« スタート | トップページ | 医療文書のセキュリティ »

2006年2月 5日 (日)

過食への対策メモメモ発見

摂食障害の治療は「薬でポン!」とはいかず、難しいもの。医局で過食が起こりそうな状況への戦略のメモ発見。出展はよく分からないけど、コレは使えそう……無くす前にメモメモ。命令形なのは何だろ。英語の文章の日本語訳なのかな。ちょっとだけ文章や内容を変えてます。

1) 1日3回食事しなさい。その食事内容には炭水化物が含まれていること。そうすることで、過食を誘発する炭水化物欠乏を減らす事ができるでしょう。

2) すっぱいものを口に入れなさい。レモンやライム、梅干など。すっぱさは味蕾に作用して、甘いものへの欲求を抑えることでしょう。

3) 果物かジュース、あるいはごく少量の砂糖菓子を、過食の危機を切り抜けるために選んでおきなさい。

4) 時間をかけて食事しなさい。席について、箸(あるいはナイフ+フォーク)を一口ごとに置きながら、ゆっくりと食べなさい。

5) 過食の危機に陥りそうだと感じたときに、すばやく対応するために、製氷皿にオレンジジュースを凍らせておきなさい

6) 予防手段をとりなさい。床を磨いたり手紙を書いたり、活動しなさい。おなかいっぱいに感じるように水を少しずつ飲みながら、少なくとも1時間は根気強く頑張りなさい。食べたい欲求が減ることでしょう。

7) フレーバー入りの歯磨きで歯を磨きなさい。あるいは強力なうがい薬でうがいしなさい。

8) 冷凍庫にシャーベットを用意しておきなさい。砕いた氷と低カロリーのジュースを紙コップに入れて凍らせておきなさい。小さなスプーンでゆっくりと食べなさい。

9) 角をなめなさい。

10) 10分間タイマーをセットして、仕事をしなさい。10分経ったとき、まだお腹が本当にすいているか、自分自身に質問してみなさい。もしすいてるなら食べに行きなさい。ただしカロリーのほとんど無い、好きじゃない食べ物を選びなさい。

11) 運動しなさい。早足で散歩するか、自転車に乗るか、ジョギングするかしなさい。そうすることで誘惑から自分を引き離し、食欲を抑えられるでしょう。

12) 爪を磨きなさい。マニキュアを2回塗りなさい。それが乾く頃には、食欲のピークは過ぎ去っていることでしょう。

13) 全ての禁じられた食べ物を家の外に出しなさい。もし、それらを家族が必要とするのなら、棚に入れて鍵を閉め、他の誰かに鍵を預かってもらいなさい。

14) 食べ残しをひとつずつアルミホイルに包んでしないなさい。そして、冷蔵庫の奥に押し込んでしまいなさい。もっとよいのは、捨ててしまうことです。

15) あなたのお皿、一杯分だけの量を料理しなさい。

16) 決して大皿に盛りつけないこと

17) 自分の食事は、小さい皿で用意しなさい。

18) お腹がすいたまま買い物に行かないようにしなさい。食事をして満足したら買い物に行きなさい。買い物は週に一回だけにして、買い物リストを守りなさい。

19) 料理している間はガムを噛みなさい。味見をするためには、わざわざガムを捨てなければなりません。

20) 食事の場所をテーブル一箇所に決めなさい。居間や書斎、寝室などには決して食べ物を持ち込んではいけません。

21) テレビを見ているときは、手元で作業を続けなさい。

22) 夜と週末に、あいた時間が無いように計画を立てなさい。

23) 食事の30分前に大きなコップで水を一杯飲みなさい。ゆっくりと少しずつ飲みなさい。そうすれば、満腹感が得られ、それだけ少ない食べ物で済むでしょう。

24) 食欲の勢いを弱めるため、食事の最初にサラダを食べなさい。あるいはセロリやキュウリ、ニンジンをかじりなさい。

25) ポップコーンや生野菜の様な、沢山噛む必要がある食べ物を食事の前に食べなさい。これにより舌触りに対する欲求を満足させ、アゴの筋肉に疲労感を与えることでしょう。

26) 食事と一緒に氷水を飲みなさい。

27) 最も好きなものを食べるのを諦めないでおきなさい。ただし、少しだけにすること。それを食べる余地を作るため、他の食べ物の量を減らして、総カロリー数があなたの許容量を超えないようにしなさい。

28) 決して20分以内で食事を終わらせてはいけません。それは満腹の生理学的信号が胃から脳まで伝わるのに必要な時間です。

29) 下剤を捨てなさい

30) 食事した量にかかわらず、嘔吐や下剤乱用をしないように注意しなさい。

31) 体重を毎日計ってはいけません。あなたの体重は日々変化します。ひと月の中でも、には水分が身体に貯留しやすい時期もあるのです。その事を覚えておきなさい。体重計に乗ることがしばしば過食を誘発します。できれば体重計を片付けてしまいなさい。

32) 衣類を片付けて、あなたが現在着ることができない小さいサイズの服を捨てなさい。着ることができないことは、ただ単にあなたを落ち込ませ、非現実的な目標を強めてしまいます。

33) 新聞を読みなさい。

34) 友達に電話しなさい。

35) 散歩しなさい。

36) 音楽を聴きなさい。

37) 温かいシャワーを浴びるか、熱い風呂に入りなさい。

38) 日記を書きなさい。

39) 友達に手紙を書きなさい。

40) ヨガや瞑想、その他のリラクゼーション法を実行しなさい。

41) 顔のマッサージで自分自身を十分に満足させなさい。

42) 映画を見に行きなさい。

 過食と嘔吐に悩む方にお勧めできますね。ただ、拒食を伴う人(が殆どですが^-^;)にはいくらか注意すべき点もあります。また、過活動が問題になるケースも。自分自身が摂食障害の場合は、よく主治医と相談してからにしましょう。

過食症からの脱出―自分で治す実践ガイド Book 過食症からの脱出―自分で治す実践ガイド

著者:P.J. クーパー,西園 文,生野 照子
販売元:女子栄養大学出版部
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« スタート | トップページ | 医療文書のセキュリティ »

コメント

ブログ開設おめでとうございます。
今日も23時までお薬作りしていたSIUです。
過食・拒食に対する治療というのは難しいそうですね。

少し意味合いが違いますが「メタボリックシンドローム」とか
言葉を最近よく聞くように、肥満は高血圧・糖尿病・高脂血症・動脈硬化などと
密接につながっていますよね。
んで、やはり体重を落とすという指導になりますが
アメリカ人なんか尋常じゃ無いくらい太っている人がいるじゃないですか
だから食事療法じゃおっつかない(笑)

ところがお薬を見渡してみると「シブトラミン」とか副作用が強く
かつ、切れ味が鈍い薬しかないのが現状…

ところがサノフィ・アベンティスが新しい抗肥満薬「rimonabant」(リモナバント[tは無音かも])が
最近PhoseIIIを終了し、FDAの認可を得ました。
現存する抗肥満薬のなかでもっとも切れ味が鋭い
薬になるため、ブロックバスターになると思われます。

んで、今は一般の方はあまり知らない話題ですが
そのうちマスコミに大々的に取り上げられて
日本でも個人輸入する人が増えて、大量に飲みすぎて
大変なことになるのではないかと、今から少し心配しています。
人のブログのコメントで長々と書いてしましました。
また来ますね。

投稿: SIU | 2006年2月 9日 (木) 23:26

SIUさん、コメントありがとうございます。
そしてお薬づくりお疲れ様でした。
こんな夜遅くまで乳鉢ゴリゴリしたり丸薬を丸めていたりしていたのかと思うと……え、違う?
rimonabant……これはチェックですね。
きっと使いすぎる拒食症が出てきそうで怖いです。

それにしても、頂いたコメントはそれ自体がひとつの「記事」と呼べるだけの内容ですね(感心

どうぞこれからもよろしくお願いいたしますね^-^/

投稿: Satoru | 2006年2月10日 (金) 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/616364

この記事へのトラックバック一覧です: 過食への対策メモメモ発見:

« スタート | トップページ | 医療文書のセキュリティ »