« 一昨日の記事の訂正 | トップページ | 受け止め&「けど」退治 »

2008年12月29日 (月)

広場恐怖

パニック障害の患者さんを外来でよく診ます。突然に心臓がドキドキして、息苦しくなって、死ぬんじゃないかと不安になって……。

そして「広場恐怖」と呼ばれる症状をしばしば伴います。実際に怖がるのは広い場所ではありません。いわゆる閉所恐怖と言われるような狭い場所、例えばエレベータの中。あるいは圧迫感を感じるような人混み歯科医美容室といった急に逃げられない場所。

外来で診ている患者さんで「電車のドアが閉まると怖い」という人がいました。その人からしたら、電車はドアが開いたままの方がいいのでしょうか(無理

パニック障害の治療薬抗うつ薬です。中でも、最近は副作用が少ないSSRI。適応になってる薬はパロキセチン(パキシル)とセルトラリン(ジェイゾロフト)です。そして、不安を和らげるために抗不安薬を用いることもあります。適応外ですが、他の抗うつ薬のミルナシプランやフルボキサミンだって効きます。

先ほどの例の、電車のドアが閉まると怖い人。SSRIで治療を続ける中、この間の外来でお会いしたら「ドアが閉まっても怖くありません」とのこと。それを聞いて、なんだか嬉しくなりますね(^-^)

別のパニックの患者さんの話を聞いていたら「ケータイ電話電波が届かなくなると怖くなる」と言っていました。「何かあったときに携帯電話で助けを求められない状況」が不安をもたらすのだとか。なんとも今風の症状です。

精神科の病気は、時代によって症状の出方が変わるものです。そんなことをしみじみと感じちゃいました(・_・)


« 一昨日の記事の訂正 | トップページ | 受け止め&「けど」退治 »

コメント

こんにちは。

ライフスタイルの変化でパニック障害の症状も変化しているというのは興味深いですね。10年後も新しい症状が加わったりするんでしょうねぇ、きっと。
今年も、プシコメモメモでお勉強させていただきありがとうございました!また来年もどうぞ、よろしくお願いいたします!!
(楽しいトピックスをまたたびの香りとともにお待ちしています(=^・^=))

投稿: cat×cat | 2008年12月31日 (水) 10:37

おおみそかにコメントを頂いてましたか。あけましておめでとうございますm(^-^)m
統合失調症だって「ブルートゥースでアクセスされた」なんて妄想を訴える時代ですから、変わるものですね~
今年もどうぞよろしくお願いいたします。「またたびの香り」とありましたが、そちらで香りを再現できるコンピュータかどうか、を先にご確認下さいね(ニヤリ

投稿: satoru | 2009年1月 4日 (日) 19:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/23330674

この記事へのトラックバック一覧です: 広場恐怖:

« 一昨日の記事の訂正 | トップページ | 受け止め&「けど」退治 »