« HIVと精神症状 | トップページ | ちょっとしたアンケート »

2008年10月25日 (土)

自殺に至る要素

 自殺について、コロンビア大学精神科のJ.John Mannを中心とした座談会についての文献を読んでみたところ……

 自殺をもたらす要素として「ストレス因子」と「患者の持続的な特性」の2つがあるといいます。ほほぉ(・_・)

Stopsuicide21_3  1つ目のストレス因子は、自殺のタイミングに関与するもの。大うつ病急性エピソードや心理社会的危機、精神疾患の悪化などが挙げられます。
 精神的な変調がきっかけで自殺行動が生じるのは明らか。何かの「きっかけ」があるものです。なるほど。

 

そして、2つ目が患者の持続的な特性。これは2つに分類され

1)攻撃的・衝動的特性
 攻撃というのは外に向かえば一般的な周囲への攻撃になりますが、自らに向かえば自傷や自殺行動につながります。また、衝動性は激しい不快感情に基づいて行動化しやすい傾向ですから、自殺行動が生じやすいので当然注意。

2)悲観主義
 生きる意味がないと考えやすく、絶望感につながりやすいもの。主観的な抑うつが重くなりやすく、重篤な自殺念慮とも関連するとのこと。

 

今までは「希死念慮がある?ない?」ぐらいの把握でした。これからは、その要素を分析して把握したいと思います。そうすることで自殺をより防げるのかもしれませんね(^-^)


« HIVと精神症状 | トップページ | ちょっとしたアンケート »

コメント

自殺願望が強い家族を持ったとき、一緒にいる家族としてはどうやったら救えますか?

投稿: まめしば | 2008年11月 1日 (土) 18:47

>まめしばさん
それは簡単な話ではありませんね。簡単にポイントを挙げるのであれば
・自殺されては悲しいこと
・否定せずに話を聞くこと
でしょうか。
理屈は簡単ですが、慣れるまでは難しいかもしれません。でも、意識するだけ違うと思いますよ(・_・)

投稿: satoru | 2008年11月 4日 (火) 13:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/9398118

この記事へのトラックバック一覧です: 自殺に至る要素:

« HIVと精神症状 | トップページ | ちょっとしたアンケート »