« ×水虫薬のジェネリック | トップページ | 十分な抗うつ薬を »

2007年6月28日 (木)

CATIEスタディ?

オランザピン(ジプレキサ)の有用性について語る際にCATIEスタディというものがよく登場します。Clinical Antipsychotic Trial of Intervention Effectivenessの略(補)。製薬会社との関連性のない研究機関が新規(=非定型)抗精神病薬を中心に患者さんに無作為割り当てをして治療をした、というもの。

そして、オランザピンが優れていた、という結果。ですからジプレキサを発売しているイーライリリーの講演会で、頻繁に語られます。

じゃあいったい、どんな条件で試験をしたのでしょうか。各薬剤の用量設定を聞けば……

オランザピン 7.5~30mg/day
クエチアピン 200~800mg/day
パーフェナジン 8~32mg/day
リスペリドン 1.5~6mg/day
ジプラシドン(日本未発売)40~160mg/day

というもの。

しかし、これは本当に妥当なものなのでしょうか?

オランザピンは日本で20mg/dayが限度なのに、30mg/dayも使っています。リスペリドンは日本で12mg/day処方できるのに、6mg/dayまでしか使われません。

ジプラシドン以外の最大投与量をリスペリドン換算すると下記の通り。
オランザピン  15
クエチアピン  12
リスペリドン  6
パーフェナジン 3.2

このCATIEスタディに基づいて、イーライリリーは次のように発表しています。「薬物治療を長続きさせる主要因は症状の改善度であり、副作用ゆえに脱落する患者は少数派」

それならば、リスペリドンやパーフェナジンも、もっと増量して治療してあげればよかったハズ。そう思わずにはいられません。

複数の薬剤を同時に比較するのは大変なことだと思わされる結果でした。こんな大規模の試験がホイホイとできるハズもありませんが、薬剤の真価をきちんと問えるCATIE-2か何かが行われることを望みます。……って無理ですよね(-_-;

補:総責任者Liebermanの家族の家族がCATIEだという噂……コレ、ほんと?


« ×水虫薬のジェネリック | トップページ | 十分な抗うつ薬を »

コメント

リスペリドンは6mgを超えると副作用が出やすくなり、非定型としての特徴がなくなるし、用量に関してもEBMに準じて決定しているせいではないでしょうか。

投稿: | 2009年1月24日 (土) 10:57

容量設定にはイロイロと問題があったようですね。オランザピンは初回から20mg/dayを処方することを提案する人もいるみたいですが、リスペリドンは漸増が望ましい薬。基準を作って比べることが難しいのでしょう。
また、CATIEスタディを受けた人達は、もともとオランザピンで治療されていた人が多かったといいます。それまで慣れていた薬で治療されていた人と、慣れた薬から変更された人、という差もあったようですね。

投稿: satoru | 2009年2月 2日 (月) 13:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/6582186

この記事へのトラックバック一覧です: CATIEスタディ?:

« ×水虫薬のジェネリック | トップページ | 十分な抗うつ薬を »