« 向精神薬の自己調節 | トップページ | コンスタ日本接近中 »

2006年12月28日 (木)

ジプレキサと高血糖リスク

知人SIU氏より知らされたジプレキサのニュース……

Eli Lilly社の非定型抗精神病薬・ジプレキサ高血糖リスクに関して、社内資料と公表データに食い違いが認められたというニュースをNew York Timesが先週木曜日に報じました。

http://www.biotoday.com/view.cfm?n=17065

BloodsugarNew York Timesは数百ものLillyの社内資料を入手しており、その資料をもとにして今回の記事を発表しました。

……とのこと。

ジプレキサが良い薬なのは変わりの無い事実。実際に、統合失調症に効果があります。そしてパーキンソン症候群などの錐体外路系副作用が非常に少ないもの。

ただ、高血糖のリスクについて注意するのは忘れちゃいけませんね。良い薬なだけに慎重に、ですね。ジプレキサ服用中の方は、食べすぎには御注意を。

ジプレキサ服薬中の方は2006年11月27日の記事「非定型向精神薬をお飲みの方へ」をどうぞ。

Book オランザピン100の報告

著者:上島 国利
販売元:星和書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« 向精神薬の自己調節 | トップページ | コンスタ日本接近中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/4706879

この記事へのトラックバック一覧です: ジプレキサと高血糖リスク:

» 高血糖とその症状 [オモシロくらしの情報源]
高血糖の血糖値のメカニズム 血糖値は血液内のブドウ糖の濃度の割合がどのくらいで... [続きを読む]

受信: 2007年1月15日 (月) 22:49

« 向精神薬の自己調節 | トップページ | コンスタ日本接近中 »