« 自分の万能感を疑え | トップページ | 各受容体と抗精神病薬 »

2008年2月28日 (木)

ブロナンセリンの製造承認

 新規抗精神病薬として大日本住友製薬でブロナンセリンが開発され、商品名ロナセンとして製造承認が降りたとのこと。

 抗精神病薬としてSDAセロトニンドパミン・アンタゴニストがあります。これは、ドパミン受容体よりも強くセロトニン受容体を遮断することで副作用であるEPSを抑えることに成功したもの。

 しかし、ブロナンセリンはSDAではなく「DSA」とのこと。って、こんな言葉は会社側が勝手に作った言葉ですね(^-^;

 セロトニン受容体よりも強くドパミン受容体を遮断するとのこと。データを見せてもらうと「ものすごくドパミン!!(・_・;」な薬でした。文字で言うなら……

DSA

……ってな感じ。(この表記はあくまでイメージですw)

 しかし、それでもハロペリドールなどに比べて、比較的EPSは少ないのではないかと言います。う~ん、全く理屈になってません。理屈だけだとEPSは多そうなものなのに(-_-)

 あと、MRさんから教えてもらった小さな情報としては……

 そして、脂溶性であり食後に服用する必要があるとのこと。じゃないとガクンと血中濃度が下がるそうな。眠前に飲めないのは残念。

 リスペリドン換算4対1だとか。8mgを2回/日に分けて開始し8~16mgを維持量とし、1日24mgまで。

 発売は2008年5月頃になる見込み。先に申し上げておきますが、新しく発売されたからといって私は飛びつきません。十分にメリットが分からない薬を、興味だけで処方することは慎むべき行為。
 まずは論文などでデータを見て、患者さんにとって有益と判断してからにしたいと思います。となると、まずは他剤で治療が難渋している方に提案するところからになるでしょうか。


« 自分の万能感を疑え | トップページ | 各受容体と抗精神病薬 »

コメント

こんばんは。以前、エビリファイの勉強会に参加した時にいずれはDSAが出てくるという話がありました。そんなにガッチリとドパミンを遮断するとEPSは気になりますねぇ~(・・;)
なんかウマいカラクリ(?)でもあるんでしょうかね?(あ、あとで調べてみよっと)
そうそう、新薬の処方で気をつけなければならないことが!ご存じの通り薬価収載されて1年間は最大14日までしか処方できません。もともと長期処方で出ている患者さんに対しては必殺(!?)の倍量投与でクリアしてるDr.もいらっしゃいますが、14日にとらわれていると1日量がスゴイことになってしまうことが(+o+)
こちらでは「気持は分かるんだけど、たぶんムリだよね~」としぶしぶ疑義照会したこともあります。
1年超えれば日数制限がはずれるし、ある程度のデータも集まるので病院によっては新薬の採用を発売1年は控えるところもあるようです。
現場で使用することがありましたら、効果の程をぜひお知らせくださいね(*^^)v

投稿: cat×cat | 2008年2月28日 (木) 22:35

>catxcatさん
メーカーさん側はEPSは少ないんじゃないか、と言います。しかし、噂ではEPSは出るそうです。出ると考えるのが当然でしょう。噂程度の情報しかありませんが、セロトニンもコリンも殆ど関係ないのですから(・_・
しばらくは14日までの投与ですね。倍量処方は私もしてしまいますが、できるだけ避けたいものです。4月以降は睡眠薬の多くが1ヶ月処方できそうな見込み。これを機に倍量処方をゼロにしたいと思ってます。
というわけで、4月以降の倍量はどんどん疑義照会してあげて下さいね(^-^/

投稿: satoru | 2008年2月29日 (金) 12:31

DSAですか・・う~ん、EPSが少ないとのうたい文句は根拠が分かりませんね┐(´ε`)┌
 "セロトニン遮断効果が高いためにEPSが少ない"というのがSDAの売りだと理解していましたが・・
cat×catさんがおっしゃる様になにかカラクリがあるのでしょうね('-';

投稿: ポン | 2008年2月29日 (金) 20:50

>ポンさん
「┐(´ε`)┌」の顔文字にポンさんのお気持ちが反映されている様に思えるのは気のせいでしょうか。
発売元は多剤併用時代を作り上げたとも言えるあの会社……ということで「眉ツバ」ぐらいの慎重な姿勢で情報を待とうと思ってます(・_・)

投稿: satoru | 2008年3月 1日 (土) 09:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/10450161

この記事へのトラックバック一覧です: ブロナンセリンの製造承認:

« 自分の万能感を疑え | トップページ | 各受容体と抗精神病薬 »