« MRさんって医療者ですよね? | トップページ | 質問はひとつずつ »

2009年1月25日 (日)

PTSDと自己愛

新宿で開催された第3回トラウマ治療研究会に参加してきました。トラウマというとPTSDがメインになるもの。

戦争での衝撃的な体験の後に精神的な不調に陥る人々、そして被災者犯罪被害者にもPTSDが生じうることが言われてきました。DSM-IVにあるPTSDは主にそのような、危うく死ぬまたは重症を負うような出来事があったものを扱っています。しかし、最近ではトラウマをより広く扱うようになってきているようです。

今回、東京慈恵会医科大学の小野和哉先生の「職場における心的外傷体験」の症例発表を聴きました。その中で扱われていたのが、職場で強い叱責を受けて精神的に不調となった2例。狭い定義ではPTSDには当たらないものでしょう。しかし、職場における自分の存在が危機に陥る衝撃的な体験として、今では広い意味でPTSDととらえることがあるようです。

中で自己愛性人格障害の傾向がある例がありました。この場合のトラウマとは、小野先生によれば「自己が信じる世界観が破壊される体験」とされており、自己愛性人格障害の人は傷つきやすい誇大的な自己像を持ってるがゆえにPTSDになりやすいとのこと。ササッと扱われていて把握しきれませんでしたが、自己愛性人格障害ではPTSDが実際に多かったとする報告もあるとか。

ちょっとこれは覚えておこうかな。メモメモ〆(・_・


« MRさんって医療者ですよね? | トップページ | 質問はひとつずつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/27350690

この記事へのトラックバック一覧です: PTSDと自己愛:

« MRさんって医療者ですよね? | トップページ | 質問はひとつずつ »