« 妊婦とSSRI | トップページ | 講演@横浜 »

2007年9月 3日 (月)

統合失調症テスト

統合失調症の治療において、薬物治療に対するアドヒランスが非常に重要であることが以前から言われています。

私の担当する患者さんの中にも、薬物治療に対する理解不足からアドヒアランスが悪くなる人がいます。そもそも病気に対して理解が乏しいのです。

少しでも理解を深めて頂こうと、ごく簡単なテスト問題を作ってみました。今日、問題と解答を手渡してきました。来週にテストです。さ~て、どうなるやら……

「schizo_exam.pdf」をダウンロード

内容は、こんな感じ……

-=- -=- -=- -=- -=- -=-

統合失調症テスト(1)
統合失調症では、脳内で神経伝達物質、主に[ ドパミン ]が過剰に放出されています。これにより過覚醒状態に陥り、症状が出現します。

精神科で用いられる薬には、次のものがあります。
・抗精神病薬 ・抗不安薬 ・抗うつ薬
・睡眠薬 ・抗パーキンソン薬 ・気分安定薬

中でも [ 抗精神病薬 ]は、統合失調症の治療において、最も重要です。なぜなら、この[ 抗精神病薬 ] は脳内の神経伝達物質、その中でも主[ ドパミン ]を抑えることで効果を発揮します。単に症状を改善するだけではありません。[ 再発予防 ]や長期予後の改善に重要な役割を持っています。

各20点 計100点満点

-=- -=- -=- -=- -=- -=-

すっごく簡単ですよね?(^-^)

「こんな問題を出してみましたよ」「こんなテストを受けたことがあります」「こんな問題はどうでしょう?」……みたいなお声を頂けると参考になります。ぜひぜひ(^-^/


« 妊婦とSSRI | トップページ | 講演@横浜 »

コメント

若い人は解けそうですね。
うちの長期入院患者さんには難しいかも。

外来とかでの個人の今後の治療教育計画を立てる基準によさそうですね~。

なかなか「薬は飲まなきゃいけない、ずっと服用続けなきゃいけない」でうちの医師もやっちゃいますもんね。説明しても説明しただけで、わざわざ相手の理解力をテスト、確認されないから。。。

このテスト賛成です。

投稿: 猫 | 2007年9月11日 (火) 23:23

>猫さん
コメントありがとうございます。
そうなんです「飲まなきゃいけない」というのは誰もが話すんですが「なぜ飲まなきゃいけないのか」は、けっこう話されてないものです。医者が言ったからといって、理由も理解せずに飲めるものではありませんよね。
私自身も、このテストが万全なものだとは思ってません。でも、何とかしたいという「もがき」の様なものです。う~ん、なんとかしたい!
また何かご意見あれば、感想ございましたら聞かせて下さいね(^-^/

投稿: satoru | 2007年9月11日 (火) 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/7751345

この記事へのトラックバック一覧です: 統合失調症テスト:

» 統合失調症の治療 [統合失調症克服道場]
統合失調症の治療 目標  精神症状を軽減  症状の再発とそれに伴う機能低下を防ぐ... [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 15:28

« 妊婦とSSRI | トップページ | 講演@横浜 »