« リス液と口腔粘膜 | トップページ | 水中毒 »

2008年6月12日 (木)

うつ病とビール酵母

よく、健康のためビール酵母を飲んでます。「ビール酵母」という商品名だったり、アサヒなら「エビオス」だったり。

含まれている栄養素を改めて見てみると「トリプトファン」の文字を発見。これは体の中では合成されず食事などで摂取しなければいけない「必須アミノ酸」の一種。そして、うつ病パニック障害などで欠乏していると考えられている「セロトニン」に素になるものです。

キリンのビール酵母 900粒 Health and Beauty キリンのビール酵母 900粒

発売日:2002/09/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

トリプトファンが多く含まれている食品としてバナナが有名です。バナナ1本約200mgの中に含まれているトリプトファンは約20mg。キリンのビール酵母の栄養成分表示を見ると1日量(=30錠)の中に含まれるトリプトファンは26mgだとか。結構、いいのかもしれません。

うつ病ではセロトニンと同時に「ノルアドレナリン」が欠乏していると言われます。この素になるのが「フェニルアラニン」。これも含まれてます。(その量については、必要量や食事との比較などの数字が分からないので割愛)

一般的にビール酵母は健康に良いものですが、うつ病に於いてもオススメできそうですね。自分が飲むのも、体のためだけでなく「脳のため」だと思えばモチベーションがちょっと違ってくるかも?(^-^)


« リス液と口腔粘膜 | トップページ | 水中毒 »

コメント

アサヒのエビオスですね。
飲みます。セロトニン摂取ができるんですね~
いい事を聞きました!!
ありがとうございます。

投稿: めだか | 2008年6月20日 (金) 19:02

こんばんは。

ビール酵母が健康に良いのは知っていましたが飲料であるビールの底にたまったものであるとは知らなかったです(^_^;)普段、食品として利用しているものの副産物(?)が体に良いのを考えると「豆腐とおから」の関係に似ているのでしょうかね?(^v^)トリプトファンはセロトニンの原料でチロシンはドパミンを経由してエピネフリンになりますね。(テストで生合成の過程を書かされたものです( ..)φ)
他にもアミノ酸を効率よく含んでいる食品として牛乳がありますが、気分を落ち着かせるような効果から"ナイトミルク"という言葉もあるくらいです。名前の由来は眠気を誘う「メラトニン」の仕業らしいので、ちょっとハズれましたかね(^_^;)
ビール酵母は生成される過程でアルコール分が飛んでしまうためお酒に弱い人でもOKだそうです。私でも飲めそうなのでチャレンジしてみたいと思います(^^♪

投稿: cat×cat | 2008年6月22日 (日) 21:08

>めだかさん
脳内のセロトニンに直接関係するかは分かりませんが、理論上は良さそうです。そして、痛風でもなければ、そう悪いことは無さそう。ぜひ試してみてください(^-^/

>cat×catさん
なかなかリサイクル精神にあふれたサプリメントですね。ああ、生合成について学生時代に勉強した気がしますが、すっかり忘れてますね~
おっしゃるようにミルクもいいですよね^-^

投稿: satoru | 2008年6月23日 (月) 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/10405288

この記事へのトラックバック一覧です: うつ病とビール酵母:

« リス液と口腔粘膜 | トップページ | 水中毒 »