訛り(?)が「アタッしゅ」であると言ってました。へぇ~ へぇ~


« 過食への対策メモメモ発見 | トップページ | リストカット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/619494

この記事へのトラックバック一覧です: 医療文書のセキュリティ:

« 過食への対策メモメモ発見 | トップページ | リストカット »