カテゴリー「人格障害・摂食障害」の9件の記事

2009年8月14日 (金)

Refeeding Synd.

子どものメンタルヘルス研究会に足を運んだ際、摂食障害の症例発表を聴きました。Refeeding Syndromeが扱われていました。これは、飢餓状態から栄養回復する過程で不整脈や臓器不全が生じ得るもので、突然死のリスクすらあると言います。

起こりやすい要素が4つ紹介されていました。
・BMI<16
・過去3~6ヶ月で15%以上の体重減少
・10日間以上の低栄養状態
・再栄養前の血中リンが低値

これらのうち1つでもあればリスクが高いと考えられるそうです。飢餓状態の人は血液検査の際にリンをよ~くチェックですね。

血中リン値が下がることについて、次のように説明されていました。

低栄養でが十分に供給されず、細胞内糖代謝が低下し、その間にリンが細胞外に出され、そして体外にリンが排出されてしまいます。

再栄養が開始されが回復すると、細胞内糖代謝が回復し、細胞外のリンが細胞内に引き込まれ、そして低リン血症に至ると言います。

再栄養する上で、血中リン値が下がっている様であれ注意が必要です。その際は、リン製剤等でリンを補充しつつ、再栄養のペースを落として血中リン値が戻ってくるのを待つ必要があるようです。

栄養を付加する際に、エンシュアリキッドやラコールなどが用いられますが、エレンタールPはリンを多く含んでいて良いらしいです。

なかなか勉強になりました。これから低栄養状態に陥った方を診たら、低リン血症に注意しようと思いました。忘れないうちにメモメモ〆(・_・

| コメント (0) | トラックバック (2)

2008年11月14日 (金)

境界型人格の診断基準

境界型人格障害のDSM-IVの診断基準が頭に入っていないことに気付きました。これって精神科医でもちゃんと言える人は少なそう。ザラッと挙げると

以下のうち5つ以上を満たす。
1)見捨てられ不安
2)不安定で激しい対人関係(理想化とこき下ろし)
3)同一性障害
4)自己を傷ける可能性がある衝動性が2つ(浪費、性行為、物質乱用、無謀な運転、むちゃ喰いetc)
5)自殺の行為やそぶり、脅し、または自傷行為の繰り返し
6)感情不安定
7)慢性的な空虚感
8)不適切で激しい怒り、怒りの制御の困難
9)一過性のストレス関連性の妄想様観念または重篤な解離

といった感じ。略したり言い換えたりしている部分があるので、正確な内容はちゃんと本で見て下さい。

そして、これを覚えることにしました。例によってプシコ・メモメモ式の語呂合わせ

Ikari 「ミステリアスな彼女は不安定。タイ人なのにドイツの空で、衝動的にイカリで自傷かも」

ミステリアス :見捨てられ不安
彼女は不安定 :感情不安定
タイ人なのに :対人関係が激しく不安定
ドイツの :同一性障害
空で :空虚感
衝動的に :衝動性(浪費や物質乱用など)
イカリで :怒りの制御が困難、不適切な怒り
自傷 :自殺に関する行為や自傷
かも :解離、妄想様観念

「かも=解離、妄想様観念」に無理を感じる人は「……錨で自傷。帰りもそうかな」なんて案も用意しておきましょう。

どなたか、既にある覚え方や自作の語呂合わせがありましたらご教授下さいm(^-^)m

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

BPDの予後

境界型人格障害(Borderline Personality Disorder、以下BPD)の予後について白波瀬丈一郎先生の講演の中で話が出ていました。

BPDの人が、その後どうなるのか。本人も家族も心配するところです。そして、計算通りには進まない治療に医療者も無力感を覚えて不安になるもの。さて、どうなんでしょう(・_・)

Zanariniらの報告によれば、2年後には34.5%が、BPDの診断基準を満たさない程に改善したとのこと。4年後には49.4%が、6年後には68.6%がBPDの診断基準を満たさない程に改善していたとのこと。

BPDを治療していく間、計画通りにならないことだからけ。むしろ、計画通りにならないことが予定通りと思った方がいいのでしょう。そん中、医療者も患者も家族も「頑張っていれば、いずれ良くなる」と思えば治療を頑張りやすいことでしょう。

医者は「あっち方向に進もうと頑張ることが治療ですよ」と指を指し続ける役として、地道に付き合うことが治療なのでしょうかね(^-^)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

BPDの親

白波瀬丈一郎先生の講演の中で、境界型人格障害(Borderline Personality Disoreder、以下BPD)の親についての話がありました。

BPDのには、様々な人がいます。その性格や生活に明らかな問題がある人もいれば、普通としか思えない人もいます。本人に対する態度も様々で、過干渉だったり過保護だったり無関心だったり攻撃的だったり。

そこで白波瀬先生がおっしゃるのは「親を悪者にするな」とのこと。

我が子がBPDになったことについて、親は何らかの形で傷ついているもの。自分の育て方が悪かったのではないか等と不安を抱いているものです。

親の態度や行動に問題があれば、場合によって修正を試みるのも治療でしょう。しかし、責めてもしょうがありません。親だってついているのでしょうから、支持的に接するべきなのでしょうね(・_・)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

BPDの意見を……

白波瀬丈一郎先生の講演の中で「境界型人格障害の治療場面で、患者さんの提案を取り入れるようにしている」との話がありました。

境界型人格障害の患者さんは「どうせ私の言うことは聞いてくれない」と思いがち。実際、無茶な提案をして拒絶されることは多いものです。しかし、それで何かと拒絶していては、彼らの「どうせ聞いてくれない」という信念の元になった準拠枠を強めてしまうことでしょう。

ですから、大きな問題がみられず、一理あるような提案であれば、提案を積極的に取り入れるようにしているとのこと。「自分の意見も、まっとうなことを言えば聞き入れられる」という健康的な関係を体験させることが大切なのでしょう。

なるほど、ちょっと意識してみようかな(・_・)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

内的現実と外的現実

 2月の下旬に、聞いた白波瀬丈一郎先生の境界型人格障害(Borderline Personality Disorder、以下BPD)についての講演で「外的現実」と「内的現実」という言葉が出てきました。

 その話では、BPDの患者さんの中では外的現実内的現実が大きく違ってしまい問題が生じるとのこと。

 例えば、外的現実では何も問題の無く友人と会話していたハズが、BPDの人の内的現実では友人が悪意を持って意地悪をしてきたように思っているようなことがあります。

 例えば、外的現実としては何とも思ってない担当医に、BPDの人の内的現実では担当医が怒っていると思い込んでいることがあります。

 外的現実として何も無いのに、本人の中では不幸な現実が展開されているのは非常に損なことです。BPDの持つ不健康な準拠枠、そして歪んだ認知によって生じることなのでしょう。

 歪んだ内的現実外的現実に合わせることは難しいことであり、これは超長期的にしかできないこと。まずは歪んだ内的現実に自ら気づいてもらうことが治療になる、とのお話でした。

 BPDの方に分かりやすいようにでも用意しておきたいとおろですかね(^-^)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

悲?怒?

名古屋大の尾崎紀夫先生のお話のなかで、BPD(境界型人格障害)について興味深いお話が。

Domesらの報告が元でしょうか。まず、悲しみの表情怒りの表情を用意します。それにモーフィングの技術を用いて、悲しみと怒りの途中段階の曖昧な顔を沢山用意します。

この沢山の顔を見て「怒ってる」と感じるのか「悲しんでいる」と感じるのかを調べます。すると、BPDの患者さんはあいまいな表情を「怒っている」と感じやすい傾向があるとのこと。

なるほど。BPDの人は、周囲の人が怒っていると感じやすいものなのでしょう。実際以上に「怒られた!(>_<」と感じやすいかもしれません。さらに、実際には怒られてなくても、怒られていると感じるかもしれません。それでは、対人関係の上で衝突が多いでしょうし、自尊心も低くなるでしょうし、ストレスが多いでしょうに。

この傾向をBPDの患者さん本人に理解してもらえたら、本人がいくらかでも客観視しやすくなるのでしょうね。

ああ、その怒っている顔と悲しんでる顔、そしてその曖昧な顔が欲し~!BPDの人(+家族)に実際に体験してもらいたい~。って、用意するのは大変そうだなo(x_x)o

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

BPDの準拠枠

先日、白波瀬丈一郎先生の境界型人格障害(Borderline Personality Disorder、以下BPD)についての講演会がありました。非常に勉強になる話だったので、その内容を元にメモメモ。いくらか自分なりの解釈や意見が入っているのでご了承下さいm(_ _)m

BPDの特徴のひとつとして挙げたのが「歪んだ準拠枠」。

人は皆、それまで周囲の人と接してきたデータベースを元に目の前の人推測しているものです。それが準拠枠。よくある表現として「人は色メガネを通して人を見ている」という言い方がありますが、そのメガネのこと。

世界一有名なRAYBAN(レイバン)が衝撃の60%OFF!!RAYBAN(レイバン)サングラスRB3179

色も歪みもないメガネをかけていれば健康的。しかしBPDではメガネのレンズに強い色歪みがあると言えます。準拠枠に歪みがあるのです。

例えばこんな感じ。
どうせ私は嫌われるんじゃないか。見捨てられるんじゃないか

BPDの人は、そんな現実とは違った信念を抱きながら人と接しているのです。その結果、問題のある対人行動をとりがちで、さらにその結果として嫌われ見捨てられることになりがち。

結果としてただの信念でしかなかった「私は嫌われ、見捨てられる」が現実になってしまうのです。そして、さらに準拠枠がマイナス方向に偏っていくのです。

偏った準拠枠を通じて、(A)マイナスの信念を抱き、(B)マイナスの行動をとり、(C)マイナスの現実に直面して準拠枠を偏らせ、以下ABCABC……

この各段階に治療的なアプローチをするのであれば次の様なことでしょうか。

A.マイナスの信念を揺るがすことを試みる
 信念そのものがガラリと変わることなんて無理!「ガラリ」と変わったと思ったら、むしろオカシイこと。「その信念以外に、こんな見方もあるかな?」と、ワンパターンではない物の見方を獲得できるようにできたら何かが

B.マイナスの行動を減らすことを試みる
 問題をゼロにしようと思うと「全か無か思考」そのもの。まずは「減らそう」と思うところからでしょうか。

C.良い対人関係を経験することを試みる
 準拠枠はそれまでの対人関係のデータの集合によるもの。ちょっとやそっとじゃ無理だけど、健康的な良いデータを加えていくと準拠枠が変わっていくかもしれませんね。

 

理屈で言うのは簡単。しかしBPDの治療場面では、本人も周囲の人も嵐のような混乱に巻き込まれがち。それでも、以上の様なことを意識しておくと違うかも(^-^;

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

過食への対策メモメモ発見

摂食障害の治療は「薬でポン!」とはいかず、難しいもの。医局で過食が起こりそうな状況への戦略のメモ発見。出展はよく分からないけど、コレは使えそう……無くす前にメモメモ。命令形なのは何だろ。英語の文章の日本語訳なのかな。ちょっとだけ文章や内容を変えてます。

1) 1日3回食事しなさい。その食事内容には炭水化物が含まれていること。そうすることで、過食を誘発する炭水化物欠乏を減らす事ができるでしょう。

2) すっぱいものを口に入れなさい。レモンやライム、梅干など。すっぱさは味蕾に作用して、甘いものへの欲求を抑えることでしょう。

3) 果物かジュース、あるいはごく少量の砂糖菓子を、過食の危機を切り抜けるために選んでおきなさい。

4) 時間をかけて食事しなさい。席について、箸(あるいはナイフ+フォーク)を一口ごとに置きながら、ゆっくりと食べなさい。

5) 過食の危機に陥りそうだと感じたときに、すばやく対応するために、製氷皿にオレンジジュースを凍らせておきなさい

6) 予防手段をとりなさい。床を磨いたり手紙を書いたり、活動しなさい。おなかいっぱいに感じるように水を少しずつ飲みながら、少なくとも1時間は根気強く頑張りなさい。食べたい欲求が減ることでしょう。

7) フレーバー入りの歯磨きで歯を磨きなさい。あるいは強力なうがい薬でうがいしなさい。

8) 冷凍庫にシャーベットを用意しておきなさい。砕いた氷と低カロリーのジュースを紙コップに入れて凍らせておきなさい。小さなスプーンでゆっくりと食べなさい。

9) 角をなめなさい。

10) 10分間タイマーをセットして、仕事をしなさい。10分経ったとき、まだお腹が本当にすいているか、自分自身に質問してみなさい。もしすいてるなら食べに行きなさい。ただしカロリーのほとんど無い、好きじゃない食べ物を選びなさい。

11) 運動しなさい。早足で散歩するか、自転車に乗るか、ジョギングするかしなさい。そうすることで誘惑から自分を引き離し、食欲を抑えられるでしょう。

12) 爪を磨きなさい。マニキュアを2回塗りなさい。それが乾く頃には、食欲のピークは過ぎ去っていることでしょう。

13) 全ての禁じられた食べ物を家の外に出しなさい。もし、それらを家族が必要とするのなら、棚に入れて鍵を閉め、他の誰かに鍵を預かってもらいなさい。

14) 食べ残しをひとつずつアルミホイルに包んでしないなさい。そして、冷蔵庫の奥に押し込んでしまいなさい。もっとよいのは、捨ててしまうことです。

15) あなたのお皿、一杯分だけの量を料理しなさい。

16) 決して大皿に盛りつけないこと

17) 自分の食事は、小さい皿で用意しなさい。

18) お腹がすいたまま買い物に行かないようにしなさい。食事をして満足したら買い物に行きなさい。買い物は週に一回だけにして、買い物リストを守りなさい。

19) 料理している間はガムを噛みなさい。味見をするためには、わざわざガムを捨てなければなりません。

20) 食事の場所をテーブル一箇所に決めなさい。居間や書斎、寝室などには決して食べ物を持ち込んではいけません。

21) テレビを見ているときは、手元で作業を続けなさい。

22) 夜と週末に、あいた時間が無いように計画を立てなさい。

23) 食事の30分前に大きなコップで水を一杯飲みなさい。ゆっくりと少しずつ飲みなさい。そうすれば、満腹感が得られ、それだけ少ない食べ物で済むでしょう。

24) 食欲の勢いを弱めるため、食事の最初にサラダを食べなさい。あるいはセロリやキュウリ、ニンジンをかじりなさい。

25) ポップコーンや生野菜の様な、沢山噛む必要がある食べ物を食事の前に食べなさい。これにより舌触りに対する欲求を満足させ、アゴの筋肉に疲労感を与えることでしょう。

26) 食事と一緒に氷水を飲みなさい。

27) 最も好きなものを食べるのを諦めないでおきなさい。ただし、少しだけにすること。それを食べる余地を作るため、他の食べ物の量を減らして、総カロリー数があなたの許容量を超えないようにしなさい。

28) 決して20分以内で食事を終わらせてはいけません。それは満腹の生理学的信号が胃から脳まで伝わるのに必要な時間です。

29) 下剤を捨てなさい

30) 食事した量にかかわらず、嘔吐や下剤乱用をしないように注意しなさい。

31) 体重を毎日計ってはいけません。あなたの体重は日々変化します。ひと月の中でも、には水分が身体に貯留しやすい時期もあるのです。その事を覚えておきなさい。体重計に乗ることがしばしば過食を誘発します。できれば体重計を片付けてしまいなさい。

32) 衣類を片付けて、あなたが現在着ることができない小さいサイズの服を捨てなさい。着ることができないことは、ただ単にあなたを落ち込ませ、非現実的な目標を強めてしまいます。

33) 新聞を読みなさい。

34) 友達に電話しなさい。

35) 散歩しなさい。

36) 音楽を聴きなさい。

37) 温かいシャワーを浴びるか、熱い風呂に入りなさい。

38) 日記を書きなさい。

39) 友達に手紙を書きなさい。

40) ヨガや瞑想、その他のリラクゼーション法を実行しなさい。

41) 顔のマッサージで自分自身を十分に満足させなさい。

42) 映画を見に行きなさい。

 過食と嘔吐に悩む方にお勧めできますね。ただ、拒食を伴う人(が殆どですが^-^;)にはいくらか注意すべき点もあります。また、過活動が問題になるケースも。自分自身が摂食障害の場合は、よく主治医と相談してからにしましょう。

過食症からの脱出―自分で治す実践ガイド Book 過食症からの脱出―自分で治す実践ガイド

著者:P.J. クーパー,西園 文,生野 照子
販売元:女子栄養大学出版部
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (2) | トラックバック (0)