« 抗精神病薬の量 | トップページ | SSRIと若年者の自殺リスク »

2007年5月19日 (土)

抗パ薬の減量/中止(中間報告)

統合失調症の治療に抗精神病薬は欠かせません。しかし、その副作用としてEPS(錐体外路症状。手の振るえや歩行障害など)が出ることがあります。これを防ぐために抗パーキンソン薬=略して抗パ薬を併せて処方することがよくあります。

Parkinson しかし、抗パ薬はできれば使わない方がいいものです。それについてはコチラの記事をどうぞ。

そこで、担当している閉鎖病棟での処方を見直していました。EPSが出ない範囲で抗パ薬の減量/中止を試みていました。春なので、その数字を見直してみましょう。

ビペリデン換算で比較すると……

現在入院中の患者さんの2006年4月(2006年4月以降の入院者は入院時)の抗パ薬は一人平均2.49mg。従来では一般的に、抗パ薬が1日3錠ずつ処方される事も多かった事を考えると、このぐらいは「昔の普通」でしょうか。

2007年2月の時点では一人平均1.80mgを服用。

現在=2007年5月では一人平均1.32mgを服用。

まとめて書けば
2.49 → 1.80 → 1.32
うん、少し減らせてきてますね~♪
今後も引き続き、より良い処方を模索してみたいと思います(^-^)

今までの抗パ薬についての記事は以下の通りです。

統合失調症と抗パ薬
http://pshycho-memomemo.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_4259.html
抗パ薬の等価換算表(ビペリデン換算)
http://pshycho-memomemo.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_b747.html
抗パ薬を数えてみよう(^-^/
http://pshycho-memomemo.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_f1c6.html
抗パ薬を数えてみよう2
http://pshycho-memomemo.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_ae39.html


« 抗精神病薬の量 | トップページ | SSRIと若年者の自殺リスク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/6346287

この記事へのトラックバック一覧です: 抗パ薬の減量/中止(中間報告):

« 抗精神病薬の量 | トップページ | SSRIと若年者の自殺リスク »