« マスク | トップページ | リスミー »

2006年3月16日 (木)

好意の返報性

好意の返報性」という言葉があります。

  • 相手に好意をもって接されると、相手に好意を持ってしまう

というもの。医者-患者間の良好な関係は、治療に良い影響をもたらします。患者さんとの良い関係を作るためには、その患者さんを好きになることが大切ということになります。

もちろん、ヘタに距離をつめてしまうのはマイナスですし、異性愛(を始めとした性的な愛)を持ち込むのは禁忌。

当たり前の事ですが、とても大切な事ですね^-^

Book NOをYESに変える心理トリック 改訂版―図解 60分でわかるおもしろ心理学

販売元:日本文芸社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« マスク | トップページ | リスミー »

コメント

これは逆もありますよね。

自分が嫌だと思ってしまうと、その態度が通じてか、大抵相手も距離を置いてしまい、ぎくしゃくするって。

医師は大変ですよね。全員共通して見なければならないので。

看護師は苦手な場合、その患者さんが好きなスタッフに変わることができますので。すると患者さんも喜ぶし、互いに変なすトレスになることもないし。ま、いけないような良いようなw

投稿: neko | 2008年6月29日 (日) 21:05

>nekoさん
まぁ、そう言わずに全員、どこか素敵なところを見つけてあげて下さい♪ 人には必ず愛すべきところがあるものですから(^-^)

投稿: satoru | 2008年6月29日 (日) 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/766643

この記事へのトラックバック一覧です: 好意の返報性:

« マスク | トップページ | リスミー »