« リスペリドンの射精障害 | トップページ | 非定型が増加 (当たり前) »

2006年11月27日 (月)

非定型向精神薬をお飲みの方へ

向精神薬=抗精神病薬(ひらたく言えば安定剤)の中で比較的新しいものに「非定型向精神薬」があります。リスパダールジプレキサルーランセロクエルエビリファイのことです。お読みの方の中には、これらを服用中の方もいるハズ。でしょ?

Good4shcizo ここで非定型向精神薬の副作用を扱うことがあります。私としては服用中の人が怖がっちゃうかな?と不安。むやみに怖がらないで下さい。非定型向精神薬は、従来の薬よりも副作用が少ない薬です。だからこそ新しく登場したのです。むしろ安心してよい薬なのです。

そして、自己判断で中断しないで下さい。病気によっては、薬を使用せずにいると進行してしまいます。それこそ脳にダメージが生じるなど、取り返しがつかなくなることがあります。それは副作用が生じることよりも恐ろしいことです。ホント、ホント。

治療を受けている方は、副作用が生じたとしてもやたらと恐れずに適切に対処しましょう。主治医とよく相談をし、副作用(の可能性)と病気を冷静に天秤にかけ、よく考えるべきでしょう。

私や家族が統合失調症になったら、迷わず非定型を使用したいもの。だからこそ患者さんにもオススメするわけですよね(^-^)


« リスペリドンの射精障害 | トップページ | 非定型が増加 (当たり前) »

コメント

こんにちは 先日はありがとうございました
先生はこの本をお読みになったことありますか?

抗精神病薬の「身体副作用」がわかる―The Third Disease
長嶺 敬彦 (著)


私は非定型を飲んで、副作用がでてそれをまた薬で
止めて長期服用で新たな薬害っていうことがないのかなって
すごく不安になります。その不安をまた抗不安薬で抑えて
って、なんだか悪循環になる気がします。
エビリファイ服用しています。3週目ですが、本当に
副作用(便秘や軽い手の振るえはあるけど)なくて
いい薬だと思います。 自分と相談しながら治療していきたい
ですが、正直怖いです。

投稿: marika | 2006年11月30日 (木) 17:50

>marikaさん
その本は読んでませんね。
ただ、その本を読んで怖くなったのであれば「良書」とは言い難いでしょう。
統合失調症では薬物治療が欠かせません。
ですから副作用は「恐れる」ではなく「対処する」べきでしょう。
そこに伴う副作用を抗不安薬で抑えるのは私には分かりませんので
その点については、担当の先生とご相談を(^-^)

あ、私はあなたの担当ではないので「satoruさん」でいいんですよ(^-^;

投稿: satoru | 2006年11月30日 (木) 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/4088506

この記事へのトラックバック一覧です: 非定型向精神薬をお飲みの方へ:

« リスペリドンの射精障害 | トップページ | 非定型が増加 (当たり前) »