« 質問はひとつずつ | トップページ | 抗うつ薬の分子量 »

2009年2月 5日 (木)

家庭の心理学@足利

つい先日の2月1日、足利市で講演してきました。昨年も開催したスプリングセミナーに、再びお呼び頂きました。826席の会場、満席ではなかったので700名ぐらいでしょうか。沢山の方にお集り頂きました。

話の内容は「家庭で使える心理学」について。話すときの視線位置関係、あいずち褒めることの効用などについて。約60分。

今回の講演のためにまとめ直す作業ができ、私自身のために良い機会でした。……って書いてから、昨年の日記を見返してみると、一年前の自分も全く同じことを言ってます。「機会」というのは成長のために良いものですね。

昨年は「うつ病」についてでしたし、今年は「心理」。他にも「統合失調症」や「アルコール依存症」についてなど、精神科医として語るべきことは沢山あるように思います。「薬物依存」もまとめておくべきかも。あ、「認知症」は私が語らない方がいい気がします(^-^;

自分の知識、話せるように少しずつまとめておきたいですね(^-^)


« 質問はひとつずつ | トップページ | 抗うつ薬の分子量 »

コメント

☆興味深く大変勉強になるお話を、有難うございますm(_ _)m。こちらのエントリーに薬物依存性が出てまいりますが、これは、ベンゾジアゼピン系のお薬のことも含まれますか?

投稿: ローズマリー | 2009年2月 8日 (日) 23:01

ローズマリーさん、はじめまして。「お話」というのは、当ブログのことでしょうか。それとも足利??
人にはそれぞれ違った語れる内容があるもので、私にとっては精神科のお話みたいです。
皆さんが、あるいは皆さんにとって大切に誰かが、精神的に健康に過ごすためにお役に立てて頂けたら幸いです(^-^)

投稿: satoru | 2009年2月 9日 (月) 18:11

こんばんは。お久しぶりです。

昨年に続き今回も分かりやすいパワポを作成されたのでしょうか?改めて作ってみると新たな発見もありますよね(^^♪satoruさんは、他にもたくさん話のタネをお持ちのようなので、私も負けないようにネタ集め(?)をしようと思います。
実は1週間ほど風邪で声を失いかけていました。アナウンサーでも歌手でもないのに、自分の仕事がこれほど声が大切な職業だとは思わなかったです(^_^;)satoruさんもぜひ気をつけてくださいね。

投稿: cat×cat | 2009年2月12日 (木) 20:52

>cat×catさん
風邪で声が出なくなると、精神科医は仕事できないですね~。風邪をひきやすいので、気をつけなければいけません。
皆さんにお話したいことは沢山です!少しずつ場を見つけて自らを鍛えていきたいと思ってます。
cat×catさん自身も場を作れたら楽しいですね。って、その前に、お風邪お大事にして下さいね(^-^

投稿: satoru | 2009年2月12日 (木) 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/27708665

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭の心理学@足利:

« 質問はひとつずつ | トップページ | 抗うつ薬の分子量 »