« セロトニン受容体のサブタイプ | トップページ | 自分の万能感を疑え »

2008年2月22日 (金)

目指せ単剤化 partゼロ

目指せ単剤化part1」の続きとして「目指せ単剤化part2」を書きましたが、今回はその前の話。

2006年10月の患者リストを引っ張り出し、そこに記されている薬剤の種類をカウントしてみました。

2006tanzai_2

1剤:11.1% 2剤:51.1% 3剤:22.2% 4剤:13.3% 5剤:2.2%

うわぁ、たったの11%。従来型から新規型へと漸減・漸増法で切り替え始めている人がいたので、そのため低まっているハズ。それにしたって低かったなぁ(-_-;

この間も報告したように、先月の時点では

2007jantanzai_2

1剤:56.8% 2剤:25.0% 3剤:18.1%

この1年3か月ぐらいで随分と単剤化が進んだものです。まだ数字にしてませんが、今月はもう少し上がってるハズ。さらに頑張ってみますo(・_・)o


« セロトニン受容体のサブタイプ | トップページ | 自分の万能感を疑え »

コメント

こんにちは!
このシリーズ(?)にパートzeroがあったとは(^v^)
2年前に4剤・5剤の患者さんもいて現在はMAX3剤ということでしょうから単剤化計画は成功していると思いますよ。
やっぱり少ない薬剤数でコントロールできるのであれば、服薬するのもラクだし相互作用や副作用の発見もしやすくなりますからね。
それと単剤そのものの服薬回数や服薬時点もコントロールに影響しますね~。1日1回なら忘れずに飲めるという人もいれば食事のたびに薬を飲まないと不安になるという人もいますので、その人のライフスタイルと薬の薬効持続時間なども加味して薬剤をchoiceできるといいですね。
これからもsatoruさんの単剤化計画が進みますよう、陰ながら応援させていただきますね(^^♪

投稿: cat×cat | 2008年2月22日 (金) 14:25

Before-Afterのギャップを大きくしようと思って過去にさかのぼってみました。

単剤化はそれからも進んでますよ~。以前から、コツコツと整理してきていましたが、いよいよ整理がついてきた人が結構出てきました。もう既に65%を超えてます♪

おっしゃるように種類が少なければ副作用について、そして効果についても判定がしやすいですからね。

服薬回数についての話が出ましたが、それも気をつけて見ました~
http://pshycho-memomemo.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_d0f4.html

では、また報告させて頂きます(^-^/

投稿: | 2008年2月22日 (金) 16:26

初めまして。
単剤化について、今ハヤリですよね。

http://ameblo.jp/kyupin/archive1-200802.html

上のブログを御存知でしょうか?
Kyupin先生は、独特の薬物調整をする方みたいですが、単剤化についても(とくにリスパダールについて)独特の考えをお持ちみたいで、読んでて、なんか説得力あります。一度、のぞいてみてください。面白いですよ。

投稿: たか | 2008年2月24日 (日) 15:33

>たかさん
初めまして♪そして、初コメントありがとうございます(^-^)

Kyupin先生のブログは以前にも拝見したことがあります。改めて拝読しましたが「多剤併用肯定派」なのですね。

この手のタイプの医者はよくいます。一生懸命で真面目に取り組んでいる姿勢は非常に好感が持てますね(^-^b
しかし、この手の調整を私は否定します。これを語るのは非常に難しいんです(>__<;

投稿: satoru | 2008年2月24日 (日) 21:25

>たかさん
頂いたコメントがきっかけで、臨時に記事を書いちゃいました~。ちょっと長文(^-^;
http://pshycho-memomemo.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_9ecc.html
いずれは書かなきゃいけないと思っていた内容。プシコ・メモメモの核心とも言える記事かもしれません。
そんなこんなでどうぞこれからもお付き合いのほどどうぞヨロシクお願いいたしますm(^-^)m

投稿: satoru | 2008年2月24日 (日) 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/10342440

この記事へのトラックバック一覧です: 目指せ単剤化 partゼロ:

« セロトニン受容体のサブタイプ | トップページ | 自分の万能感を疑え »