« 怠薬と再入院率 | トップページ | カリフォルニアロケット燃料 »

2009年11月23日 (月)

ミルタザピン

ミルタザピン(レメロン、リフレックス)がこの9月に日本で発売されて約2ヶ月が経ちました。まだ私自身の処方経験は2例のみ。爆発的に処方される薬ではないでしょう。しかし、これから処方数は確実に増えるだろうと思います。今後のうつ病治療における選択肢を増やすという意味で大きな薬剤です。

ここ最近の抗うつ薬と言ったら、SSRISNRIでした。SSRIは、神経細胞から放出されたセロトニンが神経細胞の中に再び引っ込んじゃうのを防ぐ薬。SNRIも同様に、ノルアドレナリンとセロトニンが引っ込んじゃうのを防ぐ薬です。

しかし今回は、ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬、略してNaSSAと呼ばれる作用機序。ノルアドレナリンとセロトニンの放出が抑制されるのを防ぐ薬。抑制解除をする薬です。

ストール先生の講演を聞いてきました。ミルタザピンの登場は、抗うつ薬が一つ増えるというだけではなく、SSRIやSNRIとは違った作用機序の薬という意味で大きな価値があるように感じました。SSRIやSNRIでの治療で難渋していた方に、さらなる治療の可能性がある薬と言えるでしょう。

海外では15年の歴史がありますが、日本では9月に発売されたばかり。来年9月までは14日分までしか処方できないのが悩ましいところ。悩ましい(-_-;

ヒスタミンへの作用がとても強く、最初に強い眠気があると言います。さっそく治療に難渋していた方2名に処方しました。「最初の1~2日は眠って過ごすつもりで飲んで!」と伝えて処方しました。片方の方は1日寝たと言いますし、片方の方は眠くならなかったと言います。そして一週間後に会ってみれば、お二人とも明らかに改善していました。効果が早いのも特徴の一つですね。元気になれる人が少しでも増えるよう応援したいと思います(^-^)


« 怠薬と再入院率 | トップページ | カリフォルニアロケット燃料 »

コメント

プシコさん、こんにちは

TheBeachと申します。「うつ病ブログ」というココログをやっています。

わたしは、うつ病とパニック障害です。
Major Depressionのほうです。

プシコさんの書いたミルタザピン(レメロン、リフレックス)って効き目はどうなんでしょうか。
というのは、処方薬の種類が多いので、ミルタザピン(レメロン、リフレックス)に置き換えて種類を少なくすることはできないか、と感じたからです。

わたしが現在、服用している処方薬ですが、次のとおりです。
1日につき11種26錠です。

うつ病と、パニック障害と、両方への対策です。
飲まないと、不安になります。

リーマス 毎食後1錠 1日3錠
レキソタン 毎食後2錠 1日6錠
トレドミン 朝夕食後1錠 1日2錠
ドグマチール 夕食後1錠 1日1錠
デプロメール 夕食後4錠 1日4錠
テシプール 夕食後2錠 1日2錠
パキシル 夕食後2錠 1日2錠
ノリトレン 夕食後3錠 1日3錠
クレストール 夕食後1錠 1日1錠
マイスリー 就寝前1錠 1日1錠
ドラール 就寝前1錠 1日1錠

さすがにこんなにあると、外泊や旅行では持ち運びが大変です・・・

リラグゼーションになるわけでもないし。

治るまで飲み続けますが・・・

投稿: TheBeach | 2009年11月23日 (月) 11:00

>TheBeachさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
「うつ病ブログ」とあらば、ミルタザピンは気になる存在でしょうね(^-^)

さて、薬を置き換えて減らそうとうお話ですね。結論から言えば、置換についてはNOでしょう。

統合失調症では、薬を置き換えながら減らしていくことはよくあります。しかし、抗うつ薬はそのような使い方をしません。合う薬を見つけたら、それを十分量・十分期間用いることが大切です。

今、効果が得られている薬があるのであれば、まずはそれをきっちり使うことです。一般的にミルタザピンには十分な効果があると思われますが、今の薬に置換することはお勧めしません。

で、薬の内容を拝見すると、沢山ありますね~。私だったらそうですね……
中途半端に入っている抗うつ薬を徐々に減量して中止したいところです。主剤はパキシル2錠=40mg?なのでしょうか。例えばトレドミン(50mg?)やドグマチールなど。デプロメールやノリトレン、テシプールの治療における位置が見えなくなってるでしょうから、簡単には語れなそうです。レキソタンは、減らせれば減らしたものですね。
どの薬もそうですが、減らすとしても「徐々に」であることがとても大切です。リバウンドを起こすと、減らすつもりが不調になって、一時的とは言え量を増やすハメになりかねませんから。
どうぞお大事になさって下さいね(^-^/

投稿: satoru | 2009年11月30日 (月) 18:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43630/32319339

この記事へのトラックバック一覧です: ミルタザピン:

« 怠薬と再入院率 | トップページ | カリフォルニアロケット燃料 »