« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

オランザピンは太る?

統合失調症の治療薬であるオランザピン(ジプレキサ)は副作用として体重増加があります。もちろん全員が太る訳ではありません。

発売元のイーライ・リリー社の方からうかがった話や講演で聴いた話では、有害事象としての肥満報告は数%に過ぎないとのこと。ちょっとその「数%」の数字を忘れてしまいましが、私の臨床的な感覚とは大きく違う数字でびっくりしたことは覚えています。

なぜ、それだけのギャップが生じているのでしょうか。ひとつの説として……
副作用として報告される率 ≠ 体重増加が生じる率
……が、私としてはとても納得できます。

体重が増えても、患者さんが医者に言わなきゃ数に入りません。医者が聞いても、それが問題だと感じなければ数になりません。問題だと思っても製薬会社に報告しなきゃ数になりません。

じゃあ、実際にはどのくらいので肥満が起きるのでしょう。

福島で行われた多施設研究で、オランザピンを外来で142例に使用した報告を読みました。その論文の主旨としては、オランザピンが患者のQOLを改善する、というもの。私個人として興味深かったのは、投与前後の体重が測定されていた90例について書かれていた内容でした。

90例のうち……13例10kg以上の増加、27例5kg以上10kg未満の増加、19例5kg未満の増加、31例不変or減少……とのこと。
グラフにするとこんな感じ。

Zyp_01_3   

上のグラフが細分化されててピンと来ないので、あえて項目を減らしてみるとこんな感じ。

Zyp_02_2

太るか太らないか、と言われれば「太る」でしょうか。

計算機を叩くと
44.4%5kg以上の体重増加。
14.4%10kg以上、体重増加。
という数字。

もちろん、この論文は体重について扱うのがメインではないので、そればかりを見てもいけませんが「参考」にはなります。そして、オランザピン関連の他の論文を読んでも、近い数字です。

私なりの結論としては、オランザピンは体重増加を来しやすい薬であり、それは決して軽視できない、といもの。他人の体重について気にしない精神科医が結構いますが、とんでもないことです。

これを読む中に、オランザピンを服用している人もいらっしゃるかもしれません。実際に体重が増加してなければ、過剰に不安がる必要はありません。服薬を中断して統合失調症そのものが悪化することの方が何倍も危険です。主治医とよくご相談下さい。

オランザピンは統合失調症の治療効果自体は十分に良くEPSが少ない薬です。使うのであれば、長所をしっかりと引き出し、体重や血糖、コレステロールに注意して使いたいものですね(^-^)

| コメント (7) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

欲求の5段階

本を読んでいたら、人間の基本的な欲求5つのことが書かれていました。アメリカの心理学者アブラハム・マズローによる分類です。

1)生理的欲求
 食欲や性欲、睡眠欲など

2)安全への欲求
 危険から身を守ろうという欲求

3)所属と愛の欲求
 集団に属したり、愛情や友情を求めたり

4)承認の欲求
 人から認められたい、自尊心を満足させたい

5)自己実現の欲求
 自分の可能性を実現させたい

 これは順番に段階を経ていくと考えられています。生理的な欲求がある程度満たされた後に、自分の身を守ることを考えるもの。そしてそれらが保障されたところで集団や家族を求めるようになり、さらには認められたいと思うもの。そして、自己実現を目指すのです。より高いレベルの欲求を抱けるように頑張りたいもの。

 これは学入試センター試験にも出題されたことがあるとか。覚えてみたいと思います。というわけで語呂合わせ。かなり過激な内容になってしまったことを、あらかじめお詫び申し上げます(^-^;

高い方から低い方へと順に……
自称処女は、安全日でも『生理なの』
……でいかがでしょう。

(自己実現)(承認)処女(所属と愛)は安全日(安全)でも生理なの(生理)

そして、アブラハム・マズローは「脂ハムはマズそう(>_<;」でOK?

これでバッチリですね♪(^-^b

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

醤油ボトル

外来患者さんの中には、こだわりが強くて日常生活に支障を来している人がいます。今回は、どうしても洗剤を使いすぎてしまう統合失調症の方の話。普通に洗いものをしていると、一日で洗剤を一本使い切ってしまうのだとか(・_・;

そこで、お母様が考えたのが「醤油ボトルを使う方法」。

醤油などのミニボトル

お母様がこれに使って良いと決めた量の洗剤を入れて渡すのだとか。本人は許可された量で、心おきなく洗いものに没頭できます。そして、普通の人が使う量より多いけれど、それでもずっと少なくて済むことになります。

この方法なら、手洗いが激しい洗浄強迫強迫神経症の人にも使えるかも。ハンドソープを入れて、「この量で我慢する」という風に区切りを作れるかも。

こだわり系」の方々の治療のヒントになるかもしれませんね(^-^)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

BPDの予後

境界型人格障害(Borderline Personality Disorder、以下BPD)の予後について白波瀬丈一郎先生の講演の中で話が出ていました。

BPDの人が、その後どうなるのか。本人も家族も心配するところです。そして、計算通りには進まない治療に医療者も無力感を覚えて不安になるもの。さて、どうなんでしょう(・_・)

Zanariniらの報告によれば、2年後には34.5%が、BPDの診断基準を満たさない程に改善したとのこと。4年後には49.4%が、6年後には68.6%がBPDの診断基準を満たさない程に改善していたとのこと。

BPDを治療していく間、計画通りにならないことだからけ。むしろ、計画通りにならないことが予定通りと思った方がいいのでしょう。そん中、医療者も患者も家族も「頑張っていれば、いずれ良くなる」と思えば治療を頑張りやすいことでしょう。

医者は「あっち方向に進もうと頑張ることが治療ですよ」と指を指し続ける役として、地道に付き合うことが治療なのでしょうかね(^-^)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

BPDの親

白波瀬丈一郎先生の講演の中で、境界型人格障害(Borderline Personality Disoreder、以下BPD)の親についての話がありました。

BPDのには、様々な人がいます。その性格や生活に明らかな問題がある人もいれば、普通としか思えない人もいます。本人に対する態度も様々で、過干渉だったり過保護だったり無関心だったり攻撃的だったり。

そこで白波瀬先生がおっしゃるのは「親を悪者にするな」とのこと。

我が子がBPDになったことについて、親は何らかの形で傷ついているもの。自分の育て方が悪かったのではないか等と不安を抱いているものです。

親の態度や行動に問題があれば、場合によって修正を試みるのも治療でしょう。しかし、責めてもしょうがありません。親だってついているのでしょうから、支持的に接するべきなのでしょうね(・_・)

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »