« 非定型が増加 (当たり前) | トップページ | エライ子ちゃん »

2006年12月 3日 (日)

職場復帰の際に

うつ病を主とした精神障害で休職に至ることがあります。そして、回復した際に、どう職場に戻るのか。という話をこの間の講演で聞いてきました。

いきなり元の仕事に元の様に戻ることが、病気の再発を招きかねないことがあります。そこで「On the Job Rehabilitation (OJR)」という考え。主観的ストレスの少ない内容から仕事を再開しましょう、というもの。

講演の中では次のような例が…

最初の2週間 → 月水金 10時~15時勤務

次の2週間 → 毎日 10時~15時勤務

次の2週間 → 毎日 10時~定時

最後の2週間 → 毎日 定時あがり

そして職場復帰。

人によってプログラムを変える必要はありますが、参考になりますね(^-^)


« 非定型が増加 (当たり前) | トップページ | エライ子ちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/4087922

この記事へのトラックバック一覧です: 職場復帰の際に:

» 教員"心の病"で休職、過去最多に [占い大好き占いななブログ]
教育現場に悩んで休職する教員が過去最多と毎日新聞ニュースで見た。[休職教員]「精神性疾患」最多の4178人 13年連続増 05年度にうつ病など精神性疾患による病気休職をした公立小中高校などの教員数が過去最高の4178人に上ることが15日、文部科学省の... [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 09:25

« 非定型が増加 (当たり前) | トップページ | エライ子ちゃん »