« 「交代人格=天使」論 | トップページ | 統合失調症+糖尿病2 »

2008年12月 2日 (火)

ひきこもり

先日も扱ったChiyoda-Mental-Conferenceでの北の丸クリニックの倉本英彦先生による御講演。

ひきこもり」について最近分かってきていることは……

男女差は特にない。でも女性の方が回復率が高い。だから結果的に男性が目立つ。

1000人に1人程度の頻度

とのこと。これに対してどう対応していくかは、また難しいところですね。

以前、ひきこもりの人のお家に保健所の人とお邪魔したことがあります。

「今は話したくありません」
「なるほど。今は人と話したくないんですか。……ところで、話したくないって、なぜ話したくないの?」
「その理由も話したくありません」
「なるほど、理由も話したくないくらい話したくないんですか。……ところで、なぜ理由も話したくないくらい話したくないの?」

みたいなお話をした覚えがあるな~(^-^

別のケースで、ず~っとひきこもってた男性が、保健所まで来たところでお会いしたことがあります。そのときには「よくいらっしゃいました」という気持ちになりましたし、そのように伝えました。まずは第一歩を踏み出したこと称賛すべきでしょう。

今どこかでひきこもってる人も、保健所でもどこでも第一歩が踏み出せるといいですね(^-^)


« 「交代人格=天使」論 | トップページ | 統合失調症+糖尿病2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/25451087

この記事へのトラックバック一覧です: ひきこもり:

« 「交代人格=天使」論 | トップページ | 統合失調症+糖尿病2 »