« トラウマに対するPE法 | トップページ | リチウム中毒 »

2009年9月20日 (日)

パニック障害治療の終え方

外来でパニック障害を治療することがあります。大抵はSSRIでで治療し、大抵は何らかの治療効果が得られます。うつ病の治療と同じで、治療効果が得られるようであれば薬剤の量を中途半端にせず十分量にし、十分期間使うことが大切な様です。そこまで、急性期治療はシンプルです。

さて、SSRIで良くなったとして、それからどうしたら良いのでしょう。なんとなく薬物治療が続けられてしまっている患者さんは多いもの。

東洋英和の山田和夫先生がまとめられた内容によれば、急性期治療の後、数ヶ月の継続治療を、そしてその後に量を減らしての維持治療をし数カ月、最後にゆっくり漸減して中止を試みるのが良いようです。

その中でMavissakalianらの報告が紹介されていました。イミプラミンによる6ヶ月の急性期治療が成功した後の話。そのままイミプラミンを中止すると83%が再発したといいます。しかし、急性期治療の後に半分の量でさらに1年間イミプラミンを継続した後に中止すると再発率が25%に下がったと報告されています。維持治療、継続治療、そして維持治療が大切という話。

Ballengerによれば急性期が1-3ヶ月、安定得・継続期が2-6ヶ月、維持療法期が3-12ヶ月、薬物中止期が8-12ヶ月とされているそうです。

今まで症状を身ながら「なんとなく」になってしまいました。実際、大きな差はありませんが、これらを意識しながら診療にあたると全体の流れが見え、より良い治療ができそうです。ってなわけで勉強になったのでメモメモ〆(^-^


« トラウマに対するPE法 | トップページ | リチウム中毒 »

コメント

どんな病気でも治療には時間がかかるのですね~

投稿: たなぼた | 2009年9月29日 (火) 00:56

>たなぼたさん
パッと魔法のように治ったら、どれだけ楽なこと。しかし、時間がかかるのが現実で、それにうまく付き合わなきゃいけないようですね。

投稿: satoru | 2009年10月 2日 (金) 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/31144561

この記事へのトラックバック一覧です: パニック障害治療の終え方:

» 甲状腺ガンの再発もなく1年で完治した方法 [癌の種類ごとの免疫力を高める食事療法/大腸癌/膵臓癌/肝臓癌/胃癌/前立線癌…[井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)]]
甲状腺ガンが1年で治り、その後も8年間再発無し。まるで人生が変わったような気持ち。松島恵子様・57歳(三重県)ある日、自分でも気がつかないうちに咽が太く腫れるようになり、 次第に目立ち始めたので病院へ行ったら、甲状腺ガンだとのこと、 いつもは元気な私も、すっかり意気消沈してしまいました。 なんで私が?・・・どうしてガンに?・・・ それでも前向きに考えながら、病院に通いはじめて少し経った頃のこ... [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 02:44

« トラウマに対するPE法 | トップページ | リチウム中毒 »