« アドヒアランス低下因子 | トップページ | カッコの中の句点 »

2009年8月31日 (月)

アドヒアランスは予測困難

藤田保健衛生大学の藤田先生の講演のメモが出てきたので、ちょっと整理。

近年、統合失調症の再発リスク、その主な原因となるアドヒアランスの低下についてよく語られます。医師が思うより実際のアドヒアランスは低下しがちだといいます。その主なデータは海外のもの。

日本人については、その国民性や社会システムからして、海外と違うのではないかという疑問が生じます。さて、どうなのか。

藤田先生がアドヒアランスを調査した発表をしていました。もちろん日本でのもの。MEMSという、薬の瓶をいつ開閉したのかを記録する装置を用いての研究でした。

退院後を見ると、アドヒアランスが良い患者の割合は、退院後1ヶ月で80%を切る、6ヶ月で60%を切っていました。最初に80%に落ちる中、殆どが最初の一週間に落ちるという話でした。退院直後が特に注意すべきポイントということ。

MEMSで薬瓶の開け閉めが記録されていると、患者としては通常よりも服薬を頑張ったハズ。MEMSで観察されなければ、もっとアドヒアランス不良の割合が多いことでしょう。

その症例を個別に評価すると、その服薬の良し悪しを医師が把握できている割合は限られ、推測に失敗することが多いという内容でした。

また、服薬不良を見つけだすのに、問診よりもDAI-10が有用だと語られていました。自記式なので外来の合間に使うのに負担が少なく、診療における良い指標が得られそうですね。

普段、できるだけ「お薬、飲めてますか?」と聞く様にしてます。そして、皆さん薬を飲めてると思いこんでましたが、その評価は実際には難しい様ですね(・_・;)


« アドヒアランス低下因子 | トップページ | カッコの中の句点 »

コメント

藤田大学の藤田先生って四谷大塚の四谷君みたいですね(古いかな)。

わたしは先生に薬を増やして替えてもらってから、見えるものが白黒がカラーになったし、重力も半分になったし、体調がよいので、とても感謝しています。
いままでは適切な量の薬をちゃんと飲まないといけないとは「知ってた」けど「わかってなかった」気がします。
やっと脳内手順書に薬を飲むことが書きこまれたので、きちんと飲んでます。

投稿: たなぼた | 2009年9月 4日 (金) 00:15

今の主治医になって、1年近くになりますが
いまだに「クスリちゃんと飲んでる?」と聞かれたことはありません。
「副作用がつらい等で自分で調節して飲んでます。」などと自分から言うこともあります。

自己判断で追加した眠剤が朝まで残っていたためか
階段から危うく落ちるところでした。
自己判断の怖さを思い知った瞬間でした。

投稿: 瑠聖 | 2009年9月 4日 (金) 22:15

>たなぼたさん
お薬でご自身が元気になれたのだとしたら、それは嬉しいことですね。知識があることと、心から分かることには、おっしゃるように少し差があるようです。必要な期間、きちんと服薬してきっちり治しちゃって下さいね。

>瑠聖さん
薬の服薬状況については、ちゃんと伝えた方がいいですよ。実際には飲んでない薬を無駄に処方され続けてしまう人、結構多いハズ。薬には重要度が高い薬と、重要度が低い薬があります。どれは確実に飲むべき薬か、どれはサボってもいいのか、一度聞いてみて下さいね。
飲まないのが良くないのもありますが、自己判断で追加した薬も危ないものですね。難しいものですね(・_・;

投稿: satoru | 2009年9月 8日 (火) 07:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/31143722

この記事へのトラックバック一覧です: アドヒアランスは予測困難:

« アドヒアランス低下因子 | トップページ | カッコの中の句点 »