« 現病歴の主語 | トップページ | コンスタが向いてる人 »

2009年7月20日 (月)

服薬は乱れるもの

今月始め、ジョン・ケイン(John M.Cane)先生の講演を聴いてきました。Schizophrenia International Research Society(国際統合失調症研究学会)American Society of Clinical Psychopharmacology(アメリカ臨床精神薬理学会)のPresidentというすごい人。そんな講演を聴いたノートを見返しつつメモメモ。

経口薬をリスパダールコンスタに変えることによって統合失調症の病状を示すPANSSのスコアが改善した話や、副作用である錘体外路系の副作用(EPS)を示すESRSのスコアが改善した話、高プロラクチン血症が改善した話、そして何より重点が置かれていたのがアドヒアランスの話。

医師は自分が担当する患者がきちんと服薬しているものと思いがち。しかし、実際には服薬の乱れが存在しているといいます。多くの医師は服薬の乱れについて"Under-estimate"しているのだと言います。そして、患者の服薬の乱れに気づかないことで、様々な問題を生むと氏は指摘していました。

・実際に有効なはずの薬を無効だと勘違いして薬剤変更してしまう。
・薬剤が足りないと勘違いして無駄に処方量を増量してしまう。
多剤併用に陥ってしまう。
・その患者を治療抵抗性だと勘違いしてしまう。

なるほど。きちんと薬物治療しようと思ったら、多くの患者に服薬の乱れが存在することを把握する必要があります。ついつい「自分の患者は服薬してるハズ」と服薬遵守の問題をUnder-estimateしがちですから、その傾向に注意が必要です。「飲んでる様に見えてサボってしまうもの。だって人間だもの」と服薬の乱れの存在を意識すべきなのでしょう。

勉強になりました。気をつけていたつもりでしたが、今一度、気を配ってみたいと思います。っていうか、リスパダールコンスタ使えばいいのかな。


« 現病歴の主語 | トップページ | コンスタが向いてる人 »

コメント

お疲れさまです。診療の間を縫って勉強されていて、いつも凄いなぁ、と。

アドヒアランスの問題は、治療計画に意欲的でも服薬の乱れは起こると思います(サボりではなくやむを得ない状況もある)。自分は休日や、仕事が忙しい日は崩れます。主治医達には結構生活スタイルを詳細に訊かれますね(1時間単位で)。その生活時間の中から疼痛ピークの統計を取って血中濃度の立ち上がりを逆算して頓服を使えとか(難しい指示)。休日と平日で別処方を組んで薬の管理をしたりします。細かい指示が医師側からあったりすると患者側は嬉しいのかもしれませんよ。

注射の持続性は本当に便利だと思います。他科でもデポあれば良いのにな、と。

話がちょっとずれました。うちの病院はデポの患者さんは、中止してから崩れたりする人が結構居るので、保険としてのデポ剤の存在は大きいかも。コンスタが上手く行くならリスパダール地獄の人は大分楽になると思います(6~10mg近い人とか特に)

投稿: | 2009年7月20日 (月) 17:57

わたしは薬局で分包されて渡されるので、
勝手に調節する気分にはなかなかなれません。
(眠剤くらいはたまにしますが…)

飲み忘れそうになることも結構ありますね。
寝坊して朝飲むのが2時ごろになることもあります。

昼のおクスリはできれば避けたいと、
以前主治医に話したこともあります。

今はなぜか夜はなくて、寝る前にまとめて、です。
主治医が変わって、クスリが変わったりしても夜はありません。
夜飲んでいたこともあるのですが…。

投稿: 瑠聖 | 2009年7月20日 (月) 18:25

>雨さん
デポは精神科だけのものではなく、他でもありますよ。ホルモンの調節の薬なんてあるらしいです。
忙しくしている人、忙しいという程じゃなくても仕事や学校がある人は、定期的な服薬が難しくなるものです。そんな、社会参加ができている人こそ再発しやすいとしたら、失うものが多くて大変ですよね(>_<;
……って、雨さんは再発云々の病気ではなかったですよね。
デポは保険というよりメインで使いたもの。デポが入ってても、経口薬を中断した時点でリバウンドが招じるでしょうから。さて、これからどうなるやら。

>瑠聖さん
分包されてると、服薬が楽になるでしょうね。それでも寝坊や夜更かしなどで生活が乱れると、いったいいつ服薬していいんだか分からなくなるもの。
「夜」というのは夕食後のことでしょうか。空腹時に飲んでも大丈夫な薬なら、睡眠前でいいはずですよね~

投稿: satoru | 2009年7月20日 (月) 23:11

ホルモン調節のデポは知りませんでしたー。便利そうです。
社会適応が良くなる→生活でいっぱいいっぱい→服薬不定期→再発悪化のループは残念でなりません。職員側としても見ていて切なくなります。もう少し手厚くサポートしたいものです。
デポはメインで使うものなのですね。イメージ的には拒薬などの人に使うものだと思っていました(→内服が上手く行ったらデポはしなくなるのだと思っていた)。

自分は再発云々ではないですが、不規則になると明らかに悪化進行しますねー。で、主治医達に怒られます。悪化させると回復の立ち上がりがとてつもなく悪いので、気をつけてはいるんですが。難しいですね。やっぱり鎮痛剤のデポも欲しい、と思ったり。

投稿: | 2009年7月21日 (火) 02:57

>雨さん
再発でせっかくの生活が損なわれるのはもったいないですよね~。ほんと、もったいない!o(>_<)o
持続性の注射だけ打って、あとは薬を飲まずに済むようにできたら、どれだけ患者さんにとって楽だろうかと思います。薬局に寄らずに帰れますし。だから、デポはメインで使いたいもの。

投稿: satoru | 2009年7月21日 (火) 21:40

素朴な疑問ですみません。
どうして「経口薬をリスパダールコンスタに変えることによって、副作用である錘体外路系の副作用(EPS)を示すESRSのスコアが改善した話、高プロラクチン血症が改善した」のですか?
良かったら教えてください。

今日はどうして「心電図はPから始まるのか?」も気になったのですが、これは一応解決しました。

投稿: たなぼた | 2009年7月24日 (金) 23:34

>たなからぼたもちさん
心電図がPから始まる理由が分かりません。気になりますね~

さて、頂いたご質問。とても良い質問です。そして、答えが分かりません。

高プロラクチン血症について「ジョンケインは、注射剤にすることで、より少ない薬剤で効かせることができる分、PRLレベルが下がったのではないか」と考察していました。

しかし、おそらくそれだけではありません。同じハロペリドールの量でも注射や点滴だと、経口薬よりEPSが少ない理由については、それでは全く説明がつかないからです。

その質問を、ジョン・ケインとオリバレスという世界的な権威2人それぞれにぶつけてみたのですが、彼らも十分な答えを持ち合わせていませんでした。

現象として確認はされてますが、その原理がまだ把握できてないんですね。……って、ちゃんと文献探したら出てくるのかな(・_・;

投稿: satoru | 2009年7月25日 (土) 08:48

ご回答ありがとうございます。
偉い先生でもわからないんですね。ということは、何か簡単な理由なのかも。

どうして心電図がPから始まるのかは、通りすがりの循環器のMDに聞きました。
「たぶんPrimaryのPだろ!」って答えてくれました。
じゃあどうして次がSじゃないのか(地震はPとSですよね)知りたかったので、探してみました。
http://circ.ahajournals.org/cgi/content/full/98/18/1937
http://www.ecglibrary.com/ecghist.html
読んでも意味がよくわからないけど、適当に決めたんだと思います(アルファベットの最後のXYZを未知数と定めたのと同じような感じ?)。
夏休み中?にくだらない話でごめんなさい。

投稿: たなぼた | 2009年7月28日 (火) 22:31

>たなぼたさん
情報源まで含めてお答えをありがとうございます。意外にシンプルな答えでびっくり。人間のすることですから、そんなものなんですね。
ちょっとだけ、賢くなった気がします。ありがとうございました(^-^)

投稿: satoru | 2009年8月 1日 (土) 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/30486758

この記事へのトラックバック一覧です: 服薬は乱れるもの:

« 現病歴の主語 | トップページ | コンスタが向いてる人 »