« 統合失調症の再発 | トップページ | 精神科専門医の受験申込 »

2008年9月22日 (月)

系列内位置効果

 人間の記憶のメカニズムのひとつとして「系列内位置効果」というものがあります。

そんなことがこの本の中で書いてありました。

ダマす人、ダマされる人の心理学 ダマす人、ダマされる人の心理学

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 いくつかの情報があったとき、最初の情報が印象として強くなる傾向があり「初頭効果」と呼ばれます。これは特に話し手が1人のときに有効です。ですから、診察場面で使えそうです。飲むべき薬について話すならば、良い作用は「最初」に言うべきなのでしょうね(^-^)

 また、最後の情報が記憶に残りやすい「新近効果」と呼ばれるものがあります。これは大勢の意見が出る場で有効とのこと。話し合いの場では、最後に出る意見が強くなる傾向にあるといいます。

 せっかく言ったことも相手に伝わらなければ意味がありません。初頭効果や新近効果を意識して話すタイミングをつかめば、より相手に伝わるかもしれませんね。ちょっと意識してみようかな(^-^)


« 統合失調症の再発 | トップページ | 精神科専門医の受験申込 »

コメント

こんばんは。
またまた面白いお話が出てきましたね( ..)φメモメモ
「初頭効果」「親近効果」など難しい言葉は知らなくても、とにかく一番伝えたいことは初めに話していたように思います。(話しているうちに「もう、帰りたいから」と打ち切られてしまうこともあるので言い忘れないようにする意味もあるんですけどね(^_^;))ものごとを伝えるにも、やっぱりタイミングって大切ですよね(^^♪投薬時でも勉強会の発表でも、このテクニックは使えそうです。私も早速トライしようと思います!(^^)!
ありがとうございます!(゚ー゚)b
さて、とある資格のスキルアップ状況は10年というブランクの壁が厚いなと思いつつも感(勘!?)を取り戻すように練習しています。プロは1日練習しないと、取り戻すのに3日はかかると言われているのでなるべく続けて練習できるといいなと思いますね(*^^)v

投稿: cat×cat | 2008年9月23日 (火) 23:04

>cat×catさん
遅レス、失礼しました。
初頭効果、知ってると日常生活の中で使えそうなこと、沢山あるでしょ?お友達とご飯に行く時「中華にする?パスタにする?」と聞いてみるのもありでしょうかw
そして、違う場面で前進を目指しているとのこと。いったい何なのかがまだわかりませんが、がんばって下さいね(^-^/

投稿: satoru | 2008年10月 4日 (土) 11:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/10614013

この記事へのトラックバック一覧です: 系列内位置効果:

« 統合失調症の再発 | トップページ | 精神科専門医の受験申込 »