« アルコール依存をチェック! | トップページ | 内的現実と外的現実 »

2008年6月 1日 (日)

7つの質問

コーチング入門」の中に7つのタイプの質問について書いてありました。

 医師、その中でも特に精神科医は、相手に質問することが多いもの。なんとなく質問を使い分けてるつもりでいます。しかし、体系立てて質問の種類性質を理解しておくと、より合目的的な問診ができそうですね(^-^)

1) Yes/Noで尋ねる質問

 事実関係相手の意思明確にするのに有用です。「薬は飲んだの?飲まなかったの?」「薬で治療する気はあるの?」といった具合。まさに明確

2) Yesを引き出す質問

 念押し確認の効果を狙います。「薬、ちゃんと飲めますよね?」といった具合。このバリエーションとして、許可を取る質問があります。「アドバイスを聞く準備はありますか?」や「ちょっと話していいですか?」と、相手に聞く姿勢を作ってもらう質問です。

3) Noを引き出す質問

 意図する方向に導くものです。「いくらあなたでも、毎日薬を飲むのは無理だよね?」 いや、無理かと聞かれたら無理ではないかな……みたいな?

コーチング入門 (日経文庫) Book コーチング入門 (日経文庫)

著者:本間 正人,松瀬 理保
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

4) 自由回答意見を聞く質問

 基本的に、選択肢の無い質問=オープンクエスチョンが望ましいもの。本人なりの表現で気持ちを確認します。「薬について、どう思ってますか?」や「これから薬物治療をどうしたいですか?」といった具合。

5) 自由回答で事実を尋ねる質問

 事実について本人の表現で教えてもらいます。詳細を知るのに必要です。「薬を飲んでいて、この1ヶ月はどうでしたか?」といった具合。

6) 選択肢を選ぶ質問

 特にオープンクエスチョンは、相手にしてみると答えを考えるだけ負担がかかります。特に答えづらい質問では言葉につまってしまうもの。そんなときに選択肢を用いると有効です。「薬は増やしたい?同じにしたい?減らしたい?

7) 数字で答える質問

 スケーリングと呼ばれます。Yes/Noで終わらず、その程度を知ることができます。「薬を飲めたというけど、何パーセントぐらい飲めました?」や「薬が効いたと言いうのは、症状は何割くらいになりました?」といったもの。

 

 これを意識して使い分ければ、結構な質問名人になれそう?w コーチング、なかなか深いですね(^-^)


« アルコール依存をチェック! | トップページ | 内的現実と外的現実 »

コメント

こんにちは!

私も職業柄「質問名人」になりたいものです(*^_^*)いくつかの本や雑誌で「クローズクエスチョン」「オープンクエスチョン」などを知って現場で取り入れています。あとはコーチングの講習で習ったタイプ別の話し方。「コントローラー」「プロモーター」「サポーター」「アナライザー」の4種に分けてそれぞれの特徴を踏まえた接し方を教わりましたね(^^
この『コーチング入門』面白そうですね!見かけたら読んでみようと思います!(^^)!

投稿: cat×cat | 2008年6月 4日 (水) 18:13

タイプ別の話し方については知りませんでした。またどこかで読むこともあるかな。
人と接することがある以上、コーチングは身につけてくと役立つことが多いもの。私自身、身に染みこませていきたいものです(^-^)

投稿: | 2008年6月 4日 (水) 19:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/20714862

この記事へのトラックバック一覧です: 7つの質問:

« アルコール依存をチェック! | トップページ | 内的現実と外的現実 »