« 男は女の2.5倍の自殺数 | トップページ | ジェイゾロフト100mgまで »

2007年11月14日 (水)

24歳以下への抗うつ薬

若年者抗うつ薬による自殺リスクについて記載するように、添付文書の改定をアメリカでFDAが指示したとのこと。それを受けて、日本でも全ての抗うつ薬の添付文書が改定されました。

追加されたのは……

抗うつ薬の投与により、24歳以下の患者で、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、本剤の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮すること。

……という内容。

24歳以下の患者において、抗うつ薬プラセボを比較したところ、抗うつ薬で自殺念慮や自殺行為のリスクが比較的高い結果が出たとか。服用開始後1~2ヶ月に気をつける必要があるとのこと。

リスクがあるから処方しないのか、というとそうともいきません。「うつ病」であるならば、薬物治療を含めた適切な治療をしないことで、徐々に自殺リスクが上昇する可能性があります。

若年者の抑うつ状態を診たときに、むやみに抗うつ薬を処方するべきではないのでしょう。処方するのであれば自殺リスクについて考え、本人や家族に注意喚起をすべきなのでしょう。そして、初期だけでも抗不安薬などを用いるのもいいのかもしれませんね。

添付文書の改定というのは大きなことです。「無視して今まで通り」ではいけませんね(・_・)

当ブログの関連した記事に「小児用パキシル」「SSRIと若年者の自殺リスク」がありますので、ご参考まで。


« 男は女の2.5倍の自殺数 | トップページ | ジェイゾロフト100mgまで »

コメント

こんばんは。(☜夜行性(?)ゆえにこの言葉が多いですね^^でも本人(本ネコ?)は9割朝方です)

SSRIでのActivation syndrome(今日はspell合っているかな?)は結構有名な話ですよね。以前は報道もされて少々誤解を受けるようなこともあり、職場でも対応に気をつけるように注意がありました。気力が出てきた時に自傷・自殺への関心から遠ざける工夫が必要だと思いました。今の自分には「言うは易し、行うは難し」なので、どういう対応が良いかはじっくり勉強しようと思います。
前のジプレキサとDM同様に若年者がSSRIを使う場合にも適切に使用すれば有用な薬剤だと思います。患者さんにあまりに警戒されて治療が進まなかったら悲しいですからね。昨シーズンはflu治療薬でもかなり大きな報道がされ、現場でも少なからず混乱が起きました。
情報公開はもちろん大切です。しかし、その情報を精査し誤解・不安のないように伝えるのも私たちの役目なのだと思います。

今日もたくさん語ってしまいました。どうも興味のあるものだと飛びついて熱くなってしまうようです(*^_^*)やっぱりマタタビ、入っているのかな?vv

投稿: cat×cat | 2007年11月18日 (日) 01:50

いつもコメントありがとうございます。深夜も2時近く……夜更かしにはお気をつけ下さいw
まったくもってご指摘の通りだと思います。薬に伴う有害事象には注意が必要です。しかし、過度に避けて治療をしないことこそリスクが高まることもありますからね。患者さんに十分な情報を提供しつつ、安全に治療を進めていきたいものです。……って、難しい(・_・;

投稿: satoru | 2007年11月19日 (月) 16:17

知らないことまた発見。勉強になります。

しかし、大変ですよね。
理想としては十分このことを説明してから治療を開始、進めていきたいけど、ほんと難しいですよね。
患者さん側の家族としては、家庭でいろいろあって、やっとの思いで受診、入院とかになるじゃないですか。それこそ病院に行けば治るくらいの勢いで。
本人はもちろんそれどころ(治療内容や薬の効果、治療後どこまで回復((12月1日の記事のこと))など聞く余裕はない状態。)ですし。
その人その人で、安定したときに、もしくは家族が落ち着いたときにしっかり説明が必要なんでしょうけど、それ待ってたら退院になってたり。
資料作成しても、家族読むか分からないし、かといって病棟だと医師が話すタイミングはなかなか作れないし。担当看護師として話す場合も、結局資料作って、科長に見せて、医師に確認する頃には退院直前だったり。
ま、これ書いてて思いましたが、俺はやはり急性期病棟が好きなんだなぁと。(笑
やっぱ患者さんにはしっかり、今、何の治療を、どんな薬で、どういう経過をたどるか知ってて欲しいです。入院して薬飲んで治ったら退院じゃなくてですね。

投稿: 猫 | 2007年12月 4日 (火) 11:29

>猫さん
以前の記事でもコメントは大歓迎です♪

さて、説明のタイミングは難しいものですね。タイミングを探していると失います。というわけで、気づいたらそのときに話すようにしています。時間がかかるのは辛いので、文字にしたものを見せながら。

そして、うつ病から離れてしまいますが、急性期病棟に勤めていたときには、早くから説明を開始することがありました。もう、幻覚・妄想がバリバリで混乱しているうちから薬物治療の話、それも回復後の服薬継続の話まで!
そうすると、回復してきてから「ああ、なんだかその話は聞いたことあるな」と深いところで染み込んでいる印象があります。ぜひお試しあれ(^-^/

投稿: satoru | 2007年12月 4日 (火) 11:55

今度もどったらやってみます。

なんか、「どうせまだ無理だろう」って待とうとする癖が病棟にも俺にもあって。患者さんが思った以上にしっかりしてたってことそういえば色々ありましたし。 ^^
ありがとうございます。

投稿: 猫 | 2007年12月 6日 (木) 10:30

理屈も何もありませんが「訳が分からないうちから説明されていた」というのが意味があるのかもしれません。ぜひお試しあれ(^-^/

投稿: satoru | 2007年12月 6日 (木) 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/8897854

この記事へのトラックバック一覧です: 24歳以下への抗うつ薬:

« 男は女の2.5倍の自殺数 | トップページ | ジェイゾロフト100mgまで »