« 認知症の簡便な評価 | トップページ | アメリカにお出かけ »

2008年7月14日 (月)

統合失調症と親孝行

講演を聞いていたら、東洋英和女学院の教授&横浜クリニック院長の山田先生が、昔にしたアンケートの話が出てきました。

病棟に長期入院している統合失調症の50名に「生きがいは何ですか?」と聞いて、紙に書いてもらったそうです。

すると45人が「親孝行」と書いたとのこと。

統合失調症で入院だけの生活を送ってる人にとって家族、特に親の存在は大きいものなんですね。


« 認知症の簡便な評価 | トップページ | アメリカにお出かけ »

コメント

親孝行したい時には親は亡し状態の私ですが、統合失調症の患者さんが一番生き甲斐にしている事ということに私は驚きました。

投稿: あかね | 2008年7月15日 (火) 09:14

>あかねさん
あまり日頃は意識してませんでしたが、統合失調症で長期入院している人にとって家族の存在って大きなものなんですね。う~ん、病気じゃなくても親がいるなら改めて考えてみるべきなのかもしれませんね(・_・)

投稿: satoru | 2008年7月15日 (火) 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/20506433

この記事へのトラックバック一覧です: 統合失調症と親孝行:

» 親孝行 [お道と臨床と〜心づくりのたね〜]
統合失調症と親孝行 -Satoruさんのブログ『プシコ・メモメモ』からの引用です. 講演を聞いていたら、東洋英和女学院の教授&横浜クリニック院... [続きを読む]

受信: 2008年7月26日 (土) 22:51

« 認知症の簡便な評価 | トップページ | アメリカにお出かけ »