« 語頭の「だから」 | トップページ | リスパダールコンスタ承認 »

2009年4月27日 (月)

処方をきる

年配の看護師が「処方(箋)をきる」という表現を使っているのを聞いたことがあります。これは「処方する」の意味。この表現って、危険ですね。間違いを招きかねません。

例えば、入院中の佐藤さんがプシメモン(架空)という薬を服用していたとしましょう。「あら、佐藤さんのプシメモンがそろそろ無くなるかしら」と気づいた看護師さん。担当の医者に依頼することでしょう。

「先生、佐藤さんのプシメモン、処方をきって下さい

これを「処方箋をきる=処方する」の意味だと理解すればOKです。しかし、「プシメモンを切る=中止する」の意味だと理解すれば、の結果を招きます。

きる」と言われたら、注意しなければいけませんね(・_・;


« 語頭の「だから」 | トップページ | リスパダールコンスタ承認 »

コメント

こんばんは!

これを読んで思わず「あるある~!(..)(・・)ウンウン」と思ってしまいました。Dr.へ疑義照会をすると「じゃあ、それ切りますから」と言われることもありますが、話途中だと危険ですよね。自分では「切る=処方中止」と認識していますが「カット」や「オフ」「削除」とか言い換えてます。なかなか直接Dr.とやりとりができないので、よく確認しないといけないですよね。「処方する」という意味での「きる」は主にベテランのDr.が使いそうなので今まで以上に気をつけたいなと思いますね。(ちなみに、この「きる」は『小切手をきると同じ意味なのかしら?』)

投稿: cat×cat | 2009年4月27日 (月) 21:27

>cat×catさん
これ、あるでしょ?あるでしょ?
処方箋の束からビリッと切り離すイメージなのでしょうか。要注意ですよ。自分も「きる」という表現は避けるようにしようかな……

投稿: satoru | 2009年5月 1日 (金) 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/28796428

この記事へのトラックバック一覧です: 処方をきる:

« 語頭の「だから」 | トップページ | リスパダールコンスタ承認 »