« 睡眠薬の半減期 | トップページ | 抗うつ薬の反応性 »

2007年11月28日 (水)

睡眠薬の最高の時間

各種睡眠薬最高血中濃度到達時間をメモメモ

一般名(商品名) 最高血中濃度到達時間

■超短時間型
ゾルピデム(マイスリー)0.7-0.9
トリアゾラム(ハルシオン)1.2
ゾピクロン(アモバン)0.75-1.17

■短時間型
ブロチゾラム(レンドルミン)1.5
ブロチゾラム(レンドルミンD)1-1.5
リルマザホン(リスミー)3
エチゾラム(デパス)3
ロルメタゼパム(ロラメット、エバミール)1-2

■中時間型
ニトラゼパム(ネルボン、ベンザリン)1.6
フルニトラゼパム(ロヒプノール、サイレース)1-2
エスタゾラム(ユーロジン)5
ニメタゼパム(エリミン)2-4

■長時間型
クアゼパム(ドラール)3.4
ロフラゼプ酸エチル(メイラックス)1-1.2

どれも単位は「時間」です。

超短時間型は1時間前後。睡眠薬を飲んで1時間して寝付かなかったら、これらの薬の効果は終わったも同然。すぐに寝付くように出す薬ですが、これですぐ寝付けなかったら無駄な薬ですね。

短時間型は2時間前後。ブロチゾラムの商品はレンドルミンとレンドルミンDがあります。Dがついてる方は、口の中ですぐ溶ける錠剤=口腔内崩壊錠というもの。どちらかと言えばDの方が早く効くんですね。寝つきをよくする効果が期待できます。

中時間型や長時間型は、効果が出るのも遅いと思われがち。でも、実際には寝つきをよくする効果も短時間型ぐらいに期待できます。とは言ってもエスタゾラム(ユーロジン)は遅いですね。


« 睡眠薬の半減期 | トップページ | 抗うつ薬の反応性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/8712297

この記事へのトラックバック一覧です: 睡眠薬の最高の時間:

« 睡眠薬の半減期 | トップページ | 抗うつ薬の反応性 »