« 精神科専門医の受験申込 | トップページ | 日本はたったの55% »

2008年9月30日 (火)

手首自傷の代用

リストカットをする患者さんがいます。それも繰り返し。ひとつの行為依存(プロセス依存)と言えるでしょう。

リストカットについては様々な考察が行われおり、「緊張弛緩」で説明を試みたものを聞いたことがあります。刃物を手に切ろうとする際の緊張感から、事が終わったあとの弛緩に移行する過程に心地よさを感じてしまうのだろうというもの。

これは梱包用のプチプチをつぶすあの行為も似てます。ギュッと押して圧力が高まったところから、プスッと空気が抜けるあの感覚が共通しています。さらに性的な例を出せば、性的興奮が高まって、そこから開放されるオーガズムにも共通点があると言えるでしょう。

ムゲンプチプチ ホワイト

性的行為は生活を乱す点でリストカットの代用としてはお勧めできません。しかし、梱包用のプチプチだったら、時間もまぎれて代用としてお勧めできそうですね。

私はさらに別のことを提案することがあります。手首に輪ゴムを巻いて、これをググ~ッと引っ張って、パチンッと放すというもの。緊張弛緩が手首で味わえます。リストカットの完全な代用とはいきませんが、試して損はないでしょう。

キョウワ 輪ゴム・100g44.5mm. ♯18-100G

ってなわけで、この間の外来で患者さんに提案してみました。すると……

「そんなことしたら痛いじゃないですか」

……オイオイ、何を面白いことを言ってるんですか。手首を切る人が輪ゴムの痛みに文句をつけるとは(笑

手首を切る際に、いくらか意識を遠のかせる「解離」をしている人がいます。その感覚のためにリストカットを好んでいるとも考えられます。どうせ解離するなら、輪ゴムでしといた方がいいのに。

ですから、以前に治療していた患者さんに、治療が進む中でこんなことを言われたんです。

「最近、手首を切ると痛いんです」

切って痛いのは当たり前でしょ(笑) 治療が進んで解離しなくなったんでしょう。解離せずにちゃんと物事と向き合える方が人間として素敵なこと。応援したくなりますね(^-^)


« 精神科専門医の受験申込 | トップページ | 日本はたったの55% »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/22708508

この記事へのトラックバック一覧です: 手首自傷の代用:

« 精神科専門医の受験申込 | トップページ | 日本はたったの55% »