« ブーメランを避ける | トップページ | 新規型で脳萎縮防止 »

2009年3月30日 (月)

貯めた薬

ある日、外来に通院している患者さんから、泣きながらの電話がかかってきました。彼女は以前から、大量服薬による自殺を目的に薬を貯めこんでいるとのこと。

これからきて頂くために処方したお薬でした。それをぬために使おうとしていると言うのです。ひとつの薬が「」と「」の両面を意味することになるとは。

そんな薬をまとめて口に入れ思いとどまって口から出したこともあるとか。死にたい気持ちと生きたい気持ちの両方が存在しているのでしょう。その2つが戦っているのでしょう。

そして、そのことを電話してきたのも、死にたい気持ちがある中で、生きたい気持ちがあったからこそ。しかし、生と死の間で迷う葛藤を抱き続けることは辛いことでしょう。

ひとつ提案をしてみました。葛藤を断ちきって楽になるべく、貯めこんだ薬を主治医に渡して処分しませんか、と。「指示」はしません。あくまで「提案」。

彼女はに入ったを沢山持ってきました。しばらく迷った様子を見せた末に、その袋を手渡してくれました。しかし、さらに迷った様子を見せ、結局は持ち帰ってしまいました。

一度は持ってきてくれたその袋。また持ってきてくれることでしょう。そして、死の呪縛から解き放たれるために渡してくれることを願うばかり。

さて、どうなるやら。


« ブーメランを避ける | トップページ | 新規型で脳萎縮防止 »

コメント

こんばんは。

私も投薬中に「眠剤を一度にたくさん服用するために今まで少なく飲んできた」という話を聞いてビックリしたことがあります。現在よく使われるタイプの眠剤ならあまり心配はしていないのですが、抗精神病薬だけでなく降圧剤や血糖降下薬をストックしているようだと心配です。薬は十分足りているのに頻繁に薬をもらいにくる場合(たいていは「失くした」と言っている)は、ストックや日々の過量服用を疑いますね。
「予備に薬を持っているだけで安心する」というのも良く聞きますが、目的が自殺となるとちょっと違ってきますね(^_^;)
satoruさんのおっしゃる通り、生きるための薬なのですから、やはり薬は用法・用量を守って正しく使っていただきたいですね。
昨年秋くらいからメンタル科の処方も増えてきました。時代が反映されているなと痛感している今日この頃です。

投稿: cat×cat | 2009年3月31日 (火) 00:07

>cat×catさん
「紛失しました」という患者さん、いますよね。薬の管理がきちんとできないようであれば、最低限の安全な薬を処方するしかなくなります。それは治療選択の幅を狭くするもので、残念なことです。医療は生きるためにあるもの。生きて頂くためなら、協力させて頂きたいものです。お薬を通じて、cat×catさんも応援してあげて下さいね。

投稿: satoru | 2009年3月31日 (火) 21:42

はじめまして。
精神病患者です。
病名はわかりません。(興味がないです)

わたしはクスリを貯めておくというより、
予備にもらったクスリとか、頓服とか
次の診察までんpだいたい2週間分とかを
酒と一緒に飲むことが多々ありました。

主治医に「もうクスリを出せない」と言われて
頼み込んで、親に管理してもらう条件で出してもらいました。
主治医が変わっても、親が心配してまだ管理しています。
今は1週間分自分で持って、
1週間後、親に残りの1週間分を出してもらっています。

投稿: 瑠聖 | 2009年4月 4日 (土) 17:34

瑠聖さんにおかけするべき言葉は、この記事の本文に全て書いてある気がします。きっとだからこそ、コメントを頂いたのでしょうね。
その場を逃げるためでなく、近い将来に笑顔になれるよう地道に治療を頑張って下さい(^-^)

投稿: satoru | 2009年4月 5日 (日) 08:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/27875690

この記事へのトラックバック一覧です: 貯めた薬:

« ブーメランを避ける | トップページ | 新規型で脳萎縮防止 »