« SSRIとSNRIの血中濃度 | トップページ | 抗うつ薬の世界順位 »

2007年7月 7日 (土)

偏頭痛にSNRI/SSRI

片頭痛の原因のひとつとしてセロトニン学説があるとか。ストレスなどが誘引となって、血小板からセロトニンが放出されるとか。これが脳血管を収縮させ、そしてセロトニンが分解・排泄されることにより、今度は脳血管が拡張。これが頭痛を引き起こす、というもの。
SSRIが片頭痛に効くことがあるのは、これかもしれません。

そして、ノルアドレナリンの関与も考えられているとのこと。片頭痛患者の血中ノルアドレナリン濃度が下がっている、などと報告されているとか。

そんなことが、ミルナシプラン(トレドミン)が頭痛に奏功した例についての報告(佐々木信幸ら)の中に書いてありました。うむ、勉強になります(・_・)

片頭痛にSNRIが奏功することもあるといいます。アメリカではミルナシプランはありませんが、ベンラファキシンというSNRIが片頭痛に用いられているとのこと。

片頭痛の患者さんが最初から精神科や心療内科を受診することは少ないもの。しかし、他の科で治療がうまくいなかなった偏頭痛を治してくれ、と言われることがあります。そんなときにNSAID(鎮痛薬)は無駄。SSRIやSNRIによる治療を試みてもいいのでしょうね(^-^)


« SSRIとSNRIの血中濃度 | トップページ | 抗うつ薬の世界順位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/6582240

この記事へのトラックバック一覧です: 偏頭痛にSNRI/SSRI:

» 片頭痛、私の場合。 [片頭痛もち]
片頭痛が起こる私の頭痛日記です。何かのお役に立てましたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 23:18

« SSRIとSNRIの血中濃度 | トップページ | 抗うつ薬の世界順位 »