カテゴリー「検査」の10件の記事

2008年4月17日 (木)

長谷川式簡易知能スケール

認知症をチェックする簡便な検査として長谷川式簡易知能巣スケールHDS-R)があります。医師がこのスケールを元に患者さんに試験をして点数化するもの。20点以下だと認知症が疑われます。

「HDSR.pdf」をダウンロード

昨年度に勤めてた病院に、その用紙が無かったので作ってみました。もちろん、用紙が無くても普通に実施できる検査です。でも、あった方が楽かな、と思って作ってみました。もしよろしければ、皆様もどうぞ(^-^/

| コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

抑うつの尺度"BDI"

抑うつ状態の尺度として、代表的なスケールであるベック抑うつ質問票BDI)。昔から使われ続けているものです。これを最近、今の病院の外来で使い始めました♪

これは患者さん自身が丸をつける自己記入式。丸をつけた項目の点数を足し算して評価します。

「BDI.pdf」をダウンロード

ネットで自分をチェックするなら「げんのうつ病闘病記>抑うつ度チェック」でできます。

高血圧で外来に通っている人が、自宅で計測した血圧の記録を医者に見せることがあります。糖尿病で通っている人だって、自宅で測定した血糖値を医者に報告して薬物療法の調整をしてもらうもの。ってことは……

うつ病で通院中の人が、あらかじめ自宅でBDISASSを計算して外来で報告するのも有用かもしれませんね(^-^)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

抑うつの尺度"SASS"

以前から耳にしていた、そしてCNSフォーラム(2007)で紹介されたSASS(social adaptation self-evaluation scale)を診療で使い始めました。これはうつ病を主とした抑うつ状態を評価する尺度のひとつ。

抑うつ状態の尺度としてHAM-DやBDIが有名ですが、これらで十分に抑うつ状態が改善しても社会復帰が困難なことがあります。SASSでは抑うつ状態が寛解に至り、社会復帰を目指すまでを評価できるとのこと。

患者さん自身が丸をつける自己記入式。丸をつけたら、あとは足し算して評価します。

35以上が正常とされていますが、他の医者や看護師でも35前後の人は多いもの。ですから、その数字にこだわるよりも経過を見るのが有用じゃないかと思っています。

ってなわけで、これまで外来で質問紙を使ってきませんでしたが、先日から外来でSASSを使い始めました。外来で待っている間に書いてもらうシステムです。これからの変化が楽しみです♪

「SASS.pdf」をダウンロード 

皆様もよろしければ、使ってみて下さい(^-^/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

心拍に一致した棘波

Eeg_ecg我々は脳波検査において、心拍に一致して棘波が認められた症例を経験した。

……って、心電図の混入ですねw
この脳波では、恥ずかしい話、一瞬ではありましたが棘波(スパイク)かどうか考えちゃいました

太った人首が太い人では、心電図が脳波に混入しやすいもの。

それにしても、心拍毎に脳波に小さな棘波様のノイズが入るのをよく見ます。
しかしこの様に、心電図が毎回ではなく
たまに入る
だけなのはなぜなんでしょうね。
疑問です(・_・)

新版 脳波の旅への誘い―楽しく学べるわかりやすい脳波入門 Book 新版 脳波の旅への誘い―楽しく学べるわかりやすい脳波入門

著者:市川 忠彦
販売元:星和書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

脳波に対する苦手意識を減らすのに、非常に助かったのがこの本。久しぶりにチェックしてみると、見た目がカッコよくなってます(^-^)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

αβθδ……脳波の話

Eeg_1 医学生さんを相手にする事がよくありますが、脳波のα波が何Hzかを質問しても、皆さん殆ど覚えてません。改めてまとめておきますと

  • β波 13Hz以上 速波
  • α波 8~13Hz 安静閉眼時の基本となる波
  • θ波 4~8Hz 徐波
  • δ波 4Hz以下 徐波

学生さんと一緒に編み出した覚え方としては

  • β」という文字は「13」に似てる。だから13以上。
  • θ」という文字が「8」に似てる。しかもシータの「」=。だから4~8。

というもの。
仕事で脳波を読んでいれば自然と頭に入るものですが、ローテート中の研修医や学生はこーでもしないと覚えるのも大変ですよね。

新版 脳波の旅への誘い―楽しく学べるわかりやすい脳波入門 新版 脳波の旅への誘い―楽しく学べるわかりやすい脳波入門

著者:市川 忠彦
販売元:星和書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

脳波に苦手意識を持ってる人には↑この本↑がオススメ

| コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

心電図の電極

「身体」に弱い精神科医の私は、心電図電極の順について、とっさに出てきません(-_-;

そんな私に心強い語呂合わせを教わりました。
アキミちゃんブラ紫

誰なんでしょうか。そのアキミちゃんという娘の下着は紫色だそうです。スゴイですね~(何が?w
ブラック 」 という事ですね。これは便利、便利♪

心電図ミニガイド Book 心電図ミニガイド

著者:臼井 孝,菊地 武子,藤原 泰子,大塚 邦子,千葉 多圭子,松下 由美子
販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月28日 (火)

棘徐波複合

Spike_and_waveいろんな棘徐波(Spike & Slow Wave)がありますが、脳波を読んでいてこれだけ立派なものは、私にとっては珍しいもの。てんかんを扱う医者には珍しくもないのでしょうけど。
でも、こーいう波に出会うとワクワクしちゃうものです(^-^ ……って、本人にとってはワクワクもしてられない異常なんですよね。
念のため触れておこうと、細くとがったのが「棘波」、それに続く大きな山が「徐波」。それが合わさったものが「棘徐波複合」。
写真に示したものは、そんな波が数十秒にわたって続いていました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

見かけの陽性棘波

Positivespike 脳波を読むのに、いくらか慣れてきました。そして見かけの陽性棘波を発見♪ 脳波をスラスラ(?)読める人には小さな事でしょう。しかし、これまで全てがワケ分からんウネウネに見えてましたものが、違って見えた瞬間は感動します。こーいう異常波が、基礎律動の中に埋もれず私の目に飛び込んでくるようになって、何だか嬉しいですねo(^-^)o

 私に分かる範囲で、写真に示した脳波の解説をしてみます。まぁ、自分の知識を整理しなおすつもりで。

 脳波では「上向き=陰性」で「下向き=陽性」なんです。何だか日常的な感覚からしたら逆ですよね(^-^; 普通に棘波(spike)と言ったら上向きにとがっている波をさします。

 しかし、赤矢印の波は下向きです。これは「まるで陽性の棘波」ですが、これは基準となる耳近くで「陰性」の触れがあった証拠。見かけの陽性棘波ってのは、側頭葉てんかんで見られるものなんですね。

 それもこれも、この本から得た知識。

Book 誤りやすい異常脳波

著者:市川 忠彦
販売元:医学書院
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

棘徐波複合

Spike_wave_2 異常脳波の中で、特に重要なもののひとつに「棘徐波複合(Spike & Slow Wave)」が挙げられます。典型的なものなら、初見でも分かります。しかし、その崩れかかったものとなると、よく分からないもの。以前は「突発活動が出てきませんように」とおびえながら脳波の紙をめくっていたものでした(^-^;

しかし、脳波を沢山読んでるうちに、棘徐波複合が少しずつ、目に飛び込んで見えてくるようになってきました。そうすると、なんだか見つけるたびにうれしくなってきます。 これなら診療にバッチリ生かせそうです♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

脳波

精神科医の中には脳波に苦手意識を持っている人も多いことでしょう。つかみどころが無さそうに波打つ脳波には、私も苦手意識を抱かずにはいられません。周囲を見渡せば、そんな人が多いこと多いこと。

最近、病院に溜まった脳波を読んでみています。慣れると、いくらか違うのでしょうか。ちょっとだけ分かった気になってきました……と豪語するのは早いかな^-^;

脳波の旅への誘い―楽しく学べるわかりやすい脳波入門 脳波の旅への誘い―楽しく学べるわかりやすい脳波入門

著者:市川 忠彦
販売元:星和書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この「脳波の旅への誘い」には随分と助けられました。まるで雲をつかむが如く、わけが分からなかった脳波でしたが、何を見ればいいのかが分かります。脳波に苦手意識を持つ人にオススメの一冊。……って、苦手意識が払拭できない私が言ってもダメ? いや、むしろ「だからこそ」?

Book 誤りやすい異常脳波

著者:市川 忠彦
販売元:医学書院
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そして、本格的に異常脳波と向き合おうと思ったら、この本。「この脳波、何だか普通じゃないかも」と思っても、それが何だか分からないときがあります。それこそ大切な所見。それがこの本に全てと言っていい程、書いてあります。

| コメント (0) | トラックバック (0)