« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月20日 (日)

パニック障害治療の終え方

外来でパニック障害を治療することがあります。大抵はSSRIでで治療し、大抵は何らかの治療効果が得られます。うつ病の治療と同じで、治療効果が得られるようであれば薬剤の量を中途半端にせず十分量にし、十分期間使うことが大切な様です。そこまで、急性期治療はシンプルです。

さて、SSRIで良くなったとして、それからどうしたら良いのでしょう。なんとなく薬物治療が続けられてしまっている患者さんは多いもの。

東洋英和の山田和夫先生がまとめられた内容によれば、急性期治療の後、数ヶ月の継続治療を、そしてその後に量を減らしての維持治療をし数カ月、最後にゆっくり漸減して中止を試みるのが良いようです。

その中でMavissakalianらの報告が紹介されていました。イミプラミンによる6ヶ月の急性期治療が成功した後の話。そのままイミプラミンを中止すると83%が再発したといいます。しかし、急性期治療の後に半分の量でさらに1年間イミプラミンを継続した後に中止すると再発率が25%に下がったと報告されています。維持治療、継続治療、そして維持治療が大切という話。

Ballengerによれば急性期が1-3ヶ月、安定得・継続期が2-6ヶ月、維持療法期が3-12ヶ月、薬物中止期が8-12ヶ月とされているそうです。

今まで症状を身ながら「なんとなく」になってしまいました。実際、大きな差はありませんが、これらを意識しながら診療にあたると全体の流れが見え、より良い治療ができそうです。ってなわけで勉強になったのでメモメモ〆(^-^

| コメント (2) | トラックバック (1)

2009年9月13日 (日)

トラウマに対するPE法

しばらく前になりますが、新宿で開催された第四回トラウマ治療研究会に行ってきました。そこで、Prolonged Exposure法で治療された症例の発表を聴きました。

トラウマを受けると、トラウマに関する「記憶の亢進」と「健忘」が同時に存在すると言います。そうなるとトラウマ体験の全体像を把握できなくなります。処理できず受け止められない恐怖だけが残っていると考えられます。

そこで、治療の場面でトラウマ体験に暴露させることで、全体像をとらえ直す機会を得て、受け止められる体験にできるといいます。また、心の「引き出し」から怖い記憶を取り出し、元の「引き出し」に戻す過程で、より安心を伴う記憶として戻されるといいます。

トラウマを「一連のストーリー」として繰り返し想起すること自体に治療効果があるということでしょうか。

このPE法って、治療をする側もされる側も大変そう。でも、これを通してトラウマを乗り越えられるとしたらいいですね。

EMDRでもそうですが、トラウマ治療ではトラウマの場面と向き合うことが多く、なかなか大変なものです。それにしてもこのPEは大変そう……。現在ではまだ珍しいと言えるこのPEについて、少しですが勉強になりました(^-^)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

カッコの中の句点

精神科の病歴には、よく本人が口にした言葉が登場します。その言葉はカッコによく挟まれます。その際に句点「」の扱いに迷うことはありませんか?

「監視されている。外出すると殺される。」と訴え……
なんて文章。カッコの中の最後の句点省略するのがルールです。

「監視さるている。外出すると殺される」と訴え……
と書くものです。結構、知らない人が多いみたい。

ちなみに児童文学では、最後の句点を省かずに書きます。
「おかあさんが、マフラーをああんでくれたよ。」
といった具合。

あなたの書いた病歴、児童文学仕様になってませんか?

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »