« 認知症の難しい講演(>_<; | トップページ | 慢性疼痛の3分類 »

2008年3月20日 (木)

睡眠薬の処方日数

4月以降、診療報酬改定に伴い、処方の日数制限が変わるものが出てくるとのこと。これまで14日までしか処方できなかった薬の殆どが30日分まで処方できるようになります。そこに挙げられていたのが以下の薬。

・トリアゾラム(ハルシオン
・ゾルピデム(マイスリー
・ロルメタゼパム(ロラメット
・ブロチゾラム(レンドルミン
・フルニトラゼパム(ロヒプノール、サイレース
・エスタゾラム(ユーロジン
・ニメタゼパム(エミリン
・クアゼパム(ドラール
・フルラゼパム(インスミン、ダルメート、ベノジール
・ハロキサゾラム(ソメリン

ん?クロラゼプ酸カリウム(メンドン)の名前が無い気がします。これだけは14日制限を受けたままになるのでしょうか。だとしたら、なぜコレだけ残したのでしょうか。普段、全く処方してないので関係ないけど、疑問(・_・;

そして、以前から引き続きですが、30日より沢山の日数分、処方可能なのは以下の薬。

90日処方の制限
ジアゼパム(セルシン、セレナミン、ソナコン、ホリゾン)
ニトラゼパム(ネルボン、ベンザリン)

マル向の指定無し
ゾピクロン(アモバン)
ニメタゼパム(リスミー)
フルトプラゼパム(レスタス)
フルタゾラム(コレミナール)
メレックス(メキサゾラム)
エチゾラム(デパス、バランチン、パルギン)
タンドスピロン(セディール)
トフィソパム(グランダキシン)
ヒドロキシジン(アタラックス、アタラックスP)
ガンマオリザノール(ハイゼット)

ってな感じ。基本的に、発売1年以内の新薬(+メンドン?)以外は14日に縛られる必要性が無いようですね(^-^)


« 認知症の難しい講演(>_<; | トップページ | 慢性疼痛の3分類 »

コメント

私にとって朗報です。2週間に一度の通院が延ばせます。助かります。
良かった~^^
いつも、良い情報を有難うございます。

投稿: めだか | 2008年3月20日 (木) 20:48

>めだかさん
通院の感覚をのばせば、通院の負担は減ります。しかし、細かな調整はできなくなります。メリットとデメリットの両方がありますから、間隔を実際にのばすかどうかは主治医とよ~く相談して下さいね(^-^)

投稿: satoru | 2008年3月20日 (木) 23:28

こんばんは。
4月からは「通院精神療法の適正化」ということで一定の期間、症状の安定性が予見できる患者に対して14日制限の向精神薬および麻薬が30日まで処方が可能になります。(とは言っても、倍量で処方書いて間違って飲まれたら大変!という問題を解消するためなのかな?って気もしてきました(^_^;)事実、行政は「処方箋と医師指示が異なる場合は薬歴にその旨を記載すること」と言って倍量を認めるようなこともありましたからね)
そしてsatoruさんの疑問であったメンドンですが、ここ最近はお目にかかってないものの以前は取り扱ったことがあるし私とちょっとした共通点があったので(さ~て何でしょう?(^^♪)気になってメーカーさんに問い合わせてみました。きっと複雑な理由でもあるのかな?と聞いてみたら…
『いや、特別な理由はないですが4月以降も14日制限のままです』との返答。
え?そうなの?という感じで結局のところメンドンは来月以降も14日のままです。(まさか申請忘れただけじゃないよね?(^_^;))
satoruさん自身は処方しないようですが、他のDr.から聞かれたら、そう答えてあげてくださいね(*^^)v

投稿: cat×cat | 2008年3月21日 (金) 22:01

> cat×catさん
引っ越しに追われて、しばらくタイマーで記事をアップして放置したました(^-^;
なんと!メーカーさんに聞いてくれましたか!
しかし、理由は分からずw
コメントに頂いた様に、倍量処方が無くなるのはうれしいことですね(^-^)

投稿: satoru | 2008年3月24日 (月) 12:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/11491133

この記事へのトラックバック一覧です: 睡眠薬の処方日数:

« 認知症の難しい講演(>_<; | トップページ | 慢性疼痛の3分類 »