« 統合失調症+糖尿病2 | トップページ | うつ病とCOPD »

2008年12月 9日 (火)

妄想の訴えが増えたけど

他の病院から紹介されて、私が治療を始めた患者さんがいます。周囲の物に自分へのメッセージを感じてしまう妄想です。

まだまだ薬物療法の余地があると考え、治療にあたりました。まずは、残存する病的体験に対して力があると考えているリスパダールの液剤に変更。そして、本人と相談をしながら徐々に増量しました。

しかし経過を見ると、本人が妄想の訴えが増えんです。母親によれば妄想の話をすることが増えたというのです。

しばらくリスパダール液が効かずに増悪したのではないか、と考えていました。それにしても何かが変だな、と感じていました。

その疑問を本人と母親、各々にぶつけてみまいた。「妄想の話が増えたのは、やっぱり悪くなったからなのか?」と。答えは意外なものでした。

本人によれば、次の通り。
以前には周囲の物に意味を感じてしまうのが当たり前だと思ってたけど、最近になってそれが奇妙だと感じることができるようになったのだと。だから、最近になって話題にするようになった、というものでした。

母親も同様のこと。
以前には、言っても妄想であることを理解しないから話にならなかったけど、最近では妄想について話し合えるだけに改善したのだ、と。

妄想の話が増えたので、増悪したんじゃないかと思いかけてましたが、本当は改善しかけてたんですね。判断を間違うところでした。危ない、危ない。何か変だ、と思ったらちゃんと聞き直してみるものです。

とても印象的な出来事だったので、ちょっとメモメモ(^-^)


« 統合失調症+糖尿病2 | トップページ | うつ病とCOPD »

コメント

こんにちは!お久しぶりです。

今回の話、とても興味深かったです。同じ「話が多くなった」の訴えでも結果は全然違うんですね(゚0゚)患者さんも今までとは違う感覚にいろいろ発見することが多かったのではないでしょうか。
この話つながりだと薬局でも「薬が増えた」と言う患者さんがいて、確認すると3mgを1錠服用から1mgを2錠服用に変わっていて実質減量だったりすることもあるんです。診察時はDr.もお忙しいのか、説明と処方がくい違う事がたびたびあって、変更などを理解しているか確認が必要だなと思いながら仕事する今日この頃です。

PS:先日の研究発表、無事に終わりました。なんと500人くらいいたそうですw(゚o゚)wストップウォッチ片手に練習したのが良かったかも。satoruさん、アドバイスありがとうございました!話題の生キャラメルもGETできてHAPPYでしたよ
o(*^▽^*)o

投稿: cat×cat | 2008年12月10日 (水) 10:50

>cat×catさん
研究発表、お疲れ様でした。無事に終わって何よりです。500人といったら、20人×25列ぐらい。結構な人数ですね。
妄想の訴えが増えたのに、妄想自体は良くなっているというこのギャップ。面白いでしょ?実はこのエピソード自体はしばらく前のものなんです。その後、さらに治療を続けていたら、妄想がさらに改善したところで訴えが減りました。あのまま薬を変更せずにいてよかったです(^-^)
減量の際に、丁寧に漸減しようと思うと、どうしても錠数が増えることってよくあります。そのときには「両替みたいなもので、錠剤の数が増えるけどびっくりしないで。薬そのものは減ってるから」と一言添えるようにしてます。

投稿: satoru | 2008年12月14日 (日) 17:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/25047790

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想の訴えが増えたけど:

« 統合失調症+糖尿病2 | トップページ | うつ病とCOPD »