« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月28日 (火)

リスパダール液は水なし服用可

Good4shcizo_1 リスパダール液の宣伝に「水無しでも服用できます」とあります。今まで「ふーん」ぐらいに思っていましたが、これって重要かも。

薬飲むときに毎回、水を用意するのって面倒な事ですよね。患者さんが服薬を続けるのが大切、と思うのであれば、患者さんの服薬の負担を減らしてあげるべきでしょう。統合失調症の再発がするその数%(数割?)が断薬によるものであるならば、その分、服薬し易くすることで再発を防ぐ事ができそうです。

思えば市販薬でも「ストッパ」なんて、水無しで飲めるのがウリの薬がありましたね。

Book リスペリドン内用液を使いこなす―症例を中心に

著者:武内 克也,酒井 明夫
販売元:星和書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

ザイディスと液剤

血中濃度の上がりかたについて、こんな話を聞きました。

ジプレキサ®(オランザピン)の通常の錠剤と、口でシュワッと溶ける口腔内崩壊錠=ザイディスでは、殆んど血中濃度の上がりかたに差異はないリスパダール®(リスペリドン)の錠剤と液剤では、液剤の方が早い
というのです。

  • ジプレキサを頓服で用いるなら、通常の錠剤もザイディスも同じ
  • リスパダールを頓服で用いるなら、液剤の方がいくらか早い効果が期待できる。

ということでしょうか。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

プロドラッグ

プロドラッグという言葉が先日のブログ「リスミー」で出てきました。それについて、簡単に自己学習の意味も含めて説明しておきましょう。

プロドラッグというのは、体内で代謝されて効果を出す薬のこと。

普通は最初から効果がある形で服用しますが、その吸収が悪かったり、途中で分解されたり、違う化合物に変化してしまったり……結局、目的地(睡眠薬ならば脳)に到達できる量は少なくなりがちです。

そこで、吸収がよく、途中で分解されず、目的地に着いたときに効果がある形に変化している様な薬を作ろうと試みられています。それがプロドラッグというもの。

薬をつくるのも、ただ有効な成分を作ってるだけではないんですね(感心

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

リスミー

シオノギさんから睡眠薬リスミー(塩酸リルマザホン)の説明を受けました。
私自身は、今まで使用してこなかった薬。

Sleepwell_1 特徴は

  • 筋弛緩作用が少ない
  • 向精神薬の指定がない
  • 半減期は約10時間
  • プロドラッグ

筋肉弛緩が少ければフラつきや転倒の危険性が少なく、比較的安全に使えますね。14日という制限がなく処方できる睡眠薬というのは外来で処方しやすいもの。半減期10時間くらいというとレンドルミンよりちょっと長いくらい。

リスミー、ちょっと外来で使ってみようかな^-^

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

好意の返報性

好意の返報性」という言葉があります。

  • 相手に好意をもって接されると、相手に好意を持ってしまう

というもの。医者-患者間の良好な関係は、治療に良い影響をもたらします。患者さんとの良い関係を作るためには、その患者さんを好きになることが大切ということになります。

もちろん、ヘタに距離をつめてしまうのはマイナスですし、異性愛(を始めとした性的な愛)を持ち込むのは禁忌。

当たり前の事ですが、とても大切な事ですね^-^

Book NOをYESに変える心理トリック 改訂版―図解 60分でわかるおもしろ心理学

販売元:日本文芸社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

マスク

風邪を引きました。う~ん、働きたくないo(>_<)o

周囲にうつさないため、そして自分の喉の保湿のためにもこーいうときにはマスクをするものですよね。でも、マスクが嫌いなんです。

患者さんのお話を聞いているときに、適切な共感を表情で示す事は大切な事です。なのにマスクをしてしまうと、表情を作る大きな要素である口が隠されてしまいます。
目だけでできる表情には限界があります。ですから、何だか手の動きをつけてみたり、首を動かしてみたり、あいづちの声の抑揚を気にしてみたり。
……なんだか着ぐるみの中に入っている気分になります。
VINYL COLLECTIBLE DOLLS ガチャピン
やぁ、みんな。気分はどうかな?

……でも、マスクはしますよ。お互いのためですから(-_-;

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

もじゃもじゃペーター

もじゃもじゃペーター」という絵本をご存知ですか?
ドイツの精神科医ハインリッヒ・ホフマン先生が書いたという子ども向けの絵本です。
その内容は……

  • 親指をしゃぶっていると、仕立て屋が大きなハサミを持ってきて、親指をチョッキン
  • 足元を見ないで歩いていると、川にドボン! 流されてバイバイ
  • 食事を食べないでいると、見る見るうちに痩せていき、お墓行き。(アノレキ?)
  • 黒人さんを馬鹿にすると、大きなインク壺に浸されて、この上なく真っ黒に

タイトル「もじゃもじゃペーター」というのは、嫌がって髪や爪を切らずにいたら、髪はボーボー、爪はとんでもない長さになってしまいました。というもの。

う~ん、強烈(T_T) 怖すぎます。目的は非常にハッキリしてます。「シツケ」ですね。ドイツといえばシツケが厳しい事で有名ですよね。
この本、私は子どものときに持ってました。なんだか懐かしいような懐かしくないような心地の良い本ではありません
同じ精神科医にしても、感覚が違いますね~(^-^;

Book もじゃもじゃペーター

著者:ハインリッヒ・ホフマン,ささき たづこ
販売元:ほるぷ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

心電図の電極

「身体」に弱い精神科医の私は、心電図電極の順について、とっさに出てきません(-_-;

そんな私に心強い語呂合わせを教わりました。
アキミちゃんブラ紫

誰なんでしょうか。そのアキミちゃんという娘の下着は紫色だそうです。スゴイですね~(何が?w
ブラック 」 という事ですね。これは便利、便利♪

心電図ミニガイド Book 心電図ミニガイド

著者:臼井 孝,菊地 武子,藤原 泰子,大塚 邦子,千葉 多圭子,松下 由美子
販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

バルネチール

バルネチール®(スルトプリド)を久しぶりに処方しました。

しばらく安定していた双極性障害(=躁うつ病)の患者さんが、ライフイベントを契機に躁状態に陥ってしまったのです。お会いすれば「この幸せを誰かに伝えずにはいられない」と喋る喋る喋る。そこで彼が以前に処方されていたバルネチールの再登場というわけです。

バルネチールの特徴を調べてみると

  • 1時間で最高血中濃度。半減期3時間
  • 脳関門を通る

血中濃度の上がりが早くて、しかも脳にダイレクトに届くというのです。これは早い鎮静効果が期待できるわけです。

服用の4時間後にお会いしてみると
調子はいかがですか?
少し落ち着きましたね
……
……
黙る事ができてます! 談話心迫ストップ! 気マズイくらいに間を開けても黙れてます。アステラスさん、良い薬を持ってますね~(^-^b

ちなみにスルトプリド(バルネチール®)って、スルピリド(ドグマチール®、アビリット®)と名前が似てますよね。どうも本によると構造が似てるらしいです。ヘェ~ ヘェ~ ヘェ~

精神科治療薬の処方ガイドライン―モーズレイ2001年版 Book 精神科治療薬の処方ガイドライン―モーズレイ2001年版

著者:デヴィッド テイラー,デニス マッコーネル,ハリー マッコーネル,ロバート カーウィン
販売元:星和書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »