« ジプレキサと高血糖リスク | トップページ | パリペリドン@USA »

2006年12月29日 (金)

コンスタ日本接近中

統合失調症の患者さんの中には、アドヒアランスが悪くて経口薬による薬物治療が困難な方がいます。

そんなとき、持続して効果を発揮する「デポ」と呼ばれ注射が用いられることがあります。抗精神病薬の持続型の注射です。2週間なり4週間なりに1回注射すると、しばらくは効果が期待できるというもの。

そんな持続型の注射のちっちゃなニュース。

12月21日、2週間持続注射製剤リスパダール・コンスタ(RISPERDAL CONSTA)が統合失調症の治療薬として日本で承認申請されたとのこと。従来の定型薬のデポ剤から乗り換える時期が近づいていますね(^-^)

2009/5/8 (追記)リスパダール・コンスタが承認され、発売が近付いているとのこと。この6~7月でしょうか。楽しみですね♪ 記事はこちら


« ジプレキサと高血糖リスク | トップページ | パリペリドン@USA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/4716632

この記事へのトラックバック一覧です: コンスタ日本接近中:

« ジプレキサと高血糖リスク | トップページ | パリペリドン@USA »