« 液とアドヒアランス | トップページ | 目指せ単剤化part2 »

2008年1月18日 (金)

非定型の目覚め

外来で診ている統合失調症の患者さんの薬を、定型薬から徐々に非定型(主にリスパダール液)に置き換えるようにしています。

すると、それまで定型薬で落ち着いていた人でも、非定型にすることで良いことが沢山あります。「あたまがスッキリした」「活動的になれた」「人間としての心が戻ってきた気がする」などなど。定型薬に比べて再発率が下がることも期待できます。

しかし、外来で診ている患者さんから思わぬ感想が返ってきました。
「今までボーッとしていたけど、薬が変わったら頭がハッキリして現実が見えてきたら、現実が大変だと分かってきた。心配になった」

目覚め現象=アウェイクニング」と呼ばれるもの。認知機能の改善病的体験の消退・減少に伴って正しい状況認識が可能になった結果に生じる、不快感情や混乱、問題行動などのこと。

別の人でリスパダールの錠剤を液剤に変えたことで幻聴が収まったところ「幻聴が無くなって寂しくなった」と訴えた人もいます。これもひとつのアウェイクニングでしょうか。

先の例では、本人がもう少しボーッとしていたいと希望。医者としては不本意でしたが、一旦は定型薬に戻すことに。今後、改めて非定型に切り替えるにしても、本人が受け止められるだけゆっくりにする必要がありそうです。

 

そして、もうひとつ。
「リスパダール液を飲んだら親の仕事を手伝えるようになった。すると、手伝わされるので困る」

これにはびっくり。病気で仕事ができないという患者としての役割に慣れきってしまっていた結果なのか。これも徐々にことを進めなければいけないようですね。

どちらも、単純に考えれば薬物治療が成功したのは明らか。しかし、すごく考えさせられる内容でした(・_・)


« 液とアドヒアランス | トップページ | 目指せ単剤化part2 »

コメント

初めまして。いつもブログを拝見させてもらってます。コメントするのは初めてです。
私は、反復性うつ病です。
それで、精神科の先生のブログと言う事で読ませてもらってます。勉強にもなります。
私は睡眠障害もあるのですが、まったく眠れなくなった時に、リスパダールを処方された事があります。お薬110番で薬の検索をして、リスパダールが統合失調症の薬だと知り、ちょっとショックを受けた事があります。
ですが、劇的に眠れたんですよね。
薬って凄いな~でも、怖いな~と思いました。
これからも、ブログ楽しみにしています。

投稿: めだか | 2008年1月18日 (金) 19:29

>めだかさん
勇気を出しての初コメントありがとうございます(^-^)
どうぞ身構えずにコメントをどうぞ。大丈夫、怖くないですからw

不眠に対してリスパダールを処方されて驚いたとのこと。確かに驚くかもしれませんね~。ベンゾジアゼピンをどんどん増やしても眠れないとき、違う系統の薬ということでメジャートランキライザーが用いられることがあります。その中で認知を妨げず、副作用が少ないリスパダールはひとつの選択肢だと思いますよ。
そして、私も処方することがあります。

「リスパダール液と睡眠」という記事でも扱ってますのでよろしかったらご参照下さいね。
http://pshycho-memomemo.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_37da.html

では、どうぞこれからもよろしくお願いします(^-^/

投稿: satoru | 2008年1月18日 (金) 20:23

こんばんは。
今回の記事も本当に勉強になりました。というのも、「病気が治れば患者さんがhappyになる」と思っていたから。もちろん、病気から回復することは患者さんも我々医療人も願っていることですが、ただ治れば良いってものでもないですよね(^_^;)私は「QOLの向上を」というスタンス(?)で仕事に臨んでいますが、もしかしたら患者さんと医療人の考えるQOLって微妙にズレていたりするのかな?って思いました。単に”病状が回復した=lucky!”ってワケにはいかないですね(・・;)
Pharmacistとして患者さんへの接し方をもっと深く学ぶべきだと思いました。私も、頑張ろ!o(゜_゜)o

投稿: cat×cat | 2008年1月20日 (日) 21:47

>常連のcat×catさん
いつもコメントありがとうございます。
「勉強」というものではありませんよね。でも、すごく考えさせられました。しばらくは「アウェイキングかぁ……(-_-」と悩んじゃいましたね。
患者さんがハッピーになるために、病気自体の改善という方向性に間違いはないのでしょう。ただ、その途中過程にはイロイロなことがあることを理解していないといけないのでしょうねぇ。
アウェイクニングの向こうに、患者さんの真のハッピーがあると信じて、彼らを応援していきたいと思ってますo(・_・)o

投稿: satoru | 2008年1月21日 (月) 16:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/9168255

この記事へのトラックバック一覧です: 非定型の目覚め:

« 液とアドヒアランス | トップページ | 目指せ単剤化part2 »