« ジェネリック in USA | トップページ | 季節性うつ病 »

2007年11月 1日 (木)

服薬確認

2007年CNSフォーラムでのDr.W.Wolfgang Fleischhackerの講演で次の様なことを聞きました。

外来で統合失調症の患者さんに、服薬状況を尋ねるのにどう質問するのか

薬は役立っている感じがしますか?」
自分の薬を他の統合失調症の人に勧めますか?
薬を飲み忘れたときにどうしてますか?
薬を飲み忘れたときにどう感じますか?
薬について十分知ってますか?
薬を止めたらどうなると思いますか?
薬を止めるのを試してみたことがありますか?

といったもの。

薬をちゃんと飲んでますか?」という当たり前の質問なら「YES」と返ってくるだけです。上記の質問は非常に有効なのではないでしょうか。僕もこれらを参考にして、質問のバリエーションをつけたいですね。

自分としては「お薬、どのくらい余ってますか?」「飲んでるといっても、100%とはいかないでしょ」など、変化をつけてみています。

医療現場の他の皆さんが、どんな聞きかたをしてるのか聞いてみたいですねo(^-^)o


« ジェネリック in USA | トップページ | 季節性うつ病 »

コメント

こんばんは。この前はレスありがとうございましたm(_ _)m

さて服薬確認を生業(?)としている私としても、服薬コンプライアンスのアプローチ方法には日々苦労しています。ストレートに聞くことができれば話は早いのですが、なるべく気分を損ねないように聞いてます。(当たり前ですけど^^;)
例えば「朝は忙しくて、つい忘れちゃいますよね」や「体調を崩して他の薬を飲んでいましたか?」など。あと病院や担当医のスケジュールと合わなかったとか、とりあえず最初は本人のせいにならないようなところから話を始めています。(病院と医師の先生方スミマセン!)
もちろん病識・薬識についても少しずつ説明しますし特に自覚症状のない疾患については検査値を分かりやすい言葉にして説明します。(診察時に先生に説明してもらったけどイマイチ分からないという患者さんが結構いるので)
急にアレコレしろと言っても消化不良を起こしそうなので、”少しずつ”知識を積み重ねるサポートを心がけています。まさに「継続は力なり!?」
残念ながら職業上「効いているか自分で止めてみたら?」とまで言える権限はないので、その辺はDr.の先生方にお任せしようと思います。

ある程度の信頼関係がないとツッコんだ話は難しいですよね。その点でプシコの患者さんの服薬指導は難しいと感じています。医師と患者さんの信頼関係に首をツッコむような感じで、せいぜい副作用が出てないかを聞くことくらいしかできずに「何やってるんだ~私…」と自己嫌悪に陥ることも。
医師としてプシコの患者さんへ薬局でどんなフォローをしてもらうと助かるとかありましたらぜひ伺いたいですね。

今回の内容も勉強になりました。私も早速仕事に生かしたいと思います。貴重な情報をありがとうございます!

つい私の専門の話だったのでかなり語ってしまいました。長い内容でごめんなさい!

PS 先日投稿された猫さんと名前がカブってしまってスミマセン!猫さんはNURSEさんのようですが、私cat×catはヒヨっこPharmacistです。これからもヨロシクお願いします☆

投稿: cat×cat | 2007年11月 1日 (木) 20:48

名前かぶりすいません。まだ来たばっかりで確認せずに名前つけましたもので。。

「お薬は役にたってますか」が好きですね。急性期いたときはよくそんな感じで聞いてました。
今は療養棟ですが、患者さんが状態悪くなったときに「薬のんでないでしょ?」とあっさりとしてました。「なんで病棟で服薬チェックしてるのに、いつの間に」ってな感じで、患者さんの考えに近づこうとしてませんでした。
聞き方しだいでいろいろ情報も入るし、自分を見直せました。

外来では大変ですよね。確認。

投稿: 猫 | 2007年11月 2日 (金) 14:45

>catxcatさん
おお!服薬確認のプロがいました(笑

気分を損ねないように、は大切ですけどストレートなのが分かりやすいかなと思ってます。まぁ「ホント、飲んでるの?」はアウトですけど(^-^;

「朝は忙しくて、つい忘れちゃいますよね」は現実的な話ですよね。「夜、薬のまずに寝ちゃうこともありませんか?」など生活に密着した内容は必要ですよね。

医師も薬についてなるべく話題にするものですが、薬剤師さんからのアプローチも心強いもの。きっと薬剤師さんは医師のカルテも見ずに患者さんに接するのは大変だろうな、とは想像いたします。それでも、複数の人からのアプローチは有効なハズ。いつも「お世話になってるな」と感じるものです。

ってなわけで、頑張って下さい!コメントありがとうございます!(^-^/

PS 当ブログはマタタビでも含有しているのでしょうかねw

投稿: satoru | 2007年11月 2日 (金) 15:11

>猫さん
いや、お二人ほぼ同時にいらっしゃったので問題ではないですよ。これを機に、ここでのHNは「ネコ関係しばり」に制限しましょう(嘘

「飲んでないでしょ?」は非常にストレートな聞き方ですよねw 薬剤師さんと違いNs&Drは患者さんとガップリ組み合って対応することが多いもの。だからこそストレートな表現が出てくることもあるのでしょうね。

病棟での対応によっては、外来でのアドヒアランス向上に大きく貢献するハズ。猫さんの対応も、患者さんの理解を深めることができていたのでしょうね(^-^b

投稿: satoru | 2007年11月 2日 (金) 15:11

>猫さん、satoruさん。

こんばんは。このサイトが魅力的なのはマタタビの香り付きだからなのですね(^_-)-☆!(爆)

普段は薬剤師onlyの職場なので、このようにDr.やNSの立場から見た服薬確認の話を聞くことができたのは、とても良かったです。
病棟で仕事する薬剤師さんなら結構ストレートに聞いているかもしれません。やっぱり患者さんと接している時間の差なのでしょうかね?
まだまだ遠いなぁ、薬剤師と患者さんとの距離…。(・_・)
(「だから医療ドラマに薬剤師って出てこないんだぁ~」←ずっと思っている私にとっての壁…。)
患者さんの機嫌損ねて何にも話さなくなって重大な副作用を見逃すのが怖いため臆病ネコになっています(涙)
患者さんも薬剤師も、ざっくばらんに話せる関係になれるように子猫pharmacistは前足を進ませようと思います!

NSの猫さん、satoruさん、これからも"NeCo-medical!?"としてヨロシクお願いします!

投稿: cat×cat | 2007年11月 2日 (金) 21:39

>catxcatさん
Drとしても、薬剤師さんとの交流を持つことは大切なことだと思い始めたところ。どうぞこれからも、薬剤師さんとしての立場からの感想やご意見をお聞かせ下さい♪

言われてみれば、ドラマや映画に薬剤師って少ないですね……。そのうち松嶋菜々子やキムタク辺りに薬剤師役をしてもらわなきゃですねw

投稿: satoru | 2007年11月 5日 (月) 11:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/8711883

この記事へのトラックバック一覧です: 服薬確認:

« ジェネリック in USA | トップページ | 季節性うつ病 »