カテゴリー「診断基準」の9件の記事

2009年3月10日 (火)

精神遅滞 ICD-10とDSM-IV

精神科で用いられる2つの診断基準、DSM-IVICD-10。この2つで、精神遅滞IQによる重症度分類が行われています。それをちょっとまとめてメモメモ。

DSM-IV 重症度 ICD-10
50-55から
およそ70
軽度 50から69
35-40から50-55 中等度 35-49
20-25から35-40 重度 20-34
20-25以下 最重度 20未満

となっています。これだけ見ると、ちょっと複雑。というわけで記憶しやすいようにまとめると……

DSM-IV 重症度 ICD-10
(コード)
50以上70以下 軽度 50以上70未満
F70
35以上55以下 中等度 35以上50未満
F71
20以上40以下 重度 20以上35未満
F72
25以下 最重度 20未満
F73

DSM-IVとICD-10は、どちらも似たような基準でそろえてあいます。ちょっとした違いは、DSM-IVずつ上に幅を持たせていること。

DSM-IV基準の覚え方は「精神遅滞の重症度分類」で扱っています。DSM-IVを覚えれば、ICD-10も覚えられそうですね(^-^)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

境界型人格の診断基準

境界型人格障害のDSM-IVの診断基準が頭に入っていないことに気付きました。これって精神科医でもちゃんと言える人は少なそう。ザラッと挙げると

以下のうち5つ以上を満たす。
1)見捨てられ不安
2)不安定で激しい対人関係(理想化とこき下ろし)
3)同一性障害
4)自己を傷ける可能性がある衝動性が2つ(浪費、性行為、物質乱用、無謀な運転、むちゃ喰いetc)
5)自殺の行為やそぶり、脅し、または自傷行為の繰り返し
6)感情不安定
7)慢性的な空虚感
8)不適切で激しい怒り、怒りの制御の困難
9)一過性のストレス関連性の妄想様観念または重篤な解離

といった感じ。略したり言い換えたりしている部分があるので、正確な内容はちゃんと本で見て下さい。

そして、これを覚えることにしました。例によってプシコ・メモメモ式の語呂合わせ

Ikari 「ミステリアスな彼女は不安定。タイ人なのにドイツの空で、衝動的にイカリで自傷かも」

ミステリアス :見捨てられ不安
彼女は不安定 :感情不安定
タイ人なのに :対人関係が激しく不安定
ドイツの :同一性障害
空で :空虚感
衝動的に :衝動性(浪費や物質乱用など)
イカリで :怒りの制御が困難、不適切な怒り
自傷 :自殺に関する行為や自傷
かも :解離、妄想様観念

「かも=解離、妄想様観念」に無理を感じる人は「……錨で自傷。帰りもそうかな」なんて案も用意しておきましょう。

どなたか、既にある覚え方や自作の語呂合わせがありましたらご教授下さいm(^-^)m

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

アルコール依存をチェック!

アルコール依存のチェック項目として「CAGE」と呼ばれる4項目があります。このうち2項目がひっかかる様であればアルコール依存を積極的に疑うべき、というもの。日常診療で参考になりそうなのでメモメモ。

Beer02 C =Cut Down
あなたは今までに、自分の酒量を減らさなければいけないと感じたことがありますか?

A =Annoyed by Criticism
あなたは今までに、周囲の人に自分の飲酒について批判されて困ったことがありますか?

G =Guilty Feeling
あなたは今までに、自分の飲酒についてよくないと感じたり、罪悪感をもったりしたことがありますか?

E = Eye-Opener
あなたは今までに、朝酒や迎え酒を飲んだことがありますか?

ちょっとアルコール依存の話を持ち出すのにちょうどよさそうですね。これはチェックです(^-^)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

物質依存の診断基準

新しく勤め始めた病院ではアルコール依存症(や薬物依存)の患者さんが沢山います。DSM-IVでは「物質依存」とひとまとめにされています。というわけで、この診断基準を覚えることにしました。正確さを犠牲にしつつ、ザッと短い言葉にしてしまいますのでご了承下さい。

1) 耐性。物質により望む効果を得るのに以前より沢山の量が必要になる。あるいは、同じ量を使っても以前より効果が減弱

2) 離脱。離脱症候群が生じる。あるいは離脱症状を避けるために物質を使う。

3) 使用期間頻度の増加

4) 止めよう、減らそうとしても止まらないし減らせない

5) その物質を得るための時間や使用する時間、そして回復する時間といった物質使用に費やす時間が増加

6) その物質のために社会的職業的または娯楽的な活動が障害されている。

7) 精神的な問題や身体的な問題が生じているのに物質使用を続ける

 

これをメモメモ式に語呂合わせで覚えてみたいと思います♪

Photo_3 「酒に耐え、沢山の釈迦が解脱して、時はノンストップ!ノンストップ!」

う~ん、意味不明ですね(^-^;

酒に : アルコール依存などの診断基準

  1. 耐え : 耐性
  2. 沢山の : 量や期間、頻度の増加
  3. 釈迦が : 社会的な障害
  4. 解脱 : 離脱症候群
  5. 時は : 物質に費やす時間の増大
  6. ノンストップ : 止めようと思っても止まらない
  7. ノンストップ : 止めるべきなのに止まらない

さて、覚えることができたでしょうか。これで、同じ依存症の方を見るのにも、頭を整理して把握できそうです(^-^)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

精神遅滞の重症度分類

何かと複雑なDSM-IVの診断基準でも、精神遅滞については非常にシンプル。ザッと書くとこんな感じ。
A: IQがおよそ70以下
B: 適応の問題がある
C: 18歳以下の発症

重症度がIQによって分けられます。
 軽度精神遅滞 :50~55 から およそ70
 中等度精神遅滞:35~40 から 50~55
 重度精神遅滞 :20~25 から 35~40
 最重度精神遅滞:20~25以下

私はこの区分をすぐに忘れてしまいます(>_<;

というわけで、このたびちゃんと覚えようと立ち上がりました!そこで語呂合わせです♪(^-^/

ナオちゃんくて、午後にはチュッ
(70以下=軽度、55以下=中等度)

っていし、双子メチャ重ッ!
(40以下=重度、25以下=最重度)

こんなので、どうでしょ?他にも、聞いたことがある、あるいはオリジナルの良い案があったら聞かせて下さい(^-^/

覚え方と言えば、当ブログの記事に「心電図の電極」「αβθδ……脳波の話」もありますので、ご参考まで。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

大うつ病の診断基準(DSM-IV)

DSM-IVに於いて、大うつ病(Major Depressive Disorder)の診断の軸となるのが大うつ病エピソード(Major Depressive Episodeの診断基準です。
先日、セルトラリン=商品名ジェイゾロフトの発売一周年記念の講演会@品川に行ってきました。

そこで講演の中で「精神科医でも、大うつ病の診断基準をサラリと挙げられる人は少ないでしょう」という言葉がありました。

確かにその通りだろうと思いましたし、自分もサラリと全部は言えません。診療するにあたって、必要なものではありません。しかし、精神科医としてのプライドが……ということで、暗記してみることに.o(・_・)o

Happy_dep_1 A
次のうち5つ以上1か2のどちらかは必須。
1) 抑うつ気分
2) 興味、喜びの著しい減退
3) 体重減少 or 増加 または 食欲減退 or 増加
4) 不眠 or睡眠過多
5) 精神運動静止 または 焦燥
6) 易疲労感 または 気力の減退
7) 無価値感 または 罪責感
8) 思考力や集中力の減退 または 決断困難
9) 自殺念慮

この理解を深めるべく、私なりに噛み砕くと……
[1+2] 気分が落ち込んだり楽しくなくなったり。これは必須項目。
[3+4] 食と眠の体の反応。典型的には不眠と食欲不振。しかし季節性のうつ病冬眠にも似た点があり、睡眠過多と過食が起こりえます。
[5+6] 心のエネルギーの問題。主に低下。
[7+8+9} 思考の質と量の障害
……といった感じでしょうか。

他には下記のものがあります。まぁ、これを暗記するつもりはありませんが(^-^;
B 混合性エピソード(平たく言えば「躁うつ」)ではない
C 著しい苦痛、あるいは社会・職業的な機能障害がある
D 物質の作用や身体疾患によるものじゃない
E 死別反応ではない

暗記ポイントはAの9つでしょう。よし、暗記しよ!o(^-^)o

上記のものは細かいところをバッサリと省略したり言い換えたりしたもの。正確な内容についてはDSM-IV-TR精神疾患の分類と診断の手引 をご参照下さい。


Zoloft_necktie_1 ジェイゾロフトの講演会、力が入ってましたね~。会場の作り方から映像から何から「広告」に力が入ってました。
驚かされたのは、会場の新高輪プリンスホテルに入って感じた不思議な違和感。しばらくして気づいたのが、MRさんのネクタイが全員同じなんです。ダークスーツに白いワイシャツ、そしてお揃いのネクタイ。まるで映画「マトリックス」で街中にエージェントスミスが沢山現れたときのような奇妙さ。ご覧下さい、写真がそのネクタイです。ジェイゾロフトのヒマワリの模様をドットに使ったとか。へぇ~。さすがアメリカの会社ですね~(・_・

| コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

何の略?DSM-IVとICD-10

2007年2月現在、精神科で用いられる診断基準には主に次の2つ「DSM-IV」と「ICD-10」があります。これは現場の人なら常識的に知っていること。じゃあ、各々が何の略だったか覚えてます?……私は忘れてました(^-^;

 

DSM-IVとは、APA(American Psychiatric Association、アメリカ精神医学会)が編集したもの。臨床の現場で使われる事が、こちらの方が多いでしょうか。これは"Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders"「精神障害の診断と統計マニュアル」というもの。今は"-TR"が最後に付くが、これは"Text Revision"の意味で、診断基準そのものは変わらず、解説文が書き直されたもの。

Dsm4_2

Book DSM-IV-TR精神疾患の分類と診断の手引

著者:American Psychiatric Association,高橋 三郎,大野 裕,染矢 俊幸
販売元:医学書院
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

そして、ICD-10WHOが編集したもの。精神科医をしていると忘れがちですが、何も精神疾患だけのものではありません。いろんな疾患が全て含まれてます。特にお役所関係で用いられる事があり、書類作成時にICD分類のコードを書くよう求められる事があります。"International Classification of Disease"「国際疾患分類」の略。

ICD‐10 精神および行動の障害―臨床記述と診断ガイドライン Book ICD‐10 精神および行動の障害―臨床記述と診断ガイドライン

販売元:医学書院
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これでスッキリ♪

専門用語についてと言えば、以前に略語「Rp.」「do.」etcという記事も書いてます。よかったら、お読み下さい(^-^)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

妄想性障害と統合失調症

臨床場面では
「妄想しかないのが妄想性障害」
「病的体験を伴い『おかしい』のが統合失調症」
という認識をしていますが、あらためてここでDSM-IVに照らし合わせてメモメモ。

Dsm4_1 妄想性障害
A)奇異でない内容の妄想
 追跡・被毒・病気をうつされる・実は病気だ・遠方の人に愛される・浮気されるetc 現実生活で起こる状況に関するもの。

B)統合失調症のAを満たしたことがない
 ただし、妄想主題に関したものなら幻触や幻嗅が出現してもよい

C)妄想(orその発展)の直接的影響以外に、機能は著しく障害されておらず、行動も目立って風変わりだったり奇妙だったりしない。

D)気分エピソードが同時に生じていても、その期間は妄想より短い
E)物質や一般身体疾患による生理学的作用によるものじゃない

要するに、妄想性障害が統合失調症と違うのは……
・妄想以外は機能が保たれている
・妄想にしたって、そこまで奇妙じゃない
……ということでしょうか。

補) 省略したり、簡単な言葉にしてしまったりしてます。正確な内容は、ちゃんと本を手にお調べ下さいm(U_U)m

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

統合失調症の診断(DSM-IV)

統合失調症について、改めてDSM-IVに照らし合わせてメモメモ。統合失調症の診断基準を簡単に見てみると……

Dsm4 A) 以下のうち2つ
■妄想
■幻覚

■まとまりのない会話
■ひどくまとまりのないor緊張病性の行動

■陰性症状(感情の平板化、思考の貧困、意欲の欠如)

ただし、以下のものがあったら2つと言わず1つでOK
・奇異な妄想
・行動や思考を逐一説明する幻聴
・2つ以上の声が会話する幻聴

B) 社会的または職業的機能の低下

C) 障害が6ヶ月以上

DEF) そして、以下のものではない。
失調感情障害や気分障害
物質や一般身体疾患
広汎性発達障害

要するに……
病的体験まとまりの無さ陰性症状がある
・社会的あるいは職業的に機能障害が生じている
……ということ。

補1) 省略したり、簡単な言葉にしてしまったりしてます。正確な内容は、ちゃんと本を手にお調べ下さいm(U_U)m

補2) 診断基準は、あくまで「確定的な診断」を下すためのもの。これに満たないからといって統合失調症じゃない、と言えるものではありません。まだ基準を満たす前の発病初期なんて、確定診断を下さなくても統合失調症として治療を始めるべきことだってありえます。

| コメント (0) | トラックバック (0)