« 病棟での服薬回数 | トップページ | クリスマス会@病棟 »

2006年12月14日 (木)

飲み忘れ

受診時に薬が余っていることがある」と回答した患者が45.7%とのこと。

そんな患者さん、薬を余らせた理由の46.7%が「飲み忘れ」

これは、全家連に家族がいる患者さん&聖マリ通院してる患者さんを対象にした、聖マリの諸川先生による患者アンケート調査。

 

私自身、薬は飲んでません。でも毎日飲もうと決めたサプリメントがあります。ハイ、毎日飲めてません(x_x; 当然、統合失調症における薬物治療は、私のサプリメントと違って、重要度が違うものです。それにしたって、人間だから飲み忘れが生じかねないのは同じことでしょう。

Dontforget では、薬を飲み忘れないようにするにはどうしたらいいのでしょう

医者の立場からすると「服薬回数を減らす」のが一つの工夫かもしれません。一日4回だと、どれかが抜けてしまうかもしれません。一日1~2回なら、比較的飲み忘れにくいのではないでしょうか。

患者の立場なら、家族や周囲の人の理解と協力があるといいでしょう。周りの人に服薬を隠していると、飲むタイミングを失い、そして飲みそびれやすいことでしょう。むしろ周りの人が「薬の時間じゃない?」と声をかけてくれるぐらいの方が、患者本人も飲みやすいでしょう。

他にも薬の管理方法も工夫の一つでしょう。食卓の上に缶でも用意して、その中に入れている人もいます。ピルケースを利用している人もいます。カレンダーに貼り付けている人もいますし、専用のポケットがついているカレンダーを用いている人もいます。

 

他にも、いろいろと工夫があると思われます。皆さんが、どんな工夫をしているのかナマの声を聞いてみたいですね(^-^)


« 病棟での服薬回数 | トップページ | クリスマス会@病棟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/4219686

この記事へのトラックバック一覧です: 飲み忘れ:

« 病棟での服薬回数 | トップページ | クリスマス会@病棟 »