« 同調の3パターン | トップページ | リフレーミング »

2008年5月 2日 (金)

空腹×ロナセン=駄目

以前にルーラン空腹時だと血中濃度が半分になることを「空腹×ルーラン=駄目」で書きました。今回は、その続きのようなお話。

2008年4月に発売されたばかりのブロナンセリンロナセン)について読んでみると……

空腹時食後でブロナンセリンの血中濃度を比較すると2.7倍近くの差があるとか。空腹時には血中濃度が下がるんです。

なんですかそれは!(驚

Blonanserin_burger 統合失調症不調なときには、食事が乱れることがあります。幻覚・妄想が強いときには食事を摂れないことがあります。昏迷に陥ったときなんて殆ど食事がとれません。そして、ブロナンセリンはそんなときほど血中濃度が下がるということでしょうか。

そして、不調時に追加する屯用にも使えません。屯用は殆ど空腹時ですから。

さらに、眠前にも使えません。副作用報告を見れば眠気はそれなりに出そうな薬なのに。

空腹時に飲むと血中濃度が37%程度に落ち込むというのは、思った以上にネックになりそうです(>_<;


« 同調の3パターン | トップページ | リフレーミング »

コメント

こんにちは。

2月にお話のあったDSA(SDA)が発売されましたね(^v^)まだロナセンの勉強会に出ていないのでメーカーさんの話は聞いてないですが、食事による影響とCYP3A4に対する相互作用に気をつけなければいけないですね。
気になる錐体外路障害の実際の頻度も気になるところです(-_-)
あとは維持量へのdose upが上手くいくのかも気になりますね(急に上げて結局飲めなくなったらイタイ(+o+))
new comerなのでまだ出くわしてないですが今後の実績(SEも)に注目したいですね。

投稿: cat×cat | 2008年5月 8日 (木) 18:02

おっしゃるように代謝酵素はCYP3A4みたいですね~。さすがにチェックが早いですね(^-^b
そしてドパミンがメインですので錐体外路障害は気になるところです。Lose BindingかTight Bindingかにもよりますよね。
new comerですので情報が集まるのを静観したいところですね(^-^)

投稿: satoru | 2008年5月 8日 (木) 19:30

統合失調症患者です。軽い方だと思います。
今まで、リスパダール、ジプレキサ、ルーラン、セロクエル、エビリファイを飲んできましたが、いまいち効果が得られなくて、先週ロナセンに変薬になりました。

空腹時がだめなんですね。主治医の先生からは、食後に飲んでくださいねと言われたのはそのせいなんですね。

確かに、幻聴幻覚妄想などがひどいときは、食事も取れません。そんなとき、ロナセンはあんまり活躍してくれそうもないのですね。

投稿: ゆ | 2008年6月15日 (日) 20:07

>ゆさん
ロナセンの場合は食後に摂るようにしなければいけません。そこは気をつけましょう。
イロイロと試された様ですが、リスパダールは液を試されてますか?そこは是非「液の原液服用」を試してみたいものですね(^-^)

投稿: satoru | 2008年6月15日 (日) 21:08

satoruさん、お忙しい中コメントありがとうございます。
リスパダール液は、寝る前に飲んでいたことがあります。寝つきが悪いので、処方されていたんだと思います。
調子が悪くなって実家に帰ってきてから、主治医の先生が変わって、リスパダール液からリスパダール錠に変わりました。ロナセンも飲んでいるのですけど、リスパダールも飲んでいるのです。

投稿: ゆ | 2008年6月16日 (月) 12:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/20709731

この記事へのトラックバック一覧です: 空腹×ロナセン=駄目:

« 同調の3パターン | トップページ | リフレーミング »