« 長谷川式簡易知能スケール | トップページ | 新規型とCYP »

2008年4月19日 (土)

統合失調症のDUP

イーライリリーの冊子「MARTA」に、発症してから薬物治療を始めるまでの期間(精神病未治療期間)=Duration of untreated psychosis(以下DUP)についての記事がありました。

統合失調症では、DUPが短い方がいいらしいです。

知ってました。いや、「なんとなく思っていました」が正確でしょうか。しかし、最近ではそれが断言できるだけのエビデンスをもって語られているとのこと。やっぱりそうでしたか。

Crow T.らの報告によれば……
DUP1年未満の患者群と1年以上の患者群とを、2年後の再発率で比較してみた。するとDUPが1年未満の方が優位に再発率が低かった
……とのことでした。

その他の報告でもDUPが1年未満だと、その後の経過がより良いとのこと。

Marshallらが6ヶ月後と12ヶ月後を調べた報告では……
DUPが長いほど臨床症状全体的機能QOL社会機能が悪く、寛解に至りにくい
……とのことでした。

統合失調症は早期に治療を開始した方がいいのは間違いないようです。

そして日本におけるDUPの平均は13~14ヶ月だとか。1年より長いですね。これを短くできないか、というのが最近の話題ですがなかなか難しい様です。

統合失調症が疑われる人が身近にいたら早めに病院に行かせるようにしましょう。そして、統合失調症について一般の方々にも広く知ってもらう努力をした方が良さそうです。機会があれば、どこかで講演してみたいものですね(^-^)


« 長谷川式簡易知能スケール | トップページ | 新規型とCYP »

コメント

こんばんは。
DUPという言葉は初めて聞きましたが、早期発見・早期治療という面においてはどの疾患にもあてはまると思います。その疾患に気がつくのは本人だけではなく周りの人達だったりすることもあるので、統合失調症に限らず心の病全般への理解が必要になってくると思います。(当の本人はそれどころじゃなかったりもしますから(^_^;))
一人でも多くの人に疾患について理解してもらい、一人でも多くの人を早く治療できるような世の中になるといいですよね(^^♪

投稿: cat×cat | 2008年4月19日 (土) 23:44

時間が経てば障害が残りやすくなりますが、治せば治る疾患ですから早く治療を開始したいものですね。
病院に来てからは私たち医療者が頑張るところ。あとは「早く」病院にきて頂くことなのでしょう。さて、どうしたものやら……

投稿: satoru | 2008年4月20日 (日) 10:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/20068180

この記事へのトラックバック一覧です: 統合失調症のDUP:

« 長谷川式簡易知能スケール | トップページ | 新規型とCYP »