« リチウム中毒 | トップページ | 精神療法という言葉 »

2009年10月 9日 (金)

「たり」の使い方

現病歴では、様々な行動について記載することがあります。そんな文章を読んでいて、医学云々の前に「たり」が使えていない人をよく見ます。

というわけで、まずは悪い例。

アルコールが無くなると、大声をあげたり暴力をふるうなどして家族にアルコールの購入を要求するようになった。

たり」は同類の動作や状態を並べて示すために繰り返して使うものです。「シングルたり」は避けましょう。

アルコールが無くなると、大声をあげたり暴力をふるったりして……

ならばOKですね。これって一度知ってしまうと、人の文章が気になりません?ぜひチェックしてみて下さい(^-^/


« リチウム中毒 | トップページ | 精神療法という言葉 »

コメント

そうですよね。僕も中学一年のとき国語の先生に指摘されました。
ちなみに「とか」はどうなんでしょうか?

投稿: 田舎医者 | 2009年10月 9日 (金) 05:52

何か「たり」ない文章に…なったり?

投稿: escargot | 2009年10月10日 (土) 00:19

朝、これを読みました。
タリーズの前を通るときに、なんか気になることがあるなぁと考えたらこのブログが思いあたりました。
確かに「飲んだり食べたり」「踏んだり蹴ったり」って使いますね。
動詞が「ん」で終るときはだりになるのかな?
今日は前者の1日でした。

投稿: たなぼた | 2009年10月10日 (土) 23:56

>田舎医者さん
さすがに「とか」が病歴という公式の文章に出てくることはありませんね~
「とか弁やつ退治」という言葉を聞いたことがあります。
「とか」「やつ」はオフィシャルな場で使うな、というお話。
おっしゃるように「とか」も問題ですよね(^-^;

>escargotさん
シャレですか!(笑
何か足りない文章になったりならなかったり、ね。

>たなぼたさん
「だり」は音便なのでしょうね。ちゃんと調べれば出てくるハズ。ポイントは「ん」かも。
タリーズの「singleたり」は許してあげて下さい。

投稿: satoru | 2009年10月16日 (金) 08:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/31601841

この記事へのトラックバック一覧です: 「たり」の使い方:

« リチウム中毒 | トップページ | 精神療法という言葉 »