« 処方をきる | トップページ | コンスタで再発防止 »

2009年5月 1日 (金)

リスパダールコンスタ承認

デポーと呼ばれる、持続性の注射剤が統合失調症の治療で用いられることがあります。一回注射すれば2~4週間、効果が続くものです。ただ、これまでは従来型抗精神病薬(=定型抗精神病薬)の注射しかありませんでした。

先日、新規型抗精神病薬(=非定型抗精神病薬)であるリスペリドンの持続性注射剤の日本での承認が下りたと聞きました。商品名が「リスパダールコンスタ」。発売されるのは7月になるのでしょうか。6月下旬?これは2週間毎に注射すると、経口でリスペリドンを服用しているのと同じような効果が得られるのだとか。

これは、これまでのデポーと、いくらか違う点があるようです。

これまでのデポーは効かせる薬剤のプロドラッグが入っているもの。これが筋肉内のエステラーゼで目的とする薬剤に変化しつつ吸収されていました。今度は、プロドラッグではなく、リスペリドン自体が入っているそうです。

そして、これまでのデポーはオイルベースでした。長期的な使用で、この油が筋肉内で硬結を作るなど注射部位反応を起こしてしまうのが問題でした。しかし、今回はポリマーに封入してあるのだとか。このポリマーというのは、吸収される手術の糸で使われるような素材。これが体内で徐々に分解されつつリスパダールが体内に放出されるのだとか。

これまでのデポーは注射した直後から徐々に吸収されていました。しかし、リスパダールコンスタは注射してから3週間程してからリスパダールの放出が始まり、これが2~3週間続くのだとか。

なかなか興味深いものです。吸収のしかたが違うだけでなく、効果の面でも大きなメリットがあると言います。その辺りは追って自分の中で整理しつつメモメモしたいと思います。発売がすごく楽しみですo(^-^)o


« 処方をきる | トップページ | コンスタで再発防止 »

コメント

精神科で注射や点滴したことはありませんが、
リスパダール液はこの前まで飲んでました。
効果はあるものの、生理が来なくなったのが悩みの種。
ようやく断薬したところ、
無事生理が来たのでうれしかったです。
断薬の影響は今のところありません。

投稿: 瑠聖 | 2009年5月 3日 (日) 22:43

断薬して良いのかは病気によって大きく違うところですね。
生理の乱れの話がでましたが、リスパダールコンスタは、その点でも経口薬に比べて良いと聞いたことがあります。
統合失調症であれば、ぜひトライしたいところですね。

投稿: satoru | 2009年5月 4日 (月) 06:21

今日の新聞にも発売予定って載ってました。
日本の病院の冷蔵庫はアメリカに比べて小さいので、パッケージが約半分にしてあるそうですね。
冷蔵庫にプリンがいっぱいならうれしいけど・・・注射がいっぱいは怖い。weep

投稿: スニフ | 2009年6月13日 (土) 00:08

へぇ〜!日本のパッケージはアメリカの半分なんですか!知りませんでした。
たぶんプリンの大きさだって半分ですよね(^-^)

投稿: satoru | 2009年6月16日 (火) 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/29382619

この記事へのトラックバック一覧です: リスパダールコンスタ承認:

» 失調症のリハビリ [失調症のリハビリ]
失調症のリハビリをしましょう。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 6日 (水) 09:03

» 統合失調症 について [統合失調症 について]
兄と話していて見当違いの返答であったり、あるいはだんまりであったりと、あのあたりが統合失調症の始まりだったのかなぁと思ったりもしました。 [続きを読む]

受信: 2009年5月22日 (金) 10:00

« 処方をきる | トップページ | コンスタで再発防止 »