« リスミー | トップページ | ザイディスと液剤 »

2006年3月22日 (水)

プロドラッグ

プロドラッグという言葉が先日のブログ「リスミー」で出てきました。それについて、簡単に自己学習の意味も含めて説明しておきましょう。

プロドラッグというのは、体内で代謝されて効果を出す薬のこと。

普通は最初から効果がある形で服用しますが、その吸収が悪かったり、途中で分解されたり、違う化合物に変化してしまったり……結局、目的地(睡眠薬ならば脳)に到達できる量は少なくなりがちです。

そこで、吸収がよく、途中で分解されず、目的地に着いたときに効果がある形に変化している様な薬を作ろうと試みられています。それがプロドラッグというもの。

薬をつくるのも、ただ有効な成分を作ってるだけではないんですね(感心


« リスミー | トップページ | ザイディスと液剤 »

コメント

はじめまして。
鬱病とAD?のPSW学生です。
リンクを辿って参りました。
自分は耐薬が強いようで多少のODではびくともしません。
>その吸収が悪かったり、途中で分解されたり、違う化合物に変化してしまったり……結局、目的地(睡眠薬ならば脳)に到達できる量は少なくなりがちです。
のタイプなんでしょうか?
デポ剤とか有効なんでしょうか?
なんとなく主治医に言い出せなく。。。
ラポール築けてないんですかね。
最初から変な投稿で申し訳ありません。

投稿: はまごん | 2006年3月23日 (木) 23:19

はまごんさん、はじめまして。
PSWの学生さんですか。自分がODしてちゃ……ねぇ(^-^;
薬の代謝は人によって差異があるもの。
びくともしない、なんてことも薬や人によってはでてきます。
デポ剤が適応になるかどうかは病気によります。
ちゃんと主治医と相談しましょう。
一般的にラポールという言葉は医者の課題として扱われますが
患者さんは自分自身のためなんですから、
ラポール形成を医者に任せず自分からも努めてみて下さいね♪

投稿: さとる | 2006年3月24日 (金) 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/1101154

この記事へのトラックバック一覧です: プロドラッグ:

« リスミー | トップページ | ザイディスと液剤 »