« コンスタが向いてる人 | トップページ | 注射だからこそ »

2009年8月 1日 (土)

小児精神医療の講習会

お茶の水で開催された東京子どものメンタルヘルス研究会http://tcma.ac/)に行ってきました。って、先月の話。そのノートを見返しつつメモメモ。児童思春期の精神科についての講演でした。

私自身は不得手な分野。私自身が診療に当たることはめったにありません。しかし、この様な機会を活用して少しずつでもADHD発達障害などについての知識や、実際の臨床に当たっている人達の感覚を知ることができたらと思っています。

鳥取大学の小枝達也教授による、5歳児健診についての話を伺いました。乳児1歳半3歳の健診は一般的。しかし、その後は小学校に入る頃まで、異常に気づかれるチャンスがなかなかないもの。そこで鳥取では、5歳で健診をしているのだとか。それまで見逃されていたADHD発達障害、軽度精神発達遅滞などを拾いだすのが目的だとか。これは有意義ですね〜

その話の合間にちょっとした話が出てくるのが、また勉強になります。例えば……

一般的に子どもは、しりとりを覚え、その後にひらがなを覚えるのだとか。しりとりは、単語が個別の音の並びで成り立っていることを覚える遊びだそうです。リンゴで言うなら「り・ん・ご」であること。その最初が「り」であること、最後が「ご」であることを認識して初めてしりとりで遊べるんだそうです。

しかし、自閉症圏の子だとしばしば、順が逆になるそうです。ひらがなを先に覚えて、後にしりとりが可能になることがあるそうです。実践的な知識ですね。

また、健診の中で、20秒間目をつぶらせるテストをするそうです。ただ目をつぶるだけ。しかし、ADHDの子だと、顔をしかめたり膝をひっかき始めたりし始めるそうです。これは自己刺激と呼ばれ、刺激を受け続けないと安定していられないADHDの特性なのだとか。これも使える知識ですね。

最後に紹介されてましたが、学習障害の指導法についてサイトで学べるらしいです。
http://dyslexia-koeda.jp

そんなこんなで私自身にとって、非常に有意義な会でした。ってなわけで、忘れないうちにメモメモ。


« コンスタが向いてる人 | トップページ | 注射だからこそ »

コメント

そういえば話題の「1Q84」で
物語の鍵をにぎる女子高生がディスレクシアという設定でした。

高校生にもなって
「すうがくがすき。」(あなたは数学がすき?)
「それは たのしい。」(楽しいんですか?)
みたいなぎこちないしゃべり方の美少女として
出てきたので、
なんか天然ねらったタレントとか
アニメのキャラにいそうで、
変な萌え路線ねらってる?春樹あざとくない?
とか思いながら読んでたら
ディスレクシアだった。

村上さんごめんなさい・・・

投稿: こぐま | 2009年8月 1日 (土) 13:51

>こぐまさん
こぐまさんは、そんな風に考えながら読んでるんですね(笑
そして、そんなところにディスレクシアが扱われてましたか。何だか時代を感じますね。特に、彼が扱ったとなると、ね(・_・

投稿: satoru | 2009年8月 1日 (土) 22:23

「1Q84」はスモールピープルがなにをしてくれるのか考えながら読んだけど、何の暗喩なのかまったくわかりませんでした。
わたしのこびとはお仕事したり、おやつを食べたりします。でも会ったことはありません。

投稿: たなぼた | 2009年8月 9日 (日) 00:52

>たなぼたさん
1Q84を読んでないからでしょうか。話についていけません。
「こびとさん」がいたら、楽なことでしょうにね。って、お仕事をしてくれるとは限りませんが(^-^;

投稿: satoru | 2009年8月 9日 (日) 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/30387322

この記事へのトラックバック一覧です: 小児精神医療の講習会:

« コンスタが向いてる人 | トップページ | 注射だからこそ »